カテゴリ一覧

おしゃれな壁紙で部屋の印象を変えたい!

部屋を気軽にイメチェンできるプチDIYアイテムとして近年「壁紙」がとても人気です。
ホームセンターやネット通販だけでなく、100円ショップでも手に入れることのできる「壁紙」はおしゃれな部屋の演出にも大活躍すると若い女性や主婦層を中心に大人気で、いつも入荷待ちなんてこともあるようです。
色や柄が豊富ですし、賃貸でも壁を傷めずに楽しむことができる、はがし後の残らないタイプも登場しており、楽しみ方が広がっています。

おしゃれで便利!壁紙の楽しみ方

本格的に壁一面にきれいに貼るのはなかなか勇気がいりますが、部屋のアクセントとして壁紙を部分的に貼り付けて部屋のイメチェンをするのがイマドキの壁紙の楽しみ方です。

部屋のアクセントにちょこっと貼り

例えば、レンガ調や木目調の壁紙を腰壁風に仕上げたり、部屋の壁一面だけにカラーの壁紙をあしらったりという使い方です。
部屋の一部分だけ、素材感や色味でアクセントをつけることでグッとおしゃれでセンスの良いカフェ風の雰囲気になります。

キッチンや水回りにもアクセントに利用

さらに、キッチンの戸棚の扉や、換気扇のフードに壁紙の部分使いをする方法もおしゃれにアンテナ感度の高い主婦には大人気の壁紙DIYです。
特にキッチンまわりは油汚れなどでこまめにお手入れしていても経年劣化が目立ちやすい部分ですから、汚れや傷みを覆い隠せてしまうのは良いところです。
また、レンジフードや壁面を壁紙でカバーしておけば、いつまでも本体はピカピカをキープできてしまいますから、一石二鳥のDIYとも言えます。
100円ショップで購入できる安い壁紙であれば、汚れが目立ってきたら新しいものに張り替えてしまうことができますから、コストも抑えることができます。

気分で取り換える!お気軽壁紙DIYテクニック

従来の壁紙は、専用の接着材やのりを使用して貼り付けるもので、飽きたからすぐに別のものに貼り替えるというわけにはいかなかったのですが、最近では剥がしたときに壁を傷付けないタイプや壁紙の上から貼ることのできるタイプなども登場しています。
また、賃貸などでは壁に直接貼りたくないという人も多いのですが、賃貸でも壁紙DIYを楽しむ方法もあるのです。

壁に直接貼らない方法

賃貸などでは退出するときに原状回復して引き渡しをしなくてはいけませんから、できれば壁に直接壁紙を貼り付けたくないですね。
そのようなときには「マスキングテープ」で壁や貼り付け面を養生してから、壁紙を貼っていきます。
剥がす時にはゆっくりとマスキングテープごと剥がすようにすると壁面を傷めることなくきれいに原状回復できます。

ホチキスの針を使って止める方法

テープはやっぱりのり残りが心配、という人にはホチキス針を使って壁紙を固定する方法をおすすめします。
シールタイプの壁紙のはくり紙をはがさずにそのままホチキスの針で壁にポンポンと止めていくのです。
ホチキスは事務用の普通のホチキスでOKです。壁紙が浮かないよう適当な間隔でホチキス針を差し込んでいきます。
ホチキスの針はとても細いので、外したあともほとんどわかりませんからこちらもおすすめの方法です。

表現は無限大 壁紙DIYを楽しもう

複数の壁紙を組み合わせてウォールデコをしてみたり。気分によって部屋のテイストを変えてみたりと壁紙で演出する部屋の雰囲気は無限大です。
気軽に楽しむことができる壁紙DIYはとてもおすすめですよ。
くらしのマーケットでは壁紙補修業者を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

他のカテゴリのQ&Aを探す

はじめての方へ