カテゴリ一覧

引越し費用が変わるポイントは?

“引越し料金のポイントを見てみよう!"

定価がないと言われる引越し料金は、荷物の量や距離はもちろん、時期や状況、業者によっても大きく変わります。
思っていたよりお金がかかった…という場合も多いので、料金が変わるポイントを把握して節約できるところがないか確認してみましょう。


引越し時期・時間帯

引越しの繁忙期と閑散期では、基本料金が変わり値下げ交渉のしやすさも異なります。
異動や学校の入学など、多くの人が同時に動く時期は当然料金が高くなり、値下げも難しくなります。

繁忙期の料金

入学前後の2月~4月、GW、7月下旬~8月の夏休み期間は、特に金額が上がる繁忙期です。
3月は特に非常に需要が多く、引越し業者も短期アルバイトなどのスタッフを雇って対応します。
一番の稼ぎ時であるこの時期、値下げ交渉は難しいと言えるでしょう。

予約対応も間に合わないくらい忙しいときには、値下げはできませんとハッキリ言われてしまうこともあるようです。
繁忙期に引越すが費用を抑えたいという場合は、年明けなど早い段階で交渉をするのがおすすめです。
また、平日の引越しは週末よりも料金が安い傾向にあるため、曜日にも注意しましょう。

閑散期の料金

反対に、1月や6月、夏休み前、11月は人の動きが少ない閑散期にあたります。
距離や業者にもよりますが、繁忙期と閑散期では、2~3万円もの差が出ることも。

値下げ交渉がしやすい背景には、引越し業者の人員体制にあります。
人件費と売上のバランスを考えると、当然ながら繁忙期にはたくさんのスタッフを動員し、閑散期は少ない人数で対応するというのが理想ですが、そうすると抱えるスタッフのほとんどが短期のアルバイトとなってしまい、作業品質の管理が難しくなってしまいます。

提供サービスの質を重要視する業者は特に、常に品質の高いサービスを提供できるよう、一定数の社員を抱えています。
そのためどうしても閑散期には人が余ってしまい、少しでも件数を獲得するため、料金の交渉に応じてくれる確率が高くなるのです。

※※注意※※
一概に短期アルバイトの作業品質は低いとは言えませんが、経験豊富で社員教育を受けているスタッフの方が作業品質が高い場合が多くあります。
比較的アルバイトスタッフの多い繁忙期に引越しをする場合は、サービス内容含め評判も予め調べておくと良いでしょう。

引越す時間帯

引越しを行う時間帯も、引越し料金に関係します。
引越しはなるべく午前中の早い時間から始めて、午後は新居で荷解きをしたいという方も多いでしょう。
そのため、午前中の引越しが一番高く、夜になるにつれて金額が下がります。

くらしのマーケットの格安引越しサービスは、料金が時間帯によって変わらず一定なので、何時でもオトクに依頼することができます。


階段・道幅

現在の住まい・引越し先が戸建てなのかマンションなのか、トラックを停められるスペースがあるかどうかは、見積もりの段階で必ず聞かれるポイントです。エレベーターの有り無しによって、かかる労力や時間も変わるため料金も変わってきます。

階数

まずは、引越し元・引越し先の階数です。
例えば、1階への引越しと2階以上への引越しでは、荷物を持ちながら階段を上がらなければいけない2階以上の方が当然大変です。
特に、エレベーターがない場合は、スタッフの方が自力で荷物の上げ下ろしをしなければならないので、その分作業時間が長くなり費用がかさみます。

階数の違いによる料金の相場は、大体次の通りです。

・エレベーターありの場合:1階上がるごとに+500円~1,000円
・エレベーターなしの場合:1階上がるごとに+1,000円~3,500円

例)
エレベーターありの3階から、エレベーターなしの4階に引越す場合、(500円×3階)+(1,000円×4階)=5,500円となり、相場の最低で計算したとしても5,500円費用が高くなります。

また、一戸建てや集合住宅の1階であっても、玄関ポーチに階段がある場合、引越し料金が変わる場合があります。
階段があればその分作業時間を要するためです。
ただ、これは業者にもよりますので、見積もりをお願いするときに確認してみましょう。

道幅

家の前の道幅や、トラックを駐車できるかどうかも料金に関わってきます。
乗用車がすれ違えない程道幅が狭かったり、交通量が多くてトラックを停めておけない、駐停車が禁止されているなどの場合です。
トラックを家の前に駐車できないと遠くに停めなければならず、そこから荷物を運ぶことになり所要時間が増すため、料金が高くなります。


荷物の量

荷物の量は、ダンボールの個数や、家具の大きさと数がポイントになります。
当然、ダンボールの個数が多く、重くて大きい家具があるほど金額は上がっていきます。
運ぶ物の種類や個数によって、作業人数を増やす必要があるためです。
予め、どのくらいの量までなら追加料金なしで対応してもらえるのかを確認しておきましょう。

※単身パックなどの引越しパッケージは、運べる量の上限や条件を確認しましょう。

実質的な荷物の重量ではなく、ダンボール◯個という見た目の量の違いで料金は変わってきます。
料金を少しでも安くするため、できるだけ隙間なく物を詰め、ダンボールの個数を減らしましょう。
ただし、本や食器などの重い物は小さめのダンボールに入れるなど工夫してください。

また、引越しを機に持ち物を整理し不用品を処分するのもおすすめです。
「いつか使うかも…」とずっと使っていない物は、今後も使う可能性は低いです。
本当に必要な物以外は処分してしまうと、料金も抑えられ新居に移ってからの片付けも楽ですね。

引越す地域によりゴミの処分方法やルールも異なります。
引越し先でゴミの処分に困ってしまわないよう、予め整理しておきましょう!

【おすすめ関連記事】
単身引越しパックってどういうサービスなの?
引越しのときに処分したい物、どうしたらいいの?


移動距離

同じ都道府県内、近隣の都道府県内の引越し料金と比べて、遠方への引越しは当然高くなります。
高速道路を使う場合は、その分の料金が引越し料金へ加算されます。
引越し料金を安くするため、下道の利用をお願いすることも可能なようですが、その分作業時間が延長され追加料金がかかったり、一日に数件の引越しを対応する場合には、時間の都合で高速道路を利用せざるを得ない場合もあります。

その場合は、長距離用のプランを賢く利用して引越し料金を抑えましょう。
単身パックと同じように、長距離の場合も業者によってさまざまなおトクなプランが用意されています。

<長距離プラン・パックの一例>
・コンテナ便  …荷物を貨物列車で輸送
・混載便    …同じ方面へ引越す人の荷物をまとめて輸送
・チャーター便 …トラックでの輸送のみ依頼(荷物の搬出入などは自身で対応する)

プランによってはかなり料金を抑えられますが、荷物が新居に届く日を指定できなかったり、運び出し・運び込みをすべて自分でしなければならないなど、プランによりデメリットもあります。
時間に余裕があるか、手伝ってくれる人がいるかなど、ご自身の状況に合わせて選びましょう。


スタッフの作業量

最後に、どこまでを引越し業者のスタッフに対応してもらうかということも費用に関係します。
荷造りや荷解き、家具の設置などはオプションサービスとなり料金が追加でかかります。
できればすべて自身で対応できれば料金は抑えられますが、エアコンの移設や洗濯機の設置、テレビの配線など難しい作業もあります。
自身で対応する手間や時間を考えて依頼するサービスを選びましょう。


引越し業者

引越し料金が変わるポイントは複数ありますが、業者によってサービス内容や用意しているプランは異なります。
納得のいく業者を見つけられるよう、複数の業者を比較して選びましょう。

くらしのマーケットなら、住所や電話番号などの個人情報を登録せずに、引越し業者を見比べることができます。
1時間あたりの料金、サービス内容の詳細、予約可能な日にちなどもページ上で確認できるので見積もりは不要です。
スタッフの顔写真や、利用者の口コミも見ることができるので、ぜひご覧ください!

◎オンライン予約可能
◎予約前の個人情報の登録不要
◎しつこい営業電話なし
◎不明な点は店舗スタッフに直接メッセージが可能

単身向け格安引越しサービスを見る
ファミリー向け格安引越しサービスを見る


◎引越し情報特集公開中◎

引越しについての情報をまとめた特集記事を公開中!
費用や業者、引越し準備についての「教えて!」に応える記事を多数掲載中。
ライターの引越し体験談もぜひご覧ください!
引越し情報まとめ特集|費用・準備・失敗しない業者の選び方

他のカテゴリのQ&Aを探す

はじめての方へ