シャッターの自動化リフォームって簡単にできるの?

窓のシャッターを開ける作業が大変、と感じている方はいませんか?大きな窓のシャッターは重いので、開閉するときにするかがむ動作は腰に相当の負担がかかっているはずです。毎日の作業を楽にするために自動シャッターにリフォームしてみませんか。今回はシャッターを自動化にリフォームするときのメリット・デメリットや注意点をご紹介します。

2017.10.12 更新
シャッターの自動化

自動シャッターのメリット

一番は毎日のシャッターの開け閉めから解放されることです。
窓が多い家はその分、朝と晩に開ける手間があります。
シャッター音が静かであることや、窓を開けずに操作できるので虫が侵入してこない、なども挙げられます。
ボタン一つで窓を開けずに閉めることができるので朝夕の忙しい時間帯の家事が一つ減ります。
タイマー式のシャッターであれば、出かけるときに時間設定しておくと自動的に閉まります。
夜遅く帰ることが多い家庭は、タイマー式シャッターは防犯面でも安心できます。

自動シャッターのメデメリット

万が一、停電が起こったときには自動シャッターは開けることができません。
停電のときには手動切り替えすることができるようにはなってきていますが、結構重く、なかなかすぐに開けることが難しいようです。
とっさの避難経路としてはすぐに使えないので注意しておきましょう。
開けられない場合を考えて緊急の場合の対応を考えておくことが必要です。
また多少の電気代がかかること、導入コストが手動よりも割高になる、といった点も考慮に入れておきましょう。

シャッターの種類

では、家庭用電動シャッターはどのようなタイプがあるのでしょうか。
今は、軽量化した電動シャッターもあり、ブラインドのようにシャッター部分で採光の調節ができるタイプもあります。
既存の手動シャッターを電動化にすることもできる場合があります。
ちなみに、電動シャッターの耐久年数はメーカー、使用頻度によって違いますが、目安としては15年で10,000回使用したら修理メンテナンスが必要となってきます。

電動シャッターを検討するときには

手動シャッターから電動シャッターにリフォームするときには、いくつかのメーカーを比較検討することをおすすめします。
シャッターの種類もいろいろなタイプがでています。
日本製と外国製でも、見積もりや仕様が違うのでまずはカタログやショールームで見比べてみることも良いでしょう。
一番ぴったりくるデザインや見積もり価格の業者にお願いしましょう。
くらしのマーケットではシャッター自動化工事を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

お住まいの地域のシャッター自動化工事を検索

  • lineで送る

この記事のキーワード

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る