急な引越し!即日引越しする方法を教えて?

急な引越しをしなければならないときに、参考になる即日引越しの手続きや方法をお教えします。

実際、即日引越しができるのか

急な即日引越しとなってしまったらまず、引き受けてくれる引越し業者を探してみましょう。
基本的には、業者側では当日トラックが空いていれば可能としているところも多いようです。
また、転居先が近距離であることも即日で引き受け可能であるかの大切な条件となります。

移動距離の範囲と時刻

例えば、都内から東京都内、または神奈川県、千葉県、埼玉県あたりであれば、可能のようです。
ですが、引越し完了の時間帯が深夜までかかる、開始時刻が早朝すぎるなど極端な時間設定の場合は近隣に迷惑をかけてしまうので引き受けできない、とのことです。

即日引越しが可能な時期

では、このような急な引越しができる時期はいつ頃なのでしょうか。
土日祝日は多くの方が引越し予定をしているのでまず空いている業者はないと思っていいでしょう。
引越しのピークの3月から4月にかけても難しいようです。
比較的空いているのは月の上旬、中旬などです。
急な引越しが決まったら複数の業者を当たってみることが必要でしょう。
ネットを使うと一括検索などで2~3業者を一度に探すことができるので便利です。
またくらしのマーケットでは、即日で引越し対応してくれる業者を料金と口コミから比較し、予約することができます。

即日引越しをスムーズに行うには

通常は見積もりや事前にある程度、荷造りしておくことが引越しをスムーズに行うコツですが、それを省きながらも段取り良く作業を進めるためにはどうしたらよいのでしょうか。

お任せプランを利用する

事前に荷造りや不用品の処分ができていない場合は、当日、すべてお任せプランを利用するということも良いでしょう。
多少費用はかかりますが、専門業者にすべて梱包から荷解きまで任せれば手早く作業をしてくれます。
業者によっては、必要な急ぎのものだけ、梱包なしで即日配達をしてくれるところもあります。
どのプランが最適か業者とよく相談してみましょう。

荷物保管サービスを利用する

退去は決まっているが、先方の転居先がまだ入れない、などという時には引越し荷物を一時預かってくれるサービスがある業者に頼むとよいでしょう。
こちらは数日間、専用コンテナで保管してくれます。

迅速な判断と素早い行動で

即日引越しは迅速な判断と、業者の便利なサービスプランを最大限利用するとよいでしょう。
引越しをする際に忘れてはいけないのは、電気やガス、水道の解約と電話、ネットの変更、転居届です。
転居届は住んでいた場所の役所でないと手続きができません。
忘れずに手続きしましょう。下記の記事も併せて確認してみてください。
>引越し前にしておくべき手続きを全部教えて!
また、このようなときのために日ごろから処分するものを整理しておくと慌てずに済みそうですね。


◎引越し情報特集公開中◎

引越しについての情報をまとめた特集記事を公開中!
費用や業者、引越し準備についての「教えて!」に応える記事を多数掲載中。
ライターの引越し体験談もぜひご覧ください!
引越し情報まとめ特集|費用・準備・失敗しない業者の選び方

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る