カテゴリ一覧

引越し用のダンボールの入手方法を教えて!

お菓子などが入っているダンボールは強度が弱いことを表す画像

引越しでは必要になるダンボールですが、普段から取って置いている方は少ないですよね。
ダンボールを無料で入手する方法はいくつかありますが本当に無料のダンボールで大丈夫なのでしょうか?

コンビニやドラッグストアなどでもらえるダンボールなどは強度があまりなく引越しに向いていないことがあります。
今回ご紹介する以下の手順でダンボールを集めていけばおトクに丈夫なダンボールを集めることができますので、ぜひ参考にしてみてください。

まずは引越し業者から入手できるか聞く

いちばん手軽なのは引越し業者にダンボールをもらう方法です。
引越し業者が提供しているダンボールは引越し用の物なので強度もあり、大きい物が揃っています。
枚数制限はありますが、そのぶん他で調達する必要がなくなるのでなるべくもらっておきたいです。

中には有料でダンボールを販売している引越し業者があるので、ダンボールにお金をかけたくないと思う方もいるかもしれません。
ですが冒頭でも紹介した通り、コンビニやドラッグストアでもらえるダンボールではサイズも異なり、引越しに向いていない物があります。
送料込みでだいたい一枚200円から300円くらいであれば用意してもらったほうがいいかもしれません。
後で通販で購入するという項目もありますが、別で購入手続きなどをしなくてはいけないので一緒に頼んでしまったほうが楽ですよ。

小売店でもらう

次に検討してもらいたいのはスーパーや家電量販店などの小売店でダンボールをもらえないか聞いてみる方法です。
最初は少し恥ずかしいかもしれませんが、段ボールの処理にもお金がかかるので、もらいに行くと歓迎されることもあります。
おすすめは以下の業種です。

食料品店

午前中に仕入れた商品の段ボールがある、午後にもらいにいくのがおすすめ。
ただし、野菜などの農産物が入っていた段ボールは土や虫などが入っている可能性もあるので注意が必要です。
飲み物が入っていた段ボールは丈夫にできているため、重いものを入れることもできます。

家電量販店

電化製品が入っていた段ボールはきれいで丈夫であるため、引越しに適しています。
梱包資材も一緒にもらえる場合があるようです。

カーショップ

ホイールが入っていた段ボールなら丈夫できれいな上、サイズを揃えられるため引越し用に向いています。
業者にすぐに引き渡してしまう場合が多いので、あらかじめ店員さんに相談しておくとよいでしょう。

ホームセンターや通販で購入

上の二つの方法でも足りないダンボールについては思い切って購入してしまうのがいいでしょう。
ダンボールを探しに何時間もかけることはあまり効率良くありません。
ホームセンターや通販で購入できますが、通販のほうがおすすめです。
理由は簡単で家まで届けてくれるからです。
もちろんダンボールの寸法も明記されているし種類も豊富なので自分の荷物の量に合わせて買い揃えることができます。
ただホームセンターではダンボールをもらえることもあるみたいなので、行ったときについでに聞いてみるといいかもしれません。

最後に

引越しの時期(/87)は荷造りの他にもやらなければならないこと(/60)がたくさんあります。
なるべく手短にダンボールを集めましょう。
くらしのマーケットではダンボールを手配してくれる引越し業者を明確な料金表と口コミで比較することができますよ。


◎引越し情報特集公開中◎

引越しについての情報をまとめた特集記事を公開中!
費用や業者、引越し準備についての「教えて!」に応える記事を多数掲載中。
ライターの引越し体験談もぜひご覧ください!
引越し情報まとめ特集|費用・準備・失敗しない業者の選び方

他のカテゴリのQ&Aを探す

はじめての方へ