雑巾の簡単な縫い方をご紹介!手作りの雑巾で掃除を楽しく

雑巾が必要になるケースって、結構多いですよね。新学期、子供に学校へ持って行かせるときや、年末の大掃除など…。ですが、「いざという時に保管していたもがない!」 「わざわざ買いに行くのも面倒。」と思ったことはありませんか?そこで今回は、買いに行くよりも手軽に作れる雑巾の縫い方をご紹介します!今すぐ雑巾が欲しかったり、掃除をしたい人は、ぜひこの記事をご一読ください。

2019.8.28 更新
雑巾

目次

  1. 1)おすすめの素材は「フェイスタオル」か「Tシャツ」
  2. 2)作るのに必要なものは、針と糸とハサミだけ
  3. 3)雑巾の縫い進め方
  4.  ・フェイスタオルの場合は5つの手順で
  5.  ・Tシャツの場合は4つの手順で
  6. 4)雑巾のアレンジ方法3つ
  7. 5)手軽に掃除を楽しもう

1)おすすめの素材は「フェイスタオル」か「Tシャツ」

まず雑巾となる素材を用意しましょう。

「雑巾=タオル」を考えている方も多いかもしれませんが、その中でもおすすめなのがフェイスタオルです。

フェイスタオルの特徴は、

  • 生地が薄くて針を通しやすい
  • 吸水性がいい
  • 適度な大きさ
など、雑巾にはうってつけな生地なんです。

さらに、Tシャツもフェイスタオルと同じ条件を持っており、雑巾にうってつけと言えます。使い古したTシャツを使用し、リサイクルをしましょう。

ただしひとつ注意しなければいけないことがあります。 それは、「プリントされた部分は、雑巾として使う時に床や棚を傷つける恐れがある」ということです。

Tシャツを使用する場合は、

  • プリント地を裏返す
  • プリント地の少ないTシャツを使用する

など工夫をしましょう。

2)作るのに必要なものは、針と糸とハサミだけ

素材が揃ったら、雑巾を縫うための材料を揃えましょう。

とはいっても、揃えるのは

  • 縫い針
  • 縫い糸
  • 糸切りバサミ
  • 裁ちばさみ

の4つのみです。

縫い糸に関しては、理想は20番か30番程度の太い糸ですね。ただ、糸の太さはあくまで理想の話ですので、ご自宅に常備されているもので構いません。

どのご家庭にも揃っており、万が一ない場合も買いにいけばどこにでもあるようなものばかりですので、気軽に作っていきましょう。

3)雑巾の縫い進め方

雑巾を縫う女性

縫い方としては、以下の通りです。

フェイスタオルの場合とTシャツの場合をそれぞれ記載していくので、ご自身にあった方を選んで読み進めてくださいね。

・フェイスタオルの場合は5つの手順で

  1. まず、フェイスタオルの場合は、裁ちばさみで半分に切ります。
  2. 続いて、タオル両端の部分を裁ちばさみで切ります。こちらの部分は、硬いので乾きにくいのと、縫いにくいために取り除きます。
  3. 両端を切ったら、さらに半分にして、切った部分を糸で縫っていきましょう。
  4. 3で縫った縫い目が隠れるようにして、タオルをひっくり返します。
  5. その状態で、糸でタオルを一周するようにしてなみ縫いをし、「×印」を作るように対角線上になみ縫い縫ったら完成です。このように縫うことで、頑丈な雑巾になりますよ。

この手順で縫えたらあとは掃除に使用するだけですので、細かな縫い方を気にするよりも、適当に縫っていくと良いでしょう。

・Tシャツの場合は4つの手順で

  1. まず、飾りの部分がある場合は裁ちばさみで取り除きます。この時にプリント地を切るのも良いでしょう。
  2. 続いて、作りたい雑巾の大きさになるようにTシャツを切ります。このサイズを2枚作ります。
  3. 2で作った2枚を重ねます。
  4. その状態で、糸で生地を一周するようにしてなみ縫いをし、「×印」を作るように対角線上になみ縫いで縫ったら完成です。このように縫うことで、頑丈な雑巾になりますよ。

フェイスタオルの時とほぼ縫い方は同じですが、Tシャツの方が形が歪ですので、少しだけ難しいかもしれませんね。

しかし、糸で頑丈になるように縫えたら使えるので、あまり難しく考えずに縫っても構いませんよ。

4)雑巾のアレンジ方法3つ

上記は雑巾の縫い方をご紹介しましたが、これに付け加えて、以下の3つの工夫を施すことができます。

  • 紐をつけて干せるようにする
  • 大きさを自分好みに調整する
  • 好きな模様で縫う

・紐をつけて干せるようにする

雑巾を完成させた後、丸くした紐をご自身でつけることができます。紐をつけたら学校などで雑巾を吊るすことも可能になり、より使いやすくなりますよ。

・大きさを自分好みに調整する

また、手作りですので、使用用途に合わせて大きさをご自身で決めることができます。

細かい箇所の掃除のために小さい雑巾を作成したり、大きめの雑巾を作成して、広い範囲を一気に掃除できるようにするのもいいですね。

・好きな模様で縫う

さらに、最後に「×印」で縫うのではなく、「◆印」などお好きな模様で縫うと、毎日のお掃除も楽しくなりそうですね。

今回は手縫いの方法でご紹介しましたが、同じ手順でミシンを使用して縫うと、より頑丈な雑巾が完成するでしょう。

5)手軽に掃除を楽しもう

以上、雑巾の縫い方でした。

今回の内容を簡単にまとめると、

  • 雑巾にはまずフェイスタオルかもう着用しないTシャツを使用しましょう。
  • そこに糸で縫い付けて、頑丈な雑巾を作っていきます。目的はあくまで頑丈にすることですので、縫い方の丁寧さはあまり気にしなくて構いません。
  • 縫えたら、必要性に応じて紐をつけると、干すときに便利な輪っかができます。
  • また、雑巾の大きさや「×印」の模様をご自身のお好みに合わせて作成すると、掃除の時に使いやすく、楽しめる雑巾になるでしょう。

雑巾は誰でも簡単に作れる掃除用具ですので、ぜひご自身で世界にひとつだけの雑巾を作ってみて、普段の掃除を楽しい時間にしてみてくださいね。


ところで、
「最近忙しくてお家が片付かない !」
とお困りの方、くらしのマーケットで家事代行をお願いしてみませんか?

くらしのマーケットでは、プロの事業者が多数登録しており、口コミや作業内容、料金などから比較してサービスを予約することができます。


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

この記事のキーワード

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る