服にカビが生える原因や除去の仕方、カビ予防法について

服にカビが生えてしまう原因や、生えるカビの種類、生えてしまったカビの除去の仕方、今後の繁殖を防ぐための予防方法について、詳しく説明します。

クローゼットの中

久々に着ようと思ってクローゼットからお気に入りの洋服を取り出したら、白や黒のカビが生えていた……という経験はありませんか? 実は、衣類をしまうクローゼットや押入れは、カビが繁殖しやすい場所です。

服にカビが生えてしまう原因、生えるカビの種類、生えてしまったカビの除去の仕方、今後衣類にカビを生やさないための簡単にできる予防方法について、以下で解説します。

目次

  1. 1)服にカビが生える原因
  2. 2)服に生えるカビは白カビ、黒カビ、の2種類
  3. 3)白カビの落とし方
  4. 4)黒カビの落とし方
  5. 5)服にカビが生えるのを防ぐ対策
  6. 6)対策しても、服にカビが生えてしまうときは
  7. 7)併せて読みたい関連記事

1)服にカビが生える原因

カビ菌のイラスト

そもそもなぜ、クローゼットや押入れに大切にしまっている服に、カビが生えてしまうのでしょうか? カビは気温20度以上、湿度70%以上、ホコリなどの栄養源が豊富にある環境下で活発に繁殖活動を行うと言われています。

実は、閉め切ったクローゼットや押入れは空気がこもってしまうので、高温多湿になりやすい場所なのです。また、部屋や水回りに比べて掃除をする頻度が低くいので、カビの栄養源となるホコリも溜まりがちです。

つまり、クローゼットや押入れの中は、カビにとっては最高の環境とも言えるので、しまっていた服にカビが生えてしまうのです。

2)服に生えるカビは白カビ、黒カビ、の2種類

服に生えてしまうカビは、大きく分けて2種類あります。

1つ目は、服に綿のような白いものがついた「白カビ」です。黒や紺など、濃い色の服につくとかなり目立ちます。服の表面だけに生えている場合が多く、よほどひどい状態でなければ簡単に除去できる場合が多いです。

2つ目は、生えてしまったら落とすのが難しい黒カビです。黒カビは服の繊維の深いところまで根を張っている場合が多く、カビが生えた部分は黒ずんでしまうため、自力で落とすのにはかなりの手間を要し、取れないことも多いです。

黒カビはクリーニング屋さんに除去を依頼しても、断られるケースもあるようです。

3)白カビの落とし方

白カビは比較的簡単に除去できるので、まずは洗濯機で普通に洗濯してみましょう。ただし、他の衣服にカビが移らないように1枚のみで洗濯機は回してください。もし、これでも落ちない白カビには、以下の方法を試してみましょう。

①準備するもの

  • 酵素系漂白剤
  • 消毒用エタノール

漂白剤は衣料用で酵素系のものを使いましょう。塩素系の漂白剤は、衣服が色落ちしてしまう可能性があります。

②白カビ除去手順

  1. 外やベランダなどに出て、カビを手で払い落とす
  2. カビが生えていた部分に消毒用エタノールをたっぷりつける
  3. 酵素系漂白剤を規定量入れて、洗濯機を回す
  4. 完全に乾くまで天日干しする

エタノールはカビを退治するのに非常に高い効果を発揮します。カビの部分につけて殺菌させれば、再発する心配もないでしょう。

また、酵素系漂白剤はついてしまったカビの色を落とすのに役立ちます。使うときは、水よりも50度前後のお湯を用意した方が、効率よくカビの色を落とせます。

ただし、仕上げではしっかり乾かすのを忘れずに。湿った状態のまましまってしまうと、カビ再発の原因になります。

4)黒カビの落とし方

黒カビは服の繊維奥まで根を張っている場合が多いので、白カビに比べると落とすのが大変です。漂白剤を使って丁寧に落としていきましょう。

①準備するもの

  • 酵素系漂白剤
  • 綿棒
  • ゴム手袋
  • 洗面器やバケツ

②黒カビ除去手順

  1. ゴム手袋をつけ、カビが生えている部分に綿棒で丁寧に漂白剤を塗り込む
  2. 洗面器やバケツにお湯と規定量の漂白剤を入れて混ぜる
  3. 洗面器やバケツに衣服を入れて、30分~2時間ほど放置する
  4. カビが落ちているかを、30分毎くらいに確認する
  5. カビが落ちていたら、ゴム手袋をした手でもみ洗いをし漂白剤を洗い流す
  6. 天日干しにしてしっかり乾燥させる

漂白剤を強力なので、素手で触ると皮膚疾患を引き起こす可能性があります。必ずゴム手袋をして作業してください。また、あまり長い時間漂白剤に浸けると、色落ちの心配があるので注意してください。

5)服にカビが生えるのを防ぐ対策

服をカビから守るためには、まずはクローゼットや押入れ内にカビ菌を繁殖させないことが大切です。以下で、簡単にできるカビ対策を説明いたします。

①クローゼット・押入れの掃除

定期的に掃除することで、カビの栄養源となるホコリが溜まるのを防げます。もし、カビが生えている服が一着でもあったら、クローゼットや押入れ全体にカビ菌が広がっている可能性があります。

他の服も全部確認してカビが生えていたら除去か廃棄をし、クローゼットや押入れの中をきれいに掃除します。そして仕上げにアルコール除菌スプレーを全体に吹き付け、カビを退治しましょう。

②除湿

除湿剤の写真

カビは湿度60%以下の環境になると、繁殖力が低下すると言われています。定期的にクローゼットや押入れは扉を全開にして換気をし、湿気をこもらせないようにしましょう。全開にした状態で除湿器を使ったり、置くタイプの除湿剤を常に置いておいたりするのもおすすめです。

また、湿度を上げないために意外と重要なのは、クリーニングのビニール袋を取ることと、収納スペースに服を詰めすぎないことです。服をビニール袋に入れたままにしておくと、風通しが悪いので湿度が上がりやすくなってしまいます。

服を隙間なく詰めすぎてしまうのも、空気がこもりやすくなり湿度が高まる原因に。定期的に断捨離を行って不要な服は処分し、クローゼットや押入れの風通しをよくしましょう。

③洗濯槽の掃除

洗濯槽の中の猫

洗濯槽は掃除をしないと、洗剤の残りカスや衣類から出た皮脂などが溜まり、カビが生えてしまうことがあります。カビが生えた洗濯槽で洗濯した衣服にはカビ菌がついてしまうので、それをクローゼットや押入れにしまうと、徐々にカビが繁殖していってしまいます。

洗濯槽は、市販のクリーナーや重曹、セスキ炭酸ソーダなどを使って、1~2ヵ月に一度は洗浄するようにしましょう。

④一度でも着た服は洗濯

一度着た服には、皮脂汚れや汗、繊維に絡まったホコリなど、カビの栄養源となるものが豊富についてしまっています。

おしゃれ着など洗濯による型崩れや色落ちが気になる衣類は、何度か着てから洗濯をする人もいると思いますが、カビの繁殖を防ぐためには、必ず毎回洗濯してからクローゼットや押入れにしまってください。

また、完全に乾く前にしまってしまうと、湿度が高まる原因になります。しっかりと乾かしてから収納することが大切です。

6)対策しても、服にカビが生えてしまうときは

クローゼットや押入れの換気や掃除をこまめに行ったり、洗濯槽を定期的に掃除したりしても衣服にカビが生えてしまう場合は、お部屋や洗濯槽にちょっとやそっとの掃除では除去できないくらいにカビ菌が根付いているのかもしれません。

そんな時は一度、プロのハウスクリーニング業者や洗濯機クリーニング業者への依頼をおすすめします。

プロのハウスクリーニングや洗濯機クリーニングなら、高い技術と業務用の洗剤で、家庭では落とすのが難しい頑固な油汚れも、隅々まですっきりきれいにしてくれますよ。

くらしのマーケットの最大の特徴は、料金やサービス内容、口コミなど、業者選びに必要な情報がすべてページ上で確認できること!

「◯◯円~」といった不明瞭な料金表示はなく、当日の急な追加料金や手数料なども発生しません。各業者のサービスページ閲覧には会員登録も不要なので、作業スタッフの写真や利用者の口コミもしっかり事前確認が可能です。

「予約前に聞きたいことがある」という場合も安心。ページ上のメッセージ機能で店舗スタッフに直接質問することができます。

◆オンライン予約可能
◆予約前の個人情報の登録不要
◆しつこい営業電話なし
◆不明な店は店舗スタッフに直接メッセージが可能

7)併せて読みたい関連記事

笑顔で洗濯機を拭く女性

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る