エアコン取り付け工事費用の内訳を知りたい!

エアコンの取り付け工事っていくらぐらいかかるのか気になりますよね。 エアコンを買った販売店で頼む場合も、インターネットで購入した場合、引越しに伴いエアコンを前の家から持ってきた場合など、あらかじめ価格や相場を知っておきたいもの。 これからおおよそのエアコン取り付け費用の相場をご紹介しますので、依頼するときの参考にしてください!

取り付け費用のめやす

エアコンの取り付け費用は、業者によって多少の差はありますが、標準的な工事内容であれば10,000円から15,000円ほどです。
ただし、家の構造や工事内容によっては、思っていたより高額になることもあるので注意が必要です。
エアコンの取り付けでは、室内のエアコン本体だけではなく、室外機も設置する必要があります。
室外機の置き場所にもいくつかあり、壁に取り付けたり屋根の上に取り付けたりと、一般的な床置きではない場合は追加料金がかかることが多いです。
エアコン本体と室外機をつなぐ配管の長さは4mまでとしている業者が多く、4m以上になる場合は別途料金が必要となる場合があります。

既設エアコンの取り外しは別料金

新しいエアコンを取り付ける際、設置場所に古いエアコンがある場合は、取り外し工事も行う必要があります。
取り外し工事にかかる費用は、だいたい4,000円から10,000円ほどです。
さらに、古いエアコンを引き取ってもらう場合は、リサイクル料金+収集運搬料金もかかります。
取り付け工事と取り外し工事がセットになっているプランを用意している業者もありますので、検討してみてください。

専用コンセントや周辺パーツによる追加料金

エアコン用のコンセントは通常のコンセントとは違い、電圧が高めのコンセントが必要です。
家庭用100vの電圧で動くエアコンもありますが、エアコン能力の低下につながることもあるのでおすすめしません。
専用のコンセントがない場合は、回路増設が必要になり増設費用がかかります。
合計で、15,000円から30,000円ほど見積もっておいた方がいいでしょう。

専門業者の場合、エアコンガスを回収していても不足分のガスの追加、もしくは改めて規定量のガスを新しく入れます。
スリーブ、テープ、ドレンホース、配線の化粧カバーや架台の追加パーツは見積もりの中に含まれているでしょうか。
これらのパーツにより、最終的な料金がさらに上がることもあります。
高額ではないか?と思うかもしれませんが、エアコンを取り付ける場合、配管や配線がきれいに収まるように設置するので高額になる場合もあります。

料金を安く済ませるためには

エアコン取り付け費用を安く済ませるためには、中小規模のエアコン取り付け専門業者を選ぶと良いでしょう。
量販店の取り付け工事でも十分ですが、お手頃な料金でやってくれる業者を探してお願いしたいですよね。
万が一エアコンが故障した場合のために、工事後の保証がある業者がおすすめです。

最後に

さまざまな費用がかかるエアコン取り付けですが、一概に値段だけで判断できるものでもありません。
料金や口コミ、実績、スタッフの顔を確認しながら業者を比較できると安心ですよね。
ぜひ、くらしのマーケットで納得のいくエアコン取り付け業者を探してみてください。

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る