小平市の家守 西東京のブログ

トコジラミに絶対やってはいけない2大NG

2020年3月15日

トコジラミの施工件数が
猛烈な勢いで増えています。

一戸建・マンション・アパート・都営住宅
社員寮・学生寮などの一般住居から
ネットカフェ・ホテル・ゲストハウス・民泊
古着店・病院からも、ご依頼が増えました。


猛烈なかゆみで皮膚科へ行くと

「おそらくダニでしょう」

と診断され、かゆみ止めをもらい
多くの方が市販のダニ用燻煙剤を焚くのですが

市販薬を使っても全く刺される回数が減らず
ネットで検索した結果

「どうやらトコジラミという虫らしい」

と判明し、駆除のご依頼をいただく
と言うのが、最も多いパターンです。


トコジラミには市販の殺虫剤の主成分である
ピレスロイドが効かないため
市販の燻煙剤(トコジラミが対象害虫に
なっている商品もあります )を焚いても
駆除できないばかりでなく

殺虫剤から逃れた個体が
生息範囲を広げてしまいます。

(トコジラミは飛べませんが
 意外に足が速い虫なのです)

そのため寝室で発生したトコジラミが
市販の燻煙剤を焚くことで
家全体に拡散してしまうのです。


トコジラミのメスは1日に5個
生涯に200~500個の卵を産むので
1秒でも早く完全駆除まで責任を持つプロに
ご依頼いただくことを強くお勧めします。


もう一つのNG事項は
「決して犯人探しをしないでください」
ということです。

とある社員寮で
特に個体や血糞が多い部屋があり

「この部屋が発生源かもしれません」

とお伝えすると、その部屋に住んでいる方が
他の社員さん達から集中砲火を浴びて
恐縮しきっていました。

2回目の施工で再度お邪魔すると
その部屋は空になっていたので

「この部屋の荷物は
 どちらへ移動しましたか?」

と聞くと、その会社の社長さんが

「あいつ、会社辞めちゃったんで
 荷物は全部捨てました」

とのこと。


ご夫婦とお子様の暮らす1軒家で

「原因は何ですか?」

と聞かれ、海外出張が多いご主人様の
トランクと寝室に個体が多かったので

「ご主人様が、海外出張から
 持ち帰ってしまったのかもしれません」

とお伝えすると
奥様がご主人様を罵倒し始める。


トコジラミは、猛烈なかゆみで不眠になり
駆除費用も高額で、布類の乾燥など
お客様のご負担も大きいため

「どうしてこんな理不尽な目に合うのか?」

と、原因や犯人捜しをしたくなるのは
仕方ないのですが

好き好んでトコジラミを持ち帰る人は
いないので、最近はお客様に

「どうか犯人捜しだけは
 しないでいただけると幸いです」

と、先にお伝えしています。



ここからは全く余談ですが
2回目の施工でお邪魔すると
お客様の顔色が明らかに変わっています。

原因不明の痒みで全く寝れない状態から
刺される回数も激減し、眠れるようになった
のも理由の一つだと思われますが

施工中に

「実は、ブラブラしてた息子の就職が
 急に決まったんです」

とか

「経営している学習塾の新規加入が
 今月だけで、昨年1年分を超えました」

など、良いニュースを聞くことが
なぜか非常に多いのです。


考えられる理由は2つあり

皆様、使っていない寝具や衣類・家具類を
薬剤処理後、大量に廃棄するため
断捨離の効果により運気が上がる。

もう一つは

「もらい事故に遭ったら
 宝くじが当たりやすい」

というジンクスに近いと思われますが
自分の落ち度ではないトラブルに
巻き込まれたら
その不運をカバーする出来事が起きる。


スピリチュアルな話に疎い私でも
世の中は見えない力でバランスが取れている
と考えざるを得ないことが
トコジラミという虫を通して垣間見えます。

店舗情報

店長の写真

安全で優しいトコジラミ・鳩・ハチ・ゴキ専門駆除業者「家守 西東京」年中無休・カード可・駐車場代は弊社負担・損保加入済です

所在地 東京都小平市
営業時間 毎日10:00~16:00 蜂の巣駆除など緊急性の高い案件は、営業時間外にも対応いたします。
定休日 年中無休
対応地域

<関東>

埼玉県

  • 所沢市

東京都

  • 杉並区
  • 練馬区
  • 八王子市
  • 立川市
  • 武蔵野市
  • 三鷹市
  • 府中市
  • 昭島市
  • 調布市
  • 小金井市
  • 小平市
  • 日野市
  • 東村山市
  • 国分寺市
  • 国立市
  • 福生市
  • 狛江市
  • 東大和市
  • 清瀬市
  • 東久留米市
  • 武蔵村山市
  • 多摩市
  • 稲城市
  • 西東京市
  • 西多摩郡瑞穂町

神奈川県

  • 川崎市多摩区