フロアクリーニングのメリットや作業内容教えて!

こまめに床の拭き掃除をしたり、ワックスがけをしてもピカピカと床が輝いている状態を維持するのは素人の腕ではなかなか難しいですよね。もし、美しい床を維持したいとお考えならば、定期的なプロによるフロアクリーニングを頼むことがおすすめです。

2017.10.30 更新

フロアクリーニングを業者に頼むメリット

小規模店舗や個人クリニックなど、床面積があまり広くない場合、コストカットのために自分や従業員でフロアクリーニングを行なうから大丈夫!というオーナーも多いかもしれません。
しかし人の出入りの多い店舗や病院などの床は想像以上に傷がつきますし、またすぐに汚れます。
日頃の床掃除だけではあっという間に汚れの目立つ、くすんだ床になってしまいます。
床材も傷だらけですぐに傷んでしまいますから高額の張替えコストも発生します。
清潔感のあるイメージを大切にすべき飲食店や商店、クリニックこそプロによるフロアクリーニングが必要です。
定期的にプロのメンテナンスを行うことによって見た目の美しさや清潔感を保つことができ、お店やクリニックのイメージアップにもつなげることができるメリットがあります。

プロのフロアクリーニング用ワックスとは

自分でホームセンターやインターネットで購入してきたワックスをこまめにメンテナンスするだけでも見た目には多少違いを感じることができるでしょう。
しかしプロ仕様のワックスは耐久性が高いこと、そして目的に応じたワックスの使い分けをお願いできることがメリットです。

プロの使うワックスは高耐久性がある

耐久性の高さという点についていえば、例えば一般の家庭用ワックスではワックス後のほんの数日で輝きを失いますし、また数回の水拭きによってどんどんワックスが剥がれていってしまいがちですが、プロの使う業務用ワックスは人や物の出入りの多さをもってしても1~2か月間は美しさをキープすることができます。

目的や用途に合わせたワックスを用意

ワックスの種類も目的に応じて、数種類が用意されている場合がほとんどです。
例えば医療施設など目に見えない部分の清潔にも気を遣いたい場合には「抗菌効果の高いワックス」、人や物の移動がとても多く、ハードな使い方をする美容院や飲食店などでは「高耐久性ワックス」、小児科や保育施設、介護施設など体や環境に優しい物を求めたい場合には成分に配慮した「エコワックス」などと目的や用途に応じて使い分けをお願いできるのです。

フロアクリーニングの手順

プロの業者にフロアクリーニングを頼む場合は、1~2か月に1回程度の間隔で定期メンテナンスをお願いするようにしましょう。
ワックスは時間が経てば経つほど汚れていきますし、また汚れを放置するといざ落とそうとしても落とすことがとても難しい状態になってしまいます。
プロのフロアクリーニングでは、以下の手順でフロアクリーニングを行います。
1.掃除機、フロアモップなどを使ってゴミやホコリを除去
2.専用洗剤や薬剤を用いてクリーニング
3.汚水を除去
4.水拭き
5.ワックスの塗布
床の洗浄とワックス塗布のみのメンテナンスに加えて、定期的にワックスの剥離も定期的にお願いしましょう。
汚れたワックスをそのままにしておくことは見た目が悪くなりますし、床を傷める原因にもなるのです。

フロアクリーニングのお値段は?

剥離も込みの依頼ですと、相場としては1平方メートルあたり300円~400円程度ですから、小規模施設であれば概ね1回あたり40,000円程度です。
なお洗浄のみ、洗浄とワックスのみというオーダーの場合はそれぞれ1平方メートル当たりの料金で200円前後の業者が多いです。
くらしのマーケットから信頼できるフロアクリーニング業者を探して、相談してみてはいかがでしょうか。
くらしのマーケットではフロアクリーニングを明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

この記事のキーワード

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る