洗濯機掃除に重曹がおすすめな理由と掃除の手順

洗濯槽掃除に重曹がおすすめである理由と、重曹を使った詳しい掃除の手順について詳しく説明します。

瓶に入った重曹とコップに入った重曹水

住まいのさまざまな場所の掃除に役に立つ重曹ですが、実は皮脂汚れや食品カスなどが蓄積しやすい洗濯槽の掃除にも適しています。

洗濯槽掃除に重曹がおすすめな理由と、重曹を使った詳しい掃除の手順について、解説します。

目次

  1. 1)洗濯機掃除に重曹がおすすめの理由
  2. 2)重曹を使った洗濯機の掃除方法
  3. 3)重曹を使っても落ちない汚れはクエン酸がおすすめ
  4. 4)どうしても洗濯槽内の汚れが取れないときは
  5. 5)併せて読みたい関連記事

1)洗濯機掃除に重曹がおすすめの理由

笑顔で人差し指を立てる女性

洗濯槽内はなかなか掃除が行き届きにくい場所ですが、放っておくと汚れが蓄積し、カビが繁殖してしまうこともあります。そんな洗濯槽で洗った衣服には、カビ菌がついてしまったり嫌な臭いがしみついてしまったりする場合も。

よって、洗濯槽は常にきれいにしておく必要がありますが、使う洗剤は住まいの掃除にも便利な重曹がおすすめです。その理由を以下で詳しく説明します。

洗濯槽につきやすい汚れを中和する効果がある

洗濯槽には、衣類についていた食べカスや皮脂汚れ、汗の成分など酸性の汚れがつきやすく、放っておくとどんどん蓄積していってしまいます。弱アルカリ性の重曹は、洗濯槽に溜まりやすい酸性の汚れを中和する働きがあるため、掃除に適しているのです。

消臭効果がある

汚れた洗濯槽からは、皮脂や汗、カビなどの成分から嫌なニオイが発生することもあります。これらの臭いは酸性の汚れが元となっているため、重曹で掃除をすると中和効果による消臭作用も期待できます。

人にも環境にも優しい成分でできている

洗濯槽用の洗剤は市販もされていますが、洗浄力が強いものが多いので、衣類を洗う洗濯槽の洗浄に使うには抵抗がある方もいるのではないでしょうか。それに対し重曹は、食品や薬にも多く使われており、人にも環境にも優しい成分でできています。

もし、洗濯槽の掃除で使った重曹の成分が衣服に付着したとしても、肌荒れなどを引き起こす心配はほぼないでしょう。また、市販の合成洗剤は排水すると環境汚染に繋がりますが、人に害のない重曹ならその問題もありません。

2)重曹を使った洗濯機の掃除方法

洗濯槽を上から見た様子

重曹を使った洗濯機の掃除には、半日~1日程度の時間を要します。洗濯に支障がない時間に掃除するよう注意してください。

なお、水を溜めるとドアが開けられないタイプの ドラム式は、重曹を使った掃除方法は行えません。塩素系クリーナーなど、ドアを開けなくても掃除ができる洗剤を使用しましょう。

以下で詳しい掃除の手順を説明します。

①ゴミ取りネットを外し、洗濯槽にお湯を溜める

ゴミ取りネットがついたたまだと、洗浄中に落ちていく汚れが中に溜まってすぐに一杯になってしまうので、必ず最初に外してください。

そして、重曹の効果がもっとも高まる45~50度のお湯を満水の位置(※)まで溜めます。ただし、洗濯機によっては耐用温度がそれよりも低い場合があるので、必ず事前に取扱説明書で確認してください。耐用温度が低い場合は水を溜めますが、それでも十分に効果は期待できます。

※ドラム式の中で、洗濯中にドアが開けられるタイプのものは、こぼれない位置までお湯を入れましょう。

②重曹を投入し、洗濯機を標準の洗いコースで回す

入れる重曹の量は1カップ(200グラム)が目安ですが、汚れがひどかったり、久しぶりに洗濯槽を洗う場合は少し多めに入れましょう。

そして洗濯機を標準の洗いコースで回します。もし、念入りコースなど、より丁寧に洗えるコースがある洗濯機なら、そちらを選択してください。5分ほど回したら、排水する前に洗濯機を停止させます。

③5~6時間放置し、浮いてきた汚れを除去する

ゴミ取りネットで汚れをすくう様子

停止後は5~6時間ほどそのまま放置します。すると、重曹の効果で洗濯槽内にへばりついていた汚れが水面に浮かんでくるはずです。その汚れをゴミ取りネットなどで根気よくすくいあげてください。

④再度洗濯機を回し、汚れをすくい取って排水する

浮いていた汚れをすべて除去したら、もう一度5分ほど洗濯機を回します。また汚れが出てくる場合があるので、それもゴミ取りネットで除去し、排水します。

⑤すすぎと排水をを2、3回行う

新しいお湯または水を満水までためて、すすぎを行います。このときまた汚れが浮いてきたら取り除いてから排水してください。この作業を汚れが出なくなるまで繰り返します。通常なら2、3回で十分なはずです。

⑥洗濯槽を完全に乾かす

洗浄後、すぐに蓋を閉めてしまうと湿気がこもってカビが繁殖する原因になります。完全に乾くまで蓋を開けておいて乾燥させ、完了です。

3)重曹を使っても落ちない汚れはクエン酸がおすすめ

レモンとクエン酸の粉

洗濯槽内には、上述した通り皮脂汚れや食品カスなどの酸性の汚れがもっとも溜まりやすいですが、洗剤の溶け残りによる石鹸カスも蓄積しやすいです。この石鹸カスはアルカリ性なので同じアルカリ性の重曹で掃除をしてもほとんど除去することはできません。

もし、重曹で洗濯槽を洗浄しても汚れが落ちていない場合は、この石鹸カスが溜まっている可能性が高いです。これを落とすには、酸性のクエン酸を使って以下の手順に従って掃除をしましょう。

①洗濯機のお湯を満水まで溜め、クエン酸を投入する

重曹の場合と一緒で、水温は45~50度くらいがおすすめです。お湯が溜まったら、クエン酸を1/2カップ(100グラム)投入してください。ドラム式の場合は、クエン酸を先に入れてから洗濯ボタンを押し、満水まで溜まったら一時停止ボタンを押しましょう。

②1~2時間放置したあと、洗濯機を回す

クエン酸を入れたあとは、そのままの状態で1~2時間放置します。汚れがひどい場合は5~6時間から一晩置いておきましょう。そのあと、洗濯機を洗いから脱水まで標準コースで回します。もし、念入りコースや洗濯槽掃除コースなどがあれば、そちらの方がおすすめです。

③洗濯槽内を完全に乾かす

蓋を開けておき、洗濯槽内が完全に乾いたら完了です。

4)どうしても洗濯槽内の汚れが取れないときは

いくら掃除をしても、洗濯機の汚れが落ちない、嫌な臭いがする、という場合は素人では手が届かないような箇所が汚れていたり、カビが奥深くまで根付いてしまっているのかもしれません。

そんな場合は、プロの洗濯機(洗濯槽)クリーニングのプロへの依頼をおすすめします。

プロなら、高い技術と業務用の洗剤で、家庭では落とすのが難しい頑固な汚れやカビも、隅々まですっきりきれいにしてくれるので、悪臭もスッキリ解消されるはずです。

くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

5)併せて読みたい関連記事

洗濯機を掃除する女性 洗濯機

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る