プロのレンジフード(換気扇)クリーニングって、どんなことをしてくれるの?

レンジフード(換気扇)のお掃除は、分解が大変で内部が見えないということもあって、後回しになってしまいがち。 長い間お掃除をしていない人は、一度、プロにお任せしてみてはいかかでしょうか? 今回は、レンジフードクリーニングをプロに依頼した場合についてご説明いたします。

2019.2.21 更新
レンジフード(換気扇)掃除に手こずる女性

プロに頼むことのメリット

最近では、ネットや本でレンジフード(換気扇)を自分で掃除する方法を簡単に調べることができます。
それならプロに依頼する意味はない、不要なのではという意見もあるでしょう。
しかし、素人の掃除では難しい以下のメリットがあるんです。

・業務用の洗剤を使用して洗浄してくれる
・分解できる部品はすべて外し、自分ではできない奥や隅まですべて洗浄してくれる
・邪魔な油汚れを徹底的に落とすことで、吸引力や回転効率がアップし、電気代の節約になる

いずれも自分では完璧にはできなそうなことばかりですよね。
しかし、換気扇クリーニングのプロであれば、これらのことを短時間で効率よく行ってくれます。

プロのレンジフード(換気扇)クリーニングの手順

では、プロはどのようにしてレンジフード(換気扇)クリーニングを行うのでしょうか。
ここでは、その手順を具体的にご紹介いたします。

レンジフード(換気扇)の分解・取り外し

まず、レンジフード(換気扇)が正常に動くか動作確認し、キッチンの壁やコンロなどの周辺が汚れないようにビニールで丁寧に養生します。
そしてフィルター、ファン、ねじなど取り外しできる部品はすべて取り外し、汚れ具合を確認します。

部品をつけ置き

分解した部品を業務用の洗剤につけ、しばらく放置します。
この業務用の洗剤は家庭用のものよりかなり強力なので、正しく扱わないと危険ですが、プロの手にかかればお手のもの。
強力な分、しっかりと汚れが落ちます。

レンジフード(換気扇)本体の洗浄

部品を洗剤につけている間にレンジフード(換気扇)本体の洗浄をします。
こちらもプロ専用の洗剤で隅々まできれいにします。
汚れが溜まりやすく、掃除のしにくい隅や奥の方まで細いブラシを使って徹底的に洗浄してくれます。

つけ置きした部品の洗浄

ここで、先ほど洗剤につけて放置していた部品の登場です。
つけ置きだけでもかなりの汚れが落ちるので、使った液が茶色く変色しているはずです。
そして部品をブラシでこすり、こびりついた油汚れを根こそぎ落とします。

部品を取り付けて終了!

取り外した部品は丁寧に水気を拭き取ったあと、元通りに組み立てていきます。
そしてレンジフード(換気扇)が正常に作動するかの確認をし、ビニールの養生を撤去し、クリーニングの終了です。

最後に

このようにプロにクリーニングを依頼すると、レンジフード(換気扇)が見違えるほどきれいになるはずです。
レンジフードのクリーニング後にお掃除の仕方のコツをアドバイスしてくれるプロも。
プロの助言が聞ければ、今後は清潔な状態を維持できそうですね。
くらしのマーケットでは、プロのレンジフードクリーニングを料金と口コミで比較することができますので、ぜひ検討してみてください。

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る