毎日でもできる!入浴ついでの簡単お掃除のコツ

お風呂掃除、毎日していますか? 忙しいから毎日はできていないという方が多いのではないでしょうか。 今回は、入浴ついでにできるもっとも効率的なお風呂掃除の方法をご紹介します!

お風呂掃除の頻度ってどれくらい?

「毎日の5分お掃除」がベスト!

「毎日のお風呂掃除は面倒でなかなかできない…」と思っていませんか?
しかし、きれいなお風呂を保つ上で一番効率的なのが「毎日の5分お掃除」。
汚れが落ちやすいのは浴槽がまだ温かいときだと言われています。
汚れが落ちやすいタイミングにちょっとした掃除を毎日行うことが、効率よくきれいにするための秘訣と言えます。
ご家庭の人数や使用状況にもよりますが、「毎日の5分お掃除」に加え、「念入りなお掃除」を3週間に1回ほど行うのがベストです。

「毎日の5分お掃除」掃除方法

それでは早速「毎日の5分お掃除」の方法を具体的に説明します。

必要なもの

  • スポンジ
  • 大きめのタオル(使用後のバスタオルでもよい)
  • 風呂用中性洗剤(なくてもよい)
普通のご家庭なら、特に新しく用意するものはないと思います。

掃除方法

汚れは温度が高い状態の方が落ちやすいので、最後に入浴した人がついでに掃除してしまいましょう。
まずは浴室全体をシャワーで洗い流します。
こびりつく前なので、ほとんどの汚れはこれでもう落ちてしまいます。
そしてスポンジで汚れが気になる部分をこすり洗いします。
浴槽は毎日、数日に1回は床や壁、天井などをお掃除するのがいいでしょう。
このとき、入浴後すぐなら汚れがやわらかくなっている状態なので、洗剤はなくても構いません。
そしてカビの発生を防ぐ温度にするために、冷水で洗い流し、仕上げにタオルで水滴を拭き取れば終わりです。

「念入りお掃除」掃除方法

「毎日の5分掃除」はあくまで日常のお掃除。
3週間に1度くらいのペースで「念入りお掃除」を行いましょう。
特に、排水口や床の隅、掃除しにくい天井などは、普段見落としてしまう汚れポイントです。
「念入りお掃除」をすることで、ピカピカの状態を保つことができます。

必要なもの

  • 重曹
  • クエン酸
  • スポンジ
念入りお掃除でも、道具はたったの3つだけです。
どれも安価で簡単に手に入れることができるはずです。

掃除方法

まずは熱めのシャワーで浴室中を洗い流し、日常お掃除と同じように、汚れが落ちやすい状態にします。
そしてスポンジに重曹を付け、浴室中を軽くこすります。
これで汚れはほとんど落ちますが、重曹には反応しない汚れが残っているはずです。
ここで今度はクエン酸をスポンジにとって同じように掃除します。
先ほど落ちなかった汚れがクエン酸に反応し、きれいに落ちているはずです。

毎日の家事の負担を減らすコツ

今回はお風呂掃除の頻度、「毎日の5分お掃除」と「念入りお掃除」の方法について紹介しました。
この方法で浴室の清潔さは維持されるはずですが、すでにすごく汚れてしまっていて、ちょっと自分では大変かも……という場合は、プロのお風呂掃除 に依頼して、いったん汚れをすべて取り除いてもらいましょう。一度きれいにしてしまえば、それ以降の掃除の手間が格段に少なくなり、家事の負担を軽くすることができます。
その後に、今回の方法を継続していけば、ずっときれいなお風呂に入ることができるはずです。

おすすめの関連記事

【体験レポ】プロのお風呂掃除で感激!鏡の水垢や換気扇の汚れまでピカピカに!

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る