カテゴリ一覧

引越し前の水道手続きについて教えて!

引越しには忘れがちな手続きや、思いもよらない手続き、細かい用事がたくさんあって、予定日が近づけば近づくほど気持ちが焦ってくるものです。
手遅れにならないように早めに手続きを済ませるようにしてください。
ライフライン関係の手続きなど、始められるものからどんどんと進めていきましよう。

水道の手続きは早めに済ませましょう

「引越し前の電気の手続きについて教えて!」でも書きましたが、引越し日が決まったらなるべく早めに手続きしてしまいしましょう。
インターネットやFAXから手続きする場合は引越し日の何日か前までに済ませるように指定していることが多いです。
緊急の場合は電話して手続きしてもらいましょう。

注意してもらいたいのは電気、ガス、水道のうちでも、水道は最後の最後まで使用しなければならないライフラインだということです。
引越し作業中に水道で手を洗う必要は当然出てくるわけですし、何よりもトイレは最後まで使えないと困りますよね。
なので、電気とガスは事前に止めることができても、水道は当日まで止めることはできません。

わからなければ迷わず聞きましょう

引越しの手続きですが、水道の管理は各自治体になりますので、自治体の水道局に電話して連絡を取るのが早いでしょう。
インターネットで「水道 手続き 東京」などで調べれば、自治体ごとにどのように手続きしていけば良いか詳しく分かります。

水道局が県営だったり市営だったりしてホームページが異なることもありますので注意してください。
いずれにしろむずかしい手続きは何もありませんから、気軽に連絡して早く済ませてしまうことをおすすめします。

主な手続き事項

FAXで手続きする場合はまず申し込み用紙を用意するところから始めなければならないので、手続きはインターネットか電話で済ますのが簡単でしょう。

必要な項目は名前、現在住んでいる住所と転居先の住所、また水道を止める引越し日とお客様番号も必要です。
引越し前と後で水道局が変更になる場合は、一括でできないのでそれぞれの水道局で忘れずに済ますようにしましょう。

お客様番号について

お客様番号は毎月の水道料金の通知に表示してありますから、それを見ればいいわけです。
わからなければこれも照会すればいいのですが、よりスムーズに手続きを行うためには引越しが決まった段階で意識して、通知を保存しておくと良いでしょう。

清算に関して

手続きが済めば、あとは水道料の清算ということになります。
引越し先の水道局が異なる場合は、使用中止後の検針に来た係員に直接支払う方法もあるようです。
引越し先でも同じ水道局であれば、いままでのクレジットカードや口座振替のまま引き続き支払えることが多いようです。

最後に

ただし、引越し作業中にトラブルが発生してそれどころではなかったり、時間が夜遅い場合などではのちほど請求書を送ってもらうか従来通りの方法で支払います。
なお、水道に関しては先に書いたように各自治体の水道局によって管理しているので手続きなどに違いがあるようです。
とにかくまずは自治体に問い合わせるというところから、始めるのが鉄則だと思います。

他にも引越しに関わる手続きをこちらの記事で紹介しています。
>引越し前にしておくべき手続きを全部教えて!


◎引越し情報特集公開中◎

引越しについての情報をまとめた特集記事を公開中!
費用や業者、引越し準備についての「教えて!」に応える記事を多数掲載中。
ライターの引越し体験談もぜひご覧ください!
引越し情報まとめ特集|費用・準備・失敗しない業者の選び方

他のカテゴリのQ&Aを探す

はじめての方へ