エアコン掃除に必要な道具をご紹介!

気温が高くなってきた時期に欠かせないのがエアコン。いざエアコンを使おうとしたら「カビ臭い」なんてことがないように、エアコンの掃除は日頃からおこなっておきたいものです。今回は自分でエアコン掃除を行う時に、必要となる道具をご紹介します。

2019.6.28 更新
床に掃除用品

目次

  1. 1) エアコンの掃除には何をするための道具が必要なの?
  2. 2) エアコンの掃除に必要な道具と費用
  3.  2-1) 歯ブラシ
  4.  2-2) 雑巾
  5.  2-3) 洗剤
  6.  2-4) マスク
  7.  2-5) ゴム手袋
  8.  2-6) 道具の購入費用
  9. 3) 道具を選ぶ時の注意点
  10.  3-1) 簡単なエアコンのお掃除方法
  11. 4) エアコン掃除をプロに頼むなら
  12.  4-1) エアコンクリーニングの料金と所要時間

エアコンの掃除には何をするための道具が必要なの?

夏の時期に欠かせないのがエアコンですが、頻繁に使用するため定期的なクリーニングが必要になります。

エアコンの掃除を行う際にはいくつかの道具が必要になりますが、用意する道具は多くありません。また、ほとんどが自宅にあるもので揃えることができます。

必要な道具としては、「本体を洗浄するための道具」「自分を汚れから守る衛生面の道具」の2点です。

エアコンの掃除に必要な道具と費用

エアコンの掃除に必要な道具と費用についてご紹介します。

2-1) 歯ブラシ

歯ブラシ

フィルターやエアコン内部の細かい汚れを落とすのに最適なのが歯ブラシです。特にフィルターは網目が細かいので、歯ブラシのような小さいブラシで優しくこすってあげることで、傷つけることなく掃除することができます。

また、エアコン内部は奥まで手が届かないため、歯ブラシのような棒状のもので磨くのが効果的です。

歯ブラシは使い古した歯ブラシでもいいですし、100円ショップなどで束で売っている使い捨て歯ブラシでも構いません。歯ブラシは他の掃除箇所にも使える万能な代物なので、家にストックがあると便利です。

おすすめの歯ブラシはこちら。やわらかめのタイプなので、歯磨きにはもちろんフィルターのような繊細なものを掃除するのに適しています。

2-2) 雑巾

赤とピンクと青の雑巾

雑巾はエアコンの吹き出し口や外側を拭くのに使用します。雑巾は一度に広い範囲を拭くことができるため、エアコンの吹き出し口や外側などの面積が広い部分に適しているのです。また、冷却フィンなどは水で濡らしてかたく絞った雑巾で拭くのが効果的です。

雑巾の種類はマイクロファイバーをオススメします。マイクロファイバーの細かい繊維が汚れを絡め取って落としてくれるので、拭き掃除には最適です。また、速乾性もあるため水に濡らしても絞ればすぐに乾燥します。 マイクロファイバーは100円ショップやスーパーなどで簡単に手に入り、床や窓の掃除にも適しているので家にあると便利な代物です。

オススメのマイクロファイバーがこちら。エアコンの他にも家具や窓ガラス、鏡などの汚れを落としてくれます。

2-3) 洗剤

スポンジと洗剤

洗剤はエアコンのフィルターをつけ置きする時に使用します。フィルターが油汚れやタバコのヤニでベタベタしている場合、中性洗剤を薄めたぬるま湯につけ置きすることで落とすことができます。洗剤はキッチンにある洗剤で大丈夫です。

また、その他にも重曹セスキ炭酸ソーダなども効果的です。重曹やセスキ炭酸ソーダは弱アルカリ性なので、酸性である油汚れを中和してくれます。また、キッチンや換気扇などのお掃除にも役立つ代物です。

中性洗剤や重曹、セスキ炭酸ソーダはスーパーで購入することができます。

オススメの中性洗剤、重曹、セスキ炭酸ソーダはこちら。

2-4) マスク

マスクとゴム手袋をしている女の人のイラスト

エアコンを掃除する際は、衛生面の配慮も大切です。特に、マスクは必ず着用するようにしましょう。エアコン内部はホコリやカビや発生しやすく、その他にも見えない汚れがたくさん存在しています。そのような汚れを吸い込んでしまうと、体に悪影響を与えてしまう可能性があるため、マスクを着用してから掃除をするようにしてください。

マスクは薬局や100円ショップで手に入れることができます。

オススメのマスクがこちら。女性にもフィットするように少し小さめに作られていて、枚数もたっぷり50枚入っています。

2-5) ゴム手袋

エアコンの汚れが手に直接付着しないように、マスク同様ゴム手袋も着用する様にしましょう。また、ゴム手袋を着用することで、洗剤などで手が荒れることを防ぐことができます。

ゴム手袋は他の箇所の掃除など様々な用途で使用することができるので、家にあると大変便利な代物です。スーパーはもちろん、100円ショップでも手に入ります。

オススメのゴム手袋がこちら。たっぷり100枚入りで、お掃除の他に料理やガーデニングにも適しています。

2-6) 道具の購入費用

エアコン掃除の道具にかかる費用は、合わせて1,000円程です。 100円ショップで購入できるものがほとんどなので、低コストで掃除をすることが可能です。重曹やセスキ炭酸ソーダの値段は、メーカーによって変動しますが、大体1kgで500円前後になります。

3) 道具を選ぶ時の注意点

エアコン掃除に効果的な道具として洗浄スプレーが知られていますが、洗浄スプレーを使用すると、薬剤が残り返ってカビが繁殖してしまう可能性もあるため、あまりオススメはしていません。

もちろん多少の汚れや臭いを落とす効果はありますが、洗浄液を洗い流すことができないため、結果的に水漏れや故障の原因になってしまうこともあるのです。また、液が垂れてしまうこともあり、エアコンの周りを養生をする必要があります。

そのため、洗浄スプレーはよく考えてからの使用をオススメします。

3-1) 簡単なエアコンのお掃除方法

エアコン掃除のイラスト 女の人がエアコンを触っている

紹介した道具を使って、自分で簡単にエアコンを掃除することができます。詳しい掃除方法は上の記事に記載をしているので、こちらも合わせて読んでみてください。

エアコン掃除にオススメのスポンジ

外側や吹き出し口の汚れを拭く際は、雑巾だけでななくスポンジや専用のブラシを使用するのも効果的です。

オススメのスポンジがこちら。細かい隙間などに最適です。洗って繰り返し使うことができます。

オススメの専用ブラシがこちら。エアコンの送風口の埃をきれいに取り除いてくれます。

4) エアコン掃除をプロに頼むなら

エアコンクリーニングのイラスト

エアコンの掃除を自力で全て行うのは、意外と大変な作業です。エアコンは高い位置に設定してある家がほとんどなので、首や腰を痛めるなんてことも。

そのような時は無理をせず、エアコンクリーニングをプロに頼むのも1つの方法です。

プロに頼めば、エアコンを分解し高圧洗浄機やスチームクリーナなどの専用機器を使用して、内部まで徹底的にきれいにしてくれます。

エアコン掃除をプロに頼むメリットを知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

女の人が手をあげている

4-1) エアコンクリーニングの料金と所要時間

料金相場

壁掛けタイプ:1台7000から11000円

※お掃除つきエアコンは事業者により料金が異なる場合や、対応不可の場合があります。

所要時間

60分〜90分

※エアコンの種類によって異なります。

くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る