結婚式の司会ってアナウンサーに依頼することできるの?

結婚式の式を和やかにスムーズに進めるために、最近ではプロの司会の方にお願いする方も多くなってきています。こちらでは実際にプロの司会をお願いするときに気をつけること、メリット、デメリットなどを見ていきます。

結婚式をプロの司会に任せるメリット

まず友人や知人に式の進行をお願いするよりも、プロの司会者に頼んだほうが場慣れしている点からみても安心できます。
段取りの打ち合わせもスムーズにできますし、当日のアクシデントにも臨機応変に対応してくれます。
会場のスタッフとの連携も取りやすいので、時間配分や式の流れを考えた司会構成を考えてくれるでしょう。
また司会を頼んだ友人にはゆっくり料理やお酒を楽しんでもらえなかった、といった心残りもありません。

プロ中のプロ。アナウンサーは呼べるのか?

実際に現役のアナウンサーに結婚式の司会をお願いした、という方はもともと友人であったり、知人の紹介であったりといったプライベートな司会の依頼を引き受けるケースが主です。
原則として局アナウンサーは、その局に依頼されたものか、局に届け出をしたものでないと司会を引き受けてはいけないことになっています。
ただ、フリーのアナウンサーや司会専門タレントであれば、所属事務所を通して正式なお仕事として依頼すれば司会をお願いすることもできます。

結婚式をプロの司会に任せるデメリット

まず、通常より費用がかかる点が挙げられます。
式場専属の司会者でしたら、3万円程度の謝礼で済みますが、ほかの司会派遣の会社から頼んだ場合、10万円超くらいは考えておくことが必要となります。
その他、交通費や諸経費がかかる場合があります。
また準備で忙しい中自分で探さなければいけない、といった雑務仕事も増えてしまいます。

結婚式の司会を頼むときの注意点は

やはり司会者の人柄や相性が自分たちと合うか、といったことも大切でしょう。
そして式の趣向や内容をよく考えてくれるような人物か、式を盛り立ててくれるような存在なのか、など事前打ち合わせのときによく話してみることが良い司会者を選ぶポイントとなります。
また女性であるか、男性であるか、年齢やキャリアなどでも式の雰囲気ガラリと違ってきます。
司会者のイメージや話し方によって式の雰囲気が変わりますので、その点も気にかけておきたい点です。

最後に

式の雰囲気やイメージは、会場や料理の良い悪いだけでなく、司会進行が上手であったかという点もとても重要なことです。
くらしのマーケットではイベント司会を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。
来ていただいたお客様にとてもすてきな式だった、と感じていただけるように式の段取りや内容をよく考えたいものです。

この記事のキーワード

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る