汚部屋を片付ける整理整頓術を教えて!

1人暮らしをしているとどうしても時間がなくて、あちらこちらに物がどんどん積みあがっていく・・といったことがありませんか。気が付いたら足の踏み場がなくなって汚部屋になっていた、というところまで散らかってしまったらちょっと片づけるのに時間がかかります。さあ、気になりだしたら今すぐ片づけを始めてみませんか。簡単に整理する手順をお教えします。

2019.3.28 更新
“汚部屋を片付ける整理整頓術を教えて!"

なにから始める?

といっても、何から手を付けたらよいのか、といった方も多いことでしょう。
まず、いるものといらないものを分けることから始めましょう。
物を捨てられない、といった方は案外いらない物をため込んでいるケースが多いのです。
必要なもの、本当に使うものを厳選していきましょう。
不用品回収に頼んで一気にスッキリさせてみてはいかがですか?

ものの定位置を決める

必要なものを選んだら、次はものの定位置を決めます。
文房具は必要な数、簡単に出せる量だけを収納に片づけ、そのほかは処分します。
服はいつも着るものを優先的に残し、半年以上着ていない服は思い切って処分しましょう。
出し入れしやすく、使う物が見える状態にしておけば気を付けて収納しますし、いつでもきれいな状態を保てます。

どこから始める?

片づけが苦手な方は、いきなり大きなスペースから始めたら手を付けられない状態になります。
まずは小さなところから、例えばリビングの棚の中や本収納などから始めましょう。
そして、すこしずつすること。1度に全部済ませようとすると、途中で嫌気がさし、断念してしまうケースも少なくありません。
今日は棚、明日はクローゼットだけ、と分けて片付ければ負担になりません。

ものを増やさない工夫

新しいものを買うときはどこに収納するか、同じものは家にないか、など考えてから購入することも、ものを増やさないコツです。
ほしいものは2~3日考えてから購入するといった癖をつければ、どんどん増えて収納が追い付つかない汚部屋に逆戻り・・といったことが回避できます。

自分で掃除するのは大変な方は

それでも自分では掃除しきれない・・という方は家事や片づけのお手伝いをしてくれる家事代行のプロにお願いすることも良いでしょう。
また、不用品が多すぎれば不用品回収事業者やリサイクル店も多数あります。
出張査定もしてくれるところもあるので持ち込みするのが大変な時はとても便利です。
くらしのマーケットでは一緒に片付けてくれる家事代行・家政婦事業者を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

  • lineで送る

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る