大掃除で出た不用品、回収してもらったらいくらぐらい?

不用品の回収にかかる費用は、関東圏の場合、軽トラック1台分程度だと2万円から3万円前後ではないでしょうか。 軽トラック1台に積載できる量は実際に積んでみないと判りませんが、数点の家具や電化製品は余裕で積む事ができそうです。

“大掃除で出た不用品、回収してもらったらいくらぐらい?”

もっと大容量になると、2トントラックを手配する必要があります。
2トントラック1台程度の不用品だと、6万円から8万円前後の回収費用がかかると思います。
2トントラック1台に積載で可能な不用品を考えてみると、軽トラック1台程度に積載できる物に加えて、子どもさんの学習机、タンス、ベッドとマットレス、布団等も積む事ができます。

ただし、ここで記載している金額は、あくまでも不用品の回収量に対する相場的な金額です。
実際に回収して貰う時には、事前に不用品回収業者に対し、処分量を伝えて正しい見積を取って下さい。

これらの回収額ですが不用品回収業者や地域によって、金額には多少の高低が出てきます。
しかし確かな事として、処分量が増えれば増えるほど、コストがかさむ事は間違いありません。
そこで、必要になるのが不用品の分別です。
まず段ボールや燃えるゴミに該当する不用品は、市区町村のゴミ処理を使用しましょう。
また近年では、使用回数が制限される等、使用方法が限定されてきてはいますが、市区町村の粗大ゴミ処理も賢く利用したい所です。
多くの市町村では粗大ゴミシールを貼り付けて、所定の位置に粗大ゴミを置く必要があると思います。

また、書籍やマンガ、CDやゲームソフト等は、インターネット上の買い取りサービスがお勧めです。
段ボール箱に詰めて送るだけで、査定額がメールで届く優れものです。
書籍やマンガ等は査定額が微量で、脱力するかもしれませんが、ゴミとして出すと1円にもならなかったものが、お金に替わるのは嬉しい物です。
腕に自信のある方なら、フリーマーケットやインターネットオークションで処分する事もできます。
しかし販売に関する手間とリスクは全て、自己責任と言う事を忘れないで下さい。
高額で売れるかもしれませんが、全然売れない事も考えられます。

この様に処分を考えて行くと、最初は2トントラック1台分くらいだった不用品が、軽トラック1台分くらいには減量できるのではないでしょうか。
無駄なコストはカットして、賢く不用品を処分したいものです。

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る