ディスポーザーの交換費用ってどれくらい?

ディスポーザーが動かない、異音がするといったときは、修理を依頼する必要があります。部品の交換で済む場合もありますが、ディスポーザー自体を交換しなければならないこともあります。それぞれの費用はどれくらいかかるのでしょうか。まずは、故障の原因から見ていきましょう。

ディスポーザーの故障の原因と対処法

ディスポーザーの故障は、経年劣化のほかにも硬いものを入れてしまったり、ゴミを詰め込み過ぎたりと、さまざまな原因があります。

詰まり

ティッシュなどの異物を入れてしまうと詰まりの原因となります。
生ゴミでも繊維質が多いもの(枝豆、トウモロコシの芯など)は粉砕できない可能性があります。
取扱説明書を読んで、ディスポーザーに入れられるものをよく確認しましょう。
また、ゴミをためすぎても詰まってしまいます。
生ゴミが出たら、その都度ディスポーザーのスイッチを入れましょう。
詰まってしまった場合は、シンクに水を張り、市販の真空ポンプを使って吸引します。
もし解決しなければ修理を依頼しましょう。

噛み込み

スプーンや缶のふた、たこ糸などをディスポーザーに入れて作動させてしまうと、回転盤に噛み込んで、動かなくなってしまうことがあります。
特に金属の場合は、回転盤と同じ色をしていると、噛み込んでいることに気づかず、原因を特定するのに時間がかかります。
無理に取ろうとすると傷めてしまうので、ディスポーザー本体を取り外し、丁寧に取り除かなければなりません。
こちらは修理を依頼したほうが賢明です。

水漏れ

水漏れの原因はパッキンの劣化、ネジの締め付け不良などです。
パッキンの交換や、ネジを締め直すことで解消されることが多いです。
通信販売などで購入し、自分で取り付けた場合はこのようなトラブルがまれに起こります。
また、安価なものはもともと不良品だったということもあるので注意しましょう。

ディスポーザーの修理・交換費用はどれくらい?

詰まり、噛み込みなどの場合、修理代金は1万円から1万5,000円くらいが相場です。他に出張費、部品代がかかることもあります。
劣化や破損で修理不可能と判断されたときは、新しいものと交換するか、ディスポーザー自体を廃止して、通常の排水に戻すことができます。
古いディスポーザーを取り外し、配管を復旧させるには1万8,000円前後かかります。
新規の設置工事は、作業代金約2万5,000円とディスポーザー本体の代金が必要です。
部品がない場合は追加の費用がかかります。
マンションではディスポーザーの種類が決まっていることもありますので、よく確認しましょう。

最後に

ディスポーザーは、正しい使い方をしていればあまり壊れることはないといわれています。
しかし、ついうっかり異物を入れてしまったり、ゴミをためすぎたりしてしまうことがあります。
故障かなと思ったら、まずは点検をしてみてください。
修理を依頼するときは、複数の業者から見積りを取り、比較検討しましょう。
くらしのマーケットではディスポーザー修理・交換業者を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る