引越しで靴を荷造りする方法|時間がない人はそのまま梱包も

引越しのときの靴の梱包方法を紹介します。基本は1足ずつ緩衝材や新聞紙で包み、ダンボールに入れます。時間がない方や緩衝材が足りない方は、靴をそのままダンボールに入れても良いでしょう。また、靴の梱包に便利なおすすめアイテムも紹介します。

2022.6.21 更新
引越し用靴の梱包

目次

  1. 1)引越し用の荷造りをする前にやること
  2.  履かない靴の処分
  3.  靴のお手入れ
  4.  梱包材の用意
  5. 2)引越しの荷造りに使えるおすすめアイテム
  6. 3)引越し荷造りの靴の梱包方法
  7.  基本的な靴の梱包
  8.  スニーカーやトレッキングシューズなど汚れやすい靴の梱包
  9.  パンプス・女性用のサンダルの梱包
  10.  男性用の革靴の梱包
  11.  ブーツの梱包
  12. 4)時間がない人向け|靴をそのまま梱包する方法
  13. 5)引越し当日の靴は脱ぎ履きしやすいものを
畑野 佳奈子

ライター:畑野 佳奈子
掃除が苦手でしたが…くらしのマーケットで紹介しているお手軽な掃除方法をフル活用しています。食品衛生責任者、整理収納アドバイザー準1級取得。

1)引越しの靴の荷造りを始める前にやること

大量の靴

引越しの荷造りの靴は、型崩れや色移りしないように工夫が必要です。
工夫するためにまずは荷造りを始めるための準備をしましょう。

靴の荷造りを始めるための準備

履かない靴の処分

多くの家庭の靴箱には、「もう履かない(履けない)けれど置いてある靴」が入っています。引越しの際は断捨離をして移動させる荷物を少なくするのが鉄則なので、履かない靴は思い切って廃棄しましょう。

小さくて履けなくなった子ども用の靴、痛くて履けない(履きたくない)靴、流行遅れになったサンダルなど、思い当たる方は多いのではないでしょうか。

一度も履いておらず、購入時に入ってたシューズボックスがそのままある場合は、リサイクルショップなどに買取してもらいましょう。

引越しのときに出た不用品の処分方法を紹介している記事を読んで処分方法を選びましょう。

靴のお手入れ

革靴のお手入れ

靴が汚れていると、輸送中に汚れが移ったり傷んだりしてしまうことがあります。
スニーカーなどの水で洗える靴は十分に洗い、革靴やパンプスなど水で洗えない靴は、専用のクリーナーを使って汚れを落とします。
また、洗ったあとやクリーナー使用後は、しっかりと乾燥させるのも忘れずに。
湿気を含んだままダンボールに詰めて密閉してしまうと、痛みや色移り、カビの原因になってしまいます。
天候によっては靴がなかなか乾かないこともあるので、余裕のあるスケジュールで靴をきれいにするようにしましょう。

スニーカーの洗い方(つけ置き手洗い)

スニーカーを洗う

【用意するもの】

  • 靴用ブラシ
  • バケツ
  • 40℃くらいのぬるま湯
  • 粉末の酸素系漂白剤(オキシクリーンなど)

  1. 靴用ブラシで大まかな汚れを落とす
  2. バケツに靴を入れ、ぬるま湯と粉末の酸素系漂白剤を入れて混ぜる
  3. つけ置きする(金属がついているスニーカーで1時間、それ以外は5〜8時間以内)
  4. ブラシでこすり、残った汚れを落とす
  5. しっかりすすいで陰干し、完全に乾燥させる

参考:オキシ漬け>使い方>オキシ漬けで人気!酸素系漂白剤 オキシクリーン日本公式サイト

スニーカーの洗い方(洗濯機を使用)

【用意するもの】

  • 靴用の洗濯ネット
  • 洗濯用液体洗剤または酸素系漂白剤

  1. 水とブラシで大まかな汚れや泥を落とす
  2. 靴紐や中敷きを取り外し洗濯ネットへ入れ、洗濯機に入れる
  3. 靴用の洗濯ネットにくつを入れ、洗濯機に入れる
  4. おしゃれ着用コースで洗濯機にかける
  5. 陰干しする

洗濯機で靴を洗う方法を紹介した記事があります。詳細を知りたい方はあわせてご覧ください。

革靴のお手入れ方法

革靴のお手入れ

革靴は普段から汚れを落とし、お手入れしないとカビ発生の原因になります。

【用意するもの】

  • 靴ブラシ
  • 靴用クロス
  • 靴クリーム

  1. 靴全体のブラッシングで汚れを落とす
  2. 皮革用クリーナーをクロスに取り、小さな円を描くように靴の汚れを落とす
  3. 靴全体にクリーナーを塗り伸ばす
  4. 乳化性の靴クリームをクロスで塗る
  5. 靴クリームを靴全体に馴染ませるためにブラッシングをする
  6. 布で仕上げ磨きをする

参考:ツヤ革靴のお手入れ方法 (スムースレザー)|コロンブス

梱包材の用意

梱包材

購入時の箱に梱包するのが靴をもっともきれいに運べる方法ですが、靴一足一足をそれぞれの箱に詰めていると、かなりのスペースと時間を要します。
また、すべての靴の箱を保存している方も少ないでしょう。

引越し時の靴の梱包には以下を用意しましょう。

【用意するもの】

  • 大きめのダンボール
  • 靴を守る緩衝材
  • 新聞紙
  • 新聞紙
  • ジッパー付きバッグ

ダンボール

そんな時はダンボールに複数の靴をきれいに梱包しましょう。
靴は軽いので、大きなダンボールを一つ用意してたくさんの靴を入れるのがもっとも効率的です。
容量が不十分な小型のダンボールに無理に靴を押し込んでしまうと、靴同士が接触して型崩れや色移りの原因になりかねません。

靴を守る緩衝材

靴を衝撃から守る緩衝材も必須です。
新聞紙やポリエチレンの発砲シートでもよいですが、大事な靴には衝撃を防ぐ効果の高いエアキャップ(プチプチシート)を使うのがおすすめ。
靴の型崩れを防ぐ詰め物用の新聞紙も多めに準備しましょう。

ジッパー付きバッグ

子ども用や女性用の靴はジップロックなどジッパー付きのバッグに入れると簡単に梱包できます。

2)引越しの荷造りに使えるおすすめアイテム

引越しの荷造りで使えるおすすめアイテムを紹介します。

おすすめの梱包アイテム①:靴収納ケース

靴が多い方におすすめなのが、ベッド下にそのまま収納できる靴の収納ケースです。
ダンボールは引越しが終わったら処分しなければなりませんが、こちらは防カビ性を兼ね備えているので、引越し後の収納にも使えます。

VAESIDA 靴収納ケース78.5x61x15cm

おすすめの梱包アイテム②:wallQmer 引き出し式シューズボックス

型崩れが心配な靴は、シューズケースに入れると安心です。
窓付き引き出しタイプのシューズケースは引越し後も使用できるので、積み重ねて使えば靴の保管にぴったりです。

wallQmer (ウォールキューマー) シューズボックス 12個セット

おすすめの梱包アイテム③:防水靴袋

汚れがついている靴や色移りしやすい白い靴は靴袋に入れて梱包しましょう。
透明ならどんな靴が収納されているかひと目でわかるので、荷解きの時に確認が要りません。また防水タイプなので、引越し以外に旅行やアウトドアなどでも活躍します。

JUSTBOKU 靴袋巾着 防水 透明 12枚セット

3)引越し荷造りの靴の梱包方法

引越しの荷造りに必要な靴の梱包方法を靴の種類別に紹介します。

基本的な靴の梱包

靴の梱包方法は、互い違いになるように靴底を合わせて新聞紙や緩衝材で一足ずつ包んでから、靴を横にしてダンボールに詰めていくことです。

靴をダンボール一面に敷き詰めたら、その上に同じように靴を詰めていきます。
重ねて梱包していくので、スニーカーや男性用のサンダルなどなるべく型崩れしにくい靴から入れていきましょう。

すべての靴を入れたら、靴と靴の隙間に新聞紙や緩衝材を詰めます。
こうすることで移動時の衝撃による型崩れや、靴がダンボールの中でバラバラになるのを防げます。

ダンボールに緩衝材を詰める#

スニーカーやトレッキングシューズなど汚れやすい靴の梱包

汚れやすいこれらの靴は、洗ったつもりでも靴底の隙間などに汚れが残っていることが多いです。
汚れ移りを防止するためには、新聞紙でざっとくるんでテープで止めるだけでOKです。
スニーカーやトレッキングシューズは、形崩れの心配はあまりないので、詰め物はせずにダンボールに詰めて構いません。

スニーカー

パンプス・女性用のサンダルの梱包

細いストラップを使用した女性用のサンダルやパンプスは、形が崩れたりストラップが曲がったりしやすいので梱包には注意が必要です。

パンプスは新聞紙を丸めて中に詰め、形が崩れないようにします。
サンダルはストラップを内側にしまってから、緩衝材で丁寧に包みましょう。

ほかの靴に押しつぶされないように、ダンボール内の一番上に乗せます。
硬い革靴の隣に無理に詰め込んだり、上に他の靴を置いたりすると型崩れする恐れがあります。

男性用の革靴

革靴

靴墨を使っている革靴は色移りの心配があります。
新聞紙にくるみ、白い靴など色移りしやすい靴の隣は避けて詰めましょう。
硬い靴ですが、靴の中に新聞紙を詰めて型崩れを防ぎましょう。

ブーツの梱包

互い違いに靴底を合わせてダンボールに詰めていくのが基本、と上述しましたが、唯一の例外がブーツです。
面倒だからと、折って入れると折れ線がつくので、厳禁です。
新聞紙を縦状に丸めて詰めて、ブーツが折れないようにします。

「絶対に形崩れさせたくない」という方はブーツキーパーを使用しましょう。
1,000円程度で販売されているので、ブーツを大事にしたい方におすすめです。
そして、緩衝材で包んで横に寝かせるのではなくダンボールの中で立てた状態にします。
ニーハイブーツなど、長くてどうしても立たせられない場合はブーツの中にしっかりと新聞紙を詰めて横に寝かせ、ダンボールの中の一番上に詰めます。

4)時間がない人向け|靴をそのまま梱包する方法

上記の方法で靴を梱包できれば、きれいな状態のまま靴を新居に持っていくことができるはずです。
しかし、靴を一足ずつ梱包する時間がない、多少の型崩れや汚れ移りは気にしない、という方におすすめの裏技があります。

【用意するもの】

  • ダンボール
  • 緩衝材

  1. ダンボールの底面に緩衝材を敷く
  2. 靴底を互い違いに合わせて敷き詰めていく
  3. 隙間なく詰めたらその上に緩衝材を敷く
  4. 緩衝材の上に同じように靴を詰めていく

これを繰り返して靴を詰めていきます。
形崩れが気になる靴やブーツは、一番上の層に置きましょう。
このとき、「革靴の隣には白い靴など色の移りやすいものは詰めない」「汚れている靴は新聞紙にくるむ」など、すぐにできそうな対策は時間に余裕があれば実践しましょう。

その他の引越しの効率的な荷造り方法はこちらの記事に記載しています。気になる方は合わせてお読みください。

5)引越し当日の靴は脱ぎ履きしやすいものを

サンダル

忘れてはいけないのが、引越し当日に履く靴を残しておくこと。
当日は、スニーカーやスポーツサンダルなどの動きやすく脱ぎ履きしやすい靴を一足残しておくようにします。
荷物は引越し事業者に任せる場合も、なにかと家の内や外を行ったり来たりすることが多いので、動きやすく​​脱ぎ履きしやすい靴を準備しておきましょう。

費用を抑えた引越しはくらしのマーケットで依頼する手もある

「できるだけ費用を抑えて引越ししたい」という方はくらしのマーケットで格安引越し事業者を探してみるのはいかがでしょうか。

くらしのマーケットの引越し事業者は、10km以内なら8,200円〜2万円が相場料金です。
ダンボールなどの梱包材は自分で用意する必要がありますが、大手引越し会社に比べると費用を抑えた引越しが叶います。

「確かに安いけど…サービスはどうなの?」と思う方は、お近くの事業者を実績・料金・口コミをじっくり比較し、口コミ件数が多く評価が高い事業者を選びましょう。


安くて楽な引越し屋さんの見極め方2選

くらしのマーケットの引越し費用相場

移動距離相場料金
10km8,200円〜20,000円
20km10,200円〜23,000円
30km12,200円〜24,500円
40km14,200円〜27,000円

くらしのマーケットで引越しサービスを利用した方の口コミ

くらしのマーケットで引越しサービスを利用した方の口コミを一部紹介します。

口コミ

★★★★★ 5.0
大変お世話になったので口コミを書かせていただきます。 担当してくださる方は物腰が柔らかくて、丁寧な印象の方でした。 一番感動したのは、普通は追加の料金を請求される作業や、避けたい作業まで進んで行ってくださったことです。 ベッドの解体と組立、洗濯機の取り外しと取り付け、なんと通販で届いた段ボールに入ったままの冷蔵庫の荷解きから設置までも行ってくださいました。 私はまだ若いので一緒に引っ越しの作業を進めたのですが、重い荷物を持たせないように配慮してくださったり、大きな家具もできる限り運べるように配慮してくださったりと頭が上がらない思いです。 ベッドは解体して運んでくださいました。本棚は大きさの関係で持っていけなかったのですが、それでも最後まで何か方法はないかいろいろ提案してくださって嬉しかったです。 引っ越しにまつわることをお話しながら作業をしましたが、「追加の料金を請求するのではなく、気持ちで作業を行っている」という言葉を話されており、素晴らしいと思いました。 このようなレビューを書くことは多くありませんが、予定された範囲外の仕事も引き受けてくださって、本当に助かりましたので、他の方にもご周知したいと思ってこのレビューを書いています。 他社の見積もりでは5万円ほどでしたが、それ以上のサービスを16000円程度で行っていただき、追加料金もありませんでした。 また引っ越しをする機会がありましたら、ぜひ利用させていただきたいと思います。 本当にありがとうございました。
利用時期:2022年6月

出典:口コミ|くらしのマーケット

口コミ

★★★★★ 5.0
本日は長距離にて引っ越しとなりまして  初の暮らしのマーケットでの依頼になりました。 前評判など気になるタイプの私ですので 前もって相当調べ、なないろ運送さんにたどり着きました。 私的、かなり良かったと思いましたのでせっかくなので書かせてもらいます(^^) 問い合わせの段階から丁寧な対応を終始していただきました。 2年周期で引越しする私としては、引越しは毎度の事、、、とばかりに。 ちょっと適当な感じで考えてましたが 詳細な部分まできっちり教えてもらえました! 値段についてもざっくり適当とかじゃなく 正確に、そして安価に。。 ありがたい、反面、申し訳ない が出てきでしまう具合の料金です。。w あの距離を積込から次の家への搬入。 もうさすがとしか言いようがありません^^; 本業で引越しをやられてる方の手際の良さが見受けられました! 合わせて回収もしてもらったんですが、個人でやるなら大変な作業と手間を一瞬で終わらせてくれました。。。早すぎですw 他者さんの口コミにもありましたが、非常に感じが良く人柄の良さが出ていました。  私は長く接客業をしてるからか、かなり人を観察しちゃうのですが凄く感じが良く久々に引越しで好感が持てる方にお会いできました! また多分、2年後ですかね、?w 引越しの際にはお願いしたいと思ってます。 もう引越しは他社さんはないなーと。。 これから引越しを控えてる方の参考になればと思っています(^^) 大事な荷物を運搬してくださる業者さんは重要だと思います。 さわやかで感じが良く終始気分よく引越しを完了する事ができました! 女性の単身の方でも安心してお任せできると思います。 この度はありがとうございました! また次の引っ越しもよろしくお願いします。
利用時期:2022年5月

出典:口コミ|くらしのマーケット


まとめ

引越しの時、靴はどうやって荷造りすればいいですか?
引越しの靴の荷造りは、基本的にダンボールと緩衝材を使用します。
靴の右と左を互い違いになるように靴底を合わせ、新聞紙や緩衝材で一足ずつ包み、靴を横にしてダンボールに詰めます。
重ねて梱包していくので、スニーカーや男性用のサンダルなどなるべく型崩れしにくい靴から入れていきましょう。

ブーツやパンプスなど靴が型崩れしない引越しの荷造り方法はありますか?
パンプスやブーツは新聞紙を丸めて中に詰め、形が崩れないようにします。ブーツはブーツキーパーを使うのも効果的です。
ほかの靴に押しつぶされないように、ダンボール内の一番上に乗せます。

くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「値段」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る