酵素系漂白剤で洗濯機をきれいにする方法を教えて!

洗濯機を洗うためには酸素系の漂白剤が必要不可欠です。ではその使用の方法やどうしたら使えるのかなどを詳しく見ていきましょう。薬品ですので説明書や使い方を理解したうえできちんと使いこなせるようにしないととても危ないです。

様々な漂白剤

酵素系漂白剤ってそもそも何?

漂白剤というのは、衣類を白くしてしまうものではありません。
洗濯槽の除菌にもきちんと働いてくれる優秀な洗剤です。
洗濯機の掃除をするときによく使いますが、食器や床などにも使用できる優秀な薬です。
もちろん、洗濯機自体を掃除する場合にも活躍してくれます。

どんな汚れを落とせるの


塩素系漂白剤を使って洗濯層の掃除を考えている方はまずどのような効果があるかをしっかりと理解しましょう。
塩素系というのは除菌力や殺菌力がとても強いのです。
一般に市販されているもののほとんどが塩素濃度を薄めてあるため安心して使用することができます。
しかし強い塩素系漂白剤を使ってしまうと、漂白力も強くなり衣類を洗った時に影響があることがありますので一般用のようのものを購入してください。
使い方は比較的簡単です。
粉末と液体の両方が販売されていますので、使いやすい方を用意して下さい。

粉末の場合

水を用意して水に溶かしましょう。
粉末が過炭酸ナトリウムというものですので、水に溶かすとアルカリ性に変わります。
アルカリ性に変化すると、洗浄成分が起こり、洗濯槽についた油脂・肪分を分解してくれる存在になります。
粉末と水を混ぜるときに、用意する水の分量をきちんと測って行ってください。
塩素系漂白剤を入れた後は、お掃除コースのボタンを押してしばらく様子を見ましょう。

液体の場合

液体の場合は粉末と違い、ほかの洗剤と一緒に洗濯層の中に入れて使います。
理由は、過酸化水素という主成分でできているので粉末のようにアルカリ性にならないからです。
液体は酸性のままです。粉末の場合で説明したように、汚れを落とすにはアルカリ性にならないといけません。
したがってほかの洗剤と混ぜ合わせて、アルカリ性として汚れを分解していくのです。
掃除の方法は粉末と一緒です。

重曹もおすすめ!

重曹も弱アルカリ性になり、かなり洗浄力に期待できます。
または人の体にも優しいため安心して使用することができますね。
使い方はとても簡単です。洗濯機に水を入れ、カップ一杯くらいの重曹を入れます。
水の量は10Lに対して、大さじ一杯が目安です。
洗うコースで洗濯機を回しましょう。洗濯機が止まったら10時間ぐらい放置して、浮いてきた汚れをすくいとりましょう。
そのあとは排水と入水を2回くらい繰り返して汚れが出なくなれば終了です。
>洗濯機の汚れは重曹で本当に落ちるの?も参考にしていただければと思います。

それでも落ちにくい場合は?

酸素系漂白剤を使ってもなかなか落とせないことがあります。
また、重曹ですと、浮き出た汚れを完全に取り除くことができずに困ってしまうこともあるかもしれません。
一晩放置するというとても長い作業も根気よく続けなければなりません。
時間がない方や、よほど洗濯槽の掃除に手慣れていないかぎり実際問題、とても大変です。
2回くらい排水を繰り返すという作業は、洗濯機にかなりの時間を取られてしまうためプロにお任せするのも一つの方法です。
また、プロに頼むことにより洗濯槽に最適な洗剤で徹底的に掃除してくれるので、一般な方法では取り除くことができない汚れまで隅々洗い流してくれるでしょう。
くらしのマーケットでは洗濯機クリーニングのプロを明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。
何度も洗濯槽を掃除するより、プロにお任せして根本的に解決してみるのもいいかもしれません。

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る