カテゴリ一覧

引越し前の電気の手続きについて教えて!

“電気会社に引越し連絡をし忘れて引越し先で電気が使えない女性”

引越し前には、大切なライフラインのひとつ、電力会社への住所変更の手続きをしなければなりません。
引越しは初めてでどのように手続きを進めていけば良いかわからないという人もいるかと思います。
ここでは東京電力を利用している方の引越しを例に紹介していきます。

手続きは早めに終わらせましょう

手続きは方法は各電力会社で確認が必要ですが、東京電力ではインターネット、FAX、電話でできるようです。
ホームページやFAXからの場合は引越しの数日前までに、ということが多いので注意が必要です。
手続き希望日が当日や翌日の場合は電話にて連絡すると良いでしょう。

引越し日が近くなると荷造りなどに追われることになるので、なるべく慌てないように電話の場合でも余裕を持って手続きをしましょう。
ガス、水道なども手続きが同じように必要なので、忘れないようにすべて1週間前までには終わらせておくことをおすすめします。
引越し全体の手続きに関してはこちらの記事で詳しく紹介しています。
>引越し前にしておくべき手続きを全部教えて!

手続きの際に必要な準備をしておきましょう

電気の使用停止には名前、現住所、お客様番号、立会い希望、支払い方法などを伝える必要があります。
お客様番号は領収書などに記載されているのであらかじめ用意しておきましょう。
東京電力では訪問係員に直接支払いを希望するときやオートロックなどで立ち入れない場合などを除き、立会いしてもらわなくても大丈夫なようです。
支払い方法については次で紹介します。

電気の使用開始には名前、引越し先の住所、お支払い方法の選択などが必要です。

支払方法も確認しておきましょう

今までの電気代は、引越し日までで日割り計算してくれます。
日割り計算の方法は電力会社の係員が訪問し、メーターを確認して行います。
そのときに電気料金を直接支払う方は立ち会ったあとに直接係員に支払います。

引越し先の電力会社が変わらない場合は、立ち会う必要はなく後日、従来通りに請求されます。
ただしオートロックであったり、係員だけではメーターを確認できない場合には立会いが必要になることもあるので注意が必要です。
引越し当日、部屋をでるときには忘れずブレーカーを下げていきましょう。

新居での手続きもしっかりしましょう

引越し先では、必要なスイッチを入れることですぐに使用できるようになります。
ブレーカーのつまみと漏電遮断機のつまみを「入」に変えます。
最後に配線用遮断器のつまみを「入」にすると、電気を利用できるようになります。

引越し先で電気の使用を開始したら、電気使用申込書を書いて、電力会社に送りましょう。
賃貸物件の場合、ポストや新聞受けに入っていると思います。
またインターネットやFAXでもできます。
事前に引越し先での電気の使用報告をしている場合は、電気使用申込書は送る必要はないです。

最後に

いろいろやることが多く、忘れがちな手続きですが、引越したあとに電気が使えなくなると大変です。
また、前の住宅の電気料金も支払い続けていたということもありますので、忘れず手続きしましょう。

東京電力では引越れんらく帳というサービスを使って手続きすると提携業者である水道会社や、ガス会社であれば一括で引越し手続きできるようです。
電力会社が変わる場合や支払い方法を変更する場合などは、また新たに契約手続きが必要になりますので、こちらも忘れず手続きしましょう。
大変ですが、確実な手続きを心がけましょう。


◎引越し情報特集公開中◎

引越しについての情報をまとめた特集記事を公開中!
費用や業者、引越し準備についての「教えて!」に応える記事を多数掲載中。
ライターの引越し体験談もぜひご覧ください!
引越し情報まとめ特集|費用・準備・失敗しない業者の選び方

他のカテゴリのQ&Aを探す

はじめての方へ