カテゴリ一覧

引越しのときの靴の梱包、どうやるの?

衣類や食器の荷造りはスムーズに行えても、靴の梱包方法はよくわからず進まない方も多いのではないでしょうか。
しかし、靴の梱包はやり方さえわかればそんなに難しくありません。
おしゃれな方必見、形を崩さずに上手に靴を荷造りする方法を説明します!

梱包する前の準備

靴の梱包といえば、形崩れやしわができてしまわないかが心配ですよね。
それらを防ぐためには、まずは梱包前にしっかり準備をすることです。
準備の重要なポイントは、

1.梱包資材を十分に用意すること
2.靴の汚れ、泥はしっかり落とすこと

以上の2点です。
ではそれぞれ見ていきましょう!

1.梱包資材を十分に用意すること

靴の梱包には以下の物を用意します。

・大きめのダンボール
・靴を守る緩衝材
・新聞紙

購入時の箱に梱包する、というのが靴をもっともきれいに運べる方法ですが、靴一足一足を一つの箱に詰めていては、かなりのスペースを取ってしまいます。
また、すべての靴の箱を保存している方も少ないでしょう。
引越しでは荷物の量をできるだけ減らすことが重要なので、ダンボールに複数の靴をきれいに梱包していく方法を取りましょう。
容量が不十分な小型のダンボールに無理に靴を押し込んでしまうと、靴同士が接触して型崩れしたり色移りしたりしてしまう原因になりかねません。
靴は軽い荷物なので、大きなダンボールを一つ用意してたくさんの靴を入れるのがもっとも効率的です。
また、靴を衝撃から守る緩衝材も必須です。
新聞紙やポリエチレンの発砲シートでもよいですが、大事な靴には衝撃を防ぐ効果の高いエアキャップ(プチプチシート)を使うのがおすすめ。
靴の型崩れを防ぐ詰め物用の新聞紙も多めに準備しましょう。

2.靴の汚れ、泥はしっかり落とす

靴が汚れていては輸送中に汚れが移ったり傷んだりしてしまうことも。
スニーカーなどの洗える靴は十分に洗い、革靴やパンプスなど水が厳禁の靴は、専用のクリーナーを使ってしっかり汚れを落とします。
また、洗ったあとやクリーナー使用後は、しっかりと乾燥させるのも忘れずに。
湿気を含んだままダンボールに詰めて密閉してしまうと、痛みや色移り、カビの原因になってしまいます。
天候によっては靴がなかなか乾かないこともあるので、余裕のあるスケジュールで靴をきれいにするようにしましょう。

靴の梱包の基本

靴の梱包方法は、互い違いになるように靴底を合わせて新聞紙や緩衝材で一足ずつ包んでから、ダンボールに詰めていくことです。
そして靴をダンボール一面に敷き詰めたら、その上からまた靴を詰めていきます。
このように重ねて梱包していきますので、スニーカーや男性用のサンダルなどなるべく型崩れしにくい靴から入れていきましょう。
すべての靴を入れ終わったら、靴と靴の隙間に新聞紙や緩衝材を詰めます。
こうすることで移動時の衝撃による型崩れや、靴がダンボールの中でバラバラになるのを防げます。

種類別! 梱包の仕方

梱包方法の基本は上記の通りですが、一言に靴といっても、スニーカー、パンプス、ブーツ、サンダル、革靴、トレッキングシューズ……など、いろいろな種類がありますよね。
この靴ってどうやって梱包するの?と悩んだ経験がある方も多いと思います。
今回は種類別にそれぞれの梱包の仕方を解説するので、ぜひ参考にしてください!

・スニーカー、トレッキングシューズなどの汚れやすい靴

汚れやすいこれらの靴は、洗ったつもりでも靴底の隙間などに汚れが残っていることが多いです。
汚れ移りを防止するためには、新聞紙でざっとくるんでテープで止めるだけでOKです。
形崩れの心配はあまりないので、詰め物はせずにダンボールに詰めて構いません。

・パンプス、女性用のサンダル

細いストラップを使用した女性用のサンダルやパンプスは、形が崩れたりストラップが曲がったりしやすいので注意が必要です。
パンプスは新聞紙を詰めて形を崩れないようにし、サンダルはストラップを内側にしまってから、緩衝材で丁寧に包みましょう。
そして、ほかの靴に押しつぶされないように、ダンボール内の一番上に乗せます。
硬い革靴の隣に無理に詰め込んだり、上に他の靴を置いたりするのは厳禁です。

・男性用の革靴

靴墨を使っている場合は色移りの心配があるため、新聞紙にくるみ、白い靴など色移りしやすそうな靴の隣は避けて詰めましょう。
硬い靴ですが、念のため靴の中に新聞紙を詰めて型崩れを防ぎましょう。

・ブーツ

互い違いに靴底を合わせてダンボールに詰めていくのが基本、と上述しましたが、唯一の例外がブーツです。
面倒だからと、折って入れるのは厳禁です。
新聞紙を縦状に丸めて詰めて、ブーツが折れないようにします。
絶対に形崩れさせたくない!という方はブーツキーパーを使用しましょう。
1000円程度で販売されているので、ブーツを大事にしたい方におすすめです。
そして、緩衝材で包んで横に寝かせるのではなくダンボールの中では立てた状態にします。
ニーハイブーツなど、長くてどうしても立たせられない場合はブーツの中にしっかりと新聞紙を詰めて横に寝かせ、ダンボールの中の一番上に詰めます。

時間がない場合の裏技

上記の方法で靴を梱包できれば、きれいな状態のまま靴を新居に持っていくことができるはずです。
しかし、靴を一足ずつ梱包する時間がない、多少の型崩れや汚れ移りは気にしない、という方におすすめの裏技があります。

1.ダンボールの底面に緩衝材を敷く
2.靴底を互い違いに合わせて敷き詰めていく
3.隙間なく詰めたらその上に緩衝材を敷く
4.緩衝材の上に同じように靴を詰めていく

これを繰り返して靴を詰めていきます。
形崩れが気になる靴やブーツは、一番上の層に置くといいでしょう。
このとき、「革靴の隣には白い靴など色の移りやすいものは詰めない」「汚れている靴は新聞紙にくるむ」など、すぐにできそうな対策は時間に余裕があれば実践しましょう。

引越し当日の靴

忘れてはいけないのが、引越し当日に履く靴を残しておくこと。
張り切ってすべて梱包してしまう人も少なからずいるので、忘れないようにしましょう。
なるべくスニーカーなどの動きやすい靴を一足残しておくようにします。
女性などは、お気に入りのヒールがついたパンプスやサンダルを残しがちなようですが、引越しの日にヒールでおしゃれしてもあまり意味がないです。
引越し業者に荷物はお任せの場合でも、何かと動くことが多いので、しっかり動きやすい靴を準備しておきましょう。

荷造り中の方におすすめの関連記事

靴の梱包方法はこれでばっちりかと思いますが、他にも荷造りしなければならない物は山のようにありますよね。
以下の記事を参考にして、引越し準備にぜひ役立ててください。

引越し用のダンボールの入手方法を教えて!
引越しの効率的な荷造り方法を教えて!
引越し時の食器の荷造りのポイントは?
服が多くて引越しの荷造りが大変…コツを教えて!
引越しのとき、布団ってどう扱えばいいの?

◎引越し情報特集公開中◎

引越しについての情報をまとめた特集記事を公開中!
費用や業者、引越し準備についての「教えて!」に応えるお役立ち情報満載。
ライターの引越し体験談も掲載中!
引越し情報まとめ特集|費用・準備・失敗しない業者の選び方

他のカテゴリのQ&Aを探す

はじめての方へ