メニュー

レンガ敷きの費用相場は?費用を抑えるコツとDIYが難しい理由

2022.9.27 更新
  • lineで送る

レンガ敷きで家の庭や外構を整えるとおしゃれな雰囲気になります。しかし場所によってはDIYは難しく、きれいに敷くには事業者に依頼するのが最もいい方法です。DIYが難しい理由と、事業者に依頼する際の相場や、費用を安く抑えるコツを紹介します。

レンガ敷きの費用はいくら?

目次

  1. 1)レンガ敷きはDIYでは難しい?
  2.   レンガ敷きがDIYできる場所・プロの事業者に依頼したほうがいい場所
  3. 2)レンガ敷き事業者に依頼したときの費用相場
  4.   レンガ敷きにかかる費用の内訳
  5.   レンガ敷き基礎工事の流れ
  6.   レンガの費用相場
  7. 3)レンガ敷きの費用を抑えるコツ
  8. 4)レンガ敷き事業者を探すならくらしのマーケットへ


1)レンガ敷きはDIYでは難しい?

レンガ敷きは、広い場所や頻繁に踏む場所、重い車が乗る駐車場などはプロに依頼するべき場所です。

レンガを敷く場所の下地がきちんと施工されていなければ、時間がたつとレンガがガタガタになってしまいます。

レンガ敷きは、地面にレンガを並べるだけでなく、下地の施工、モルタル打ちなどの作業が必要です。また、レンガの厚みと砕石などの厚みを掘り下げると、かなりの残土が出てきますのでその処分もあります。

レンガ敷きがDIYできる場所・プロの事業者に依頼したほうがいい場所

レンガが積まれている

レンガ敷きすべてがDIYに向いていないわけではありません。

雰囲気作りに作る庭の小道など、レンガの量が少なく、ガタガタになったときに直せる場所はDIYでも差し支えないでしょう。しかし、人が歩く場所のレンガが浮き沈みすると、レンガに引っかかって転ぶこともあります。安全面も考え下地から丁寧に作っていく必要があります。

アプローチや駐車場と、広い面積を占めるレンガ敷きの場所はプロにお任せするほうが、安全できれいに仕上がります。これは、時間がたってもレンガが沈んだりずれたりしないよう、下地からきちんと作っていく必要があるためです。



2)レンガ敷き事業者に依頼したときの費用相場

レンガ敷きを事業者に依頼する場合の相場は、材料費込みの価格で、1㎡あたり16,000円~30,000円程度が目安です。

レンガ敷きにかかる費用の内訳

レンガ敷きの主な材料は、砕石・砂(モルタル)・レンガ・目砂で、これらの費用と人件費・残土処理代がレンガ敷きの費用になります。

レンガ敷きにかかる値段に幅がある理由

  • 事業者によって人件費が異なる
  • レンガの価格が大きく影響する
  • 自社施工ではなく、外注している事業者では中間の手数料が発生する

レンガを敷くときに下地を作る基礎工事の流れを確認して、どこでどんな材料が使われるのか把握しておきましょう。

レンガ敷き基礎工事の流れ

  1. レンガを敷く場所から、「レンガの厚み」と「砕石を入れる厚み」「コンクリートか砂の厚み」分堀り、土をどける
  2. 均一に掘れているかを確認する
  3. 土を固めて、砕石を入れ、砕石が水平に入っているかを確認する
  4. ③の上に、砂を3cm敷き詰め、水平を確認する

モルタル(セメントと砂を混ぜたもの)をつかう場合は、③の上にモルタルを敷いていきます。

レンガの費用相場

敷き詰められたレンガ

オーソドックスな赤レンガをホームセンターで購入すると1個130円前後です。事業者が取り扱う場合と、ホームセンターで購入する場合は価格が異なりますが、目安にしてください。

輸入のレンガや色や形にデザインがあるレンガなどもあります。レトロな雰囲気や、特殊な加工のある高級なレンガを選ぶと費用は高くなります。



3)レンガ敷きの費用を抑えるコツ

レンガ敷きの費用を抑えるコツは3つあります。

レンガ敷きのデザインと費用を考えてみる

レンガを敷く際には、古びた雰囲気のレンガなどを敷きたくなるものですが、価格を事前確認し、レンガの費用をざっくり考えてみましょう。デザインやイメージを練り直して、レンガ代を抑えることで費用を下げられます。

レンガ敷きの合い見積もりをとり工事代金を確認する

1社だけに依頼すると、その価格が適正なのかの判断しにくいものです。2~3社に見積もりを取り、疑問点を解決し、納得できるところに依頼しましょう。やり取りの中で、業者の丁寧さや誠実さが見えてくるため、依頼先も決めやすくなるでしょう。

レンガ敷きを自社施工している業者に依頼する

大きなリフォーム会社などに依頼すると、自社施工ではなく外注しているケースがあります。そこで手数料が発生し、費用にプラスされています。自社施工している事業者ならその費用が発生しないため、自社施工している地元の事業者を探しましょう。



4)レンガ敷き事業者を探すならくらしのマーケットへ

庭に敷かれたレンガ

レンガ敷きをプロの事業者に依頼するべき理由と費用の相場、安くするためのコツをご紹介しました。

レンガ敷きのアプローチや駐車場には高級な雰囲気があります。ぜひきれいに仕上げてくれるよい事業者に依頼してください。

くらしのマーケットには、レンガ敷きのプロも登録しています。あなたの家にレンガを敷いてくれる地元のプロを、くらしのマーケットで検索してみましょう。



著者の写真

ライター:笹倉さくら
暮らしライター。主婦の経験を生かし「家事はキレイにスムーズに」をモットーにノウハウをご紹介。楽して無理なくできる家事を目指します。整理収納アドバイザー、クリンネスト、調理師、野菜ソムリエなど家事を楽しくする資格を保有。趣味は、犬の散髪・トレッキング・観葉植物を育てる事。

くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、300種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「値段」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

はじめての方へ

くらしのマーケットとは?