空室クリーニングってどんなことやってくれるの?

空室クリーニングは、その名の通り空室をきれいにしてくれるお掃除サービスです。 しかし、その「きれい」のレベルは、通常の掃除の結果と比べて段違いです。パーフェクトと言っても過言ではありません。

2019.3.18 更新
空室クリーニングできれいになった部屋

どんな時に使うのか

空室クリーニングは自宅のクリーニングではなく、大抵は賃貸不動産のクリーニングとして利用されます。
今は、賃貸不動産が供給過多で溢れている状態ですので、この空室クリーニングは大きな産業になっていることと思います。
昔であれば、空室が出れば専業の大家さんが自分で最低限の掃除を済ませて、次の入居者募集が進められていたかと思いますが、現在は管理会社が主導していますので、クリーニング自体も掃除代行の事業者に委託されることがほとんどです。
また空室クリーニングは、次の入居者を募集するためには絶対におろそかにできないところですので、空室クリーニングの技術や完成度は日々上がっていると思います。
それに伴い、必要となる金額もかなり上がっています。

クリーニングの料金について

よくある金額設定としては、ある一定の広さまでは定額で、それを超える場合は1平方メートルあたりいくらという形です。
そしてそのオプションとして、エアコンクリーニングはいくら、壁紙のクリーニングは1平方メートルあたりいくらなど、様々な設定がなされています。
色々なオプションをつけると、一部屋のクリーニングといっても、結構な金額になることが多くあります。

空室掃除以外にも

また最近は、空室クリーニング事業者と言ってもそれだけをこなすのではなく、何でもできるいわゆる多能工の方がほとんどです。
そのため、空室クリーニングをしてもらう時に家の中の不具合が見つかった際には、その修理を依頼することも可能です。
また、不具合が出ていなくとも、ガス機器や電気機器のメンテナンスをお願いすることもできます。
壁紙の剥がれた部分の補修や、壁紙自体を新しいものに新調してもらうことも可能です。
クリーニング以外に、水回りに気になることがあれば、その修繕もお願いできます。
そういう意味では、クリーニング事業者はリフォーム業そのものを手掛けているところも多いかと思います。
空室クリーニングを利用するのは、ほとんどが賃貸不動産を所有している方、または管理している方だと思いますが、もし自宅リフォーム等をお考えの場合は、ぜひ利用してみてはどうかと思います。
リフォームもクリーニングも満足いく仕事を提供してもらえるものと思います。

  • lineで送る

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る