上履きや上靴の洗い方をご紹介。汚れの種類や簡単な洗い方を詳しく解説

子どもたちが学校で毎日必ず使うものと言えば上履き。毎日使うのに、洗うタイミングは長期休暇が多く、知らぬ間にたくさんの汚れが蓄積していることも。今回は、上履きが汚れる原因と、きれいにする方法や汚れを防止する方法をご紹介します!!

2019.7.16 更新
上履き
  1. 1)上履きが汚れる原因
  2. 2)上履きの汚れが落ちにくい理由
  3. 3)上履きを洗うために必要な道具
  4. 4)上履きの洗い方
  5.  4-1)汚れがしつこいときは
  6. 5)上履きは洗濯機でも洗える?
  7. 6)上履きの汚れ防止方法
  8.  6-1)防水スプレーを使う
  9.  6-2)ベビーパウダーをつける
  10. 7)自分で洗う時間がないときは

1)上履きが汚れる原因

長期休暇などで子どもたちが持ち帰った上履きをみると、汚れ具合にびっくりしたことはありませんか?実は上履きの汚れには主に3つの原因があります。

  • 汗の汚れ
  • 1つは汗が原因の汚れです。足の裏やつま先は体の中でも特に汗をかきやすく、1日に両足でコップ一杯分の汗をかくと言われています。そのため、溜まった汗が上履きの汚れの原因として蓄積されてしまっているのです。

  • 泥や土ボコリ汚れ
  • 2つ目は泥や土ボコリの汚れです。この汚れは、子どもたちがうっかり上履きで外に出てしまったり、上履きを入れる靴箱に普段のシューズを間違えて入れてしまったりと、ひょんなことからついてしまいます。この泥汚れは黒ずみの原因にもなってしまうのです。

  • 教室のホコリ
  • 毎日掃除をするとはいえ、教室にはどうしてもホコリが舞ってしまいます。このホコリも上履きを汚す原因に。また、気づかないうちに給食の食べかすなどが付着している可能性もあります。

2)上履きの汚れが落ちにくい理由

学校の階段

前述の通り、上履きには多くの種類の汚れが蓄積しています。また、学校にいる間は必ず身につけているものなので、着用時間も長いです。

そのため、単純に上履きをこするだけではなかなか汚れが落ちずきれいにならないのです。

3)上履きを洗うために必要な道具

上履きの汚れは、次の4つの道具を使うときれいに落とすことができます。

  1. 洗濯用中性洗剤
  2. 靴用のブラシ
  3. バケツ
  4. 歯ブラシ
  5. 4)上履きの洗い方

    上履きをたわしで洗っている

    では、実際に上履きを洗う方法を説明します。
    上履きを洗うには、ズバリ「浸け置き」が効果的なんです!

    1. ついている泥やホコリを取る
    2. まずは上履きについている泥やホコリをブラシで落とします。

    3. 浸け置きする
    4. バケツに40〜50℃のお湯を溜め、普段の洗濯で使う量の中性洗剤を垂らします。その中に上履きを入れて、1〜2時間くらい浸け置きをします。上履きの素材は布でできているため、洗濯用の中性洗剤を使えば簡単に汚れを落とすことができるんです。

    5. 取り出してブラシや歯ブラシでこする
    6. 時間になったら上履きを取り出してブラシを使って全体をこすり汚れを落としていきましょう。細かい部分は歯ブラシを使うのがおすすめです。

    7. すすぐ
    8. 磨き終わったら水できれいに流します。洗剤の洗い残しは、汚れや臭いの原因にもなってしまうので、泡が残らなくなるまできれいにすすぎましょう。

    9. 乾かす
    10. タオルなどで水気を無くしたら、風通しのいい日陰で干して乾かします。

      この際、直射日光の下で干すのは避けてください。紫外線などによって、変色してしまう恐れがあります。ドライヤー等も傷みの原因となりますので、避けるようにしましょう。

      また、つま先をあげて、立てかけて干すことで靴底にも風が通って乾きやすくなります。

    4-1)汚れがしつこいときは

    酸素系漂白剤のイラスト

    大体の汚れは中性洗剤で落とすことができますが、泥や黄ばみが激しいときは、酸素系漂白剤を使ってみてください。

    酸素系漂白剤は、アルカリ性の塩素系とは異なり、弱アルカリ性のため、臭いもキツくありません。また、衣類などの浸け置きに適しているので、布製である上履きには最適です。

    使用する方法は、中性洗剤と一緒に酸素系漂白剤を入れて、浸け置きするだけです。 使用量は裏面に記載してある目安に従いましょう。

    5)上履きは洗濯機でも洗える?

    洗濯機で靴を洗うことに抵抗がなければ、洗濯機で上履きを洗うことは可能です。 ですが、やはりブラシを使って手で落とした方が汚れは落ちやすいと思われます。

    また、洗濯機は靴を洗うためのものではないので、やりすぎると故障してしまう可能性も。

    洗濯機に頼りたい場合は、自分の家の洗濯機ではなく、コインランドリーにある靴用洗濯機を使うのをおすすめします。

    6)上履きの汚れ防止方法

    上履きを立てかけている

    上履きは毎日必ず使うもの。そのため汚れの蓄積は避けられません。ですが、あらかじめ汚れを防止する方法があります。

    6-1)防水スプレーを使う

    防水スプレーには撥水効果があります。そのため、上履きに付着する汚れを防いでくれるんです。また、汚れても落としやすくなり、大変便利な代物です。

    6-2)ベビーパウダーをつける

    実は上履きの汚れを防ぐのには、赤ちゃんに使用するベビーパウダーも効果的なんです。ベビーパウダーが上履きの生地に浸透し、汚れの侵入を防いでくれる効果があると言われていいます。

    7)自分で洗う時間がないときは

    毎日の家事で忙しい場合、上履きを洗う時間がないなんてこともありますよね。

    そんなときは、くらしのマーケットで家事代行をお願いしてみるのはいかがでしょうか?

    くらしのマーケットでは家政婦・家事代行のプロを明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。


    くらまくんロゴ

    くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

    くらしのマーケットが選ばれる理由

    料金・サービス内容が明確

    急な追加料金なし

    店舗写真・口コミでしっかり比較

    利用者評価に基づくランキングで安心

    予約・質問はWEBで完結

    万が一のための損害賠償補償あり


    ⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
    ⇒超簡単!サービス予約の流れ

    人気のサービスカテゴリ

    ☆格安引越し
    ☆不用品回収
    ☆エアコンクリーニング
    ☆お風呂クリーニング
    ☆エアコン取り付け

    ⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
    ※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

この記事のキーワード

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る