フロアコーティングって必要なの?

最近の新築時に、ハウスメーカーからすすめられることからフロアコーディングが徐々に浸透してきています。しかし、フロアコーディングの特徴についてや、ワックスとはどう違うのかなど、フロアコーディングのことをよくわからないといった方も少なくないでしょう。フロアコーディングが発揮する効果について、どのようなものなのか探ってみましょう。

フロアコーディングとはどんなものなのか?

まず、フロアコーディングについてですが、その名の通り、床の表面をコーディングするものです。
多くはキズが付くことを防ぐ目的で利用されています。

フロアコーディングはこんな方におすすめです!

・新居に入居する
・掃除の手間を省きたい
・乳幼児や高齢者がいるので、床を清潔に保ちたい
・ペットによる床のキズを防ぎたい
・フローリングの日焼けや変色を防ぎたい
・光を床で反射させ、部屋の雰囲気を明るくしたい

フロアコーディングにはこんなメリットがあります

・ワックスがけがいらない
・汚れが付きにくくなり、掃除がラクになる
・汚れが落としやすくなり、床を清潔に保てる
・フローリングのキズを防ぎ、床の耐久性があがる
・床が光を反射することで、部屋を明るく保てる

どんな種類があるのか

水性と油性の区分のほかに、さまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。
効果や耐久性、値段もさまざまあります。
詳細については、以下に詳しい内容がありますので、参考にしてください。

参考記事/https://curama.jp/floor-coating/article/c611ae7a-8ed6-4a8f-83fc-2d4a4dc3c3bc/

どんなときにフロアコーディングすると良いのか

フロアコーディングがもっとも有効的なタイミングは新築で家を建てるときと言われます。
特にキッチンなどの水回りは汚れが付きやすいので、入居する前の新築時がベストタイミングと言えるでしょう。
しかし、中古住宅や居住している場合でもフロアコーディングを行うことができます。
この場合、すでにワックス塗布がされていることが考えられ、ワックスを剥がすなどの前作業が発生することを考慮に入れておきましょう。

きちんと業者を選びましょう!

フロアコーディングについて効果やメリットについて説明しました。
そして、フロアコーディングはきちんとした技術が必要になる作業です。
新築時はハウスメーカーから紹介される業者もありますが、きちんと資料や見積もりを取ってどのような内容の作業を行うのか確認しましょう。
自分の認識を確認する意味でも、いくつかの業者を比較、検討することをおすすめします。
くらしのマーケットではフロアコーティング業者を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

この記事のキーワード

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る