メニュー

ピアノ運送はどこに頼む?費用相場と安くする3つのコツ

2022.11.22 更新
  • lineで送る

ピアノ運送はピアノ運送専門事業者か引越し事業者に依頼します。ピアノ運送を依頼する前に補償の有無や調律なども頼めるか確認しましょう。ピアノ運送の費用相場は3万円〜3.8万円です。費用は運ぶ距離やピアノの種類、作業の難易度によって変わります。

ピアノ運送 どこに頼む?

目次

  1. 1)ピアノ運送はどこに頼める?
  2.  ピアノだけ運送:ピアノ専門の運送事業者に依頼
  3.  引越しでピアノを運送:ピアノ運送OKの引越事業者に依頼
  4. 2)ピアノ運送の費用相場
  5.  ピアノ運送で追加料金が発生する例
  6. 3)ピアノ運送料金を安くする3つのコツ
  7.  ①自宅や運搬先に近い事業者を選ぶ
  8.  ②事業者は3社以上を比較する
  9.  ③追加される可能性のある項目は予め確認しておく
  10. 4)ピアノ運送を依頼する前に確認すべき4つのポイント
  11.  ①ピアノ運送時の補償の有無
  12.  ②ピアノ運送と一緒に調律やクリーニングが頼めるか
  13.  ③ピアノ運送で女性のスタッフが同伴できるか
  14.  ④ピアノ運送時の雨対策はどのようにしているか

1)ピアノ運送はどこに頼める?

ピアノ

ピアノは繊細な楽器です。移動に気をつかうため、専門知識のあるピアノ運送の経験が豊富な事業者を見つけましょう。

ピアノ運送は運送の理由によって依頼先が変わります。

ピアノだけ運送:ピアノ専門の運送事業者に依頼

ピアノ輸送

実家から現在の住まいにピアノを移動する場合など、ピアノを単体で運びたい場合はピアノ専門の運送事業者に依頼するといいでしょう。

ピアノに詳しいスタッフが運ぶため、大事なピアノを安心して任せられます。

また、運送と一緒にクリーニングや調律を頼めるので、移動後すぐに弾くことができます。


引越しでピアノを運送:ピアノ運送OKの引越事業者に依頼

引越しのため、他の荷物と併せてピアノを運ぶ場合は、引越事業者に相談するのがおすすめです。

日程の調整も大変なので、荷物とピアノの運送を同じ事業者に頼めればスムーズに転居できます

事業者によっては、外部にピアノ運送を委託していることもありますが、別々に頼むより価格が抑えられる場合もあり、手間もかかりません。


2)ピアノ運送の費用相場

料金の相場

ピアノ運送の費用は、おもに運ぶ距離やピアノの種類、作業の難易度によって決まります。

ピアノ運送の基本料金は、一般的には移動距離によって決まることが多いです。50km圏内、東京都23区内など、距離や県ごとに料金が分かれています。

相場料金
ピアノ1台3万円〜3.8万円

※2022年6月時点の費用相場です


ピアノ運送で追加料金が発生する例

事業者によっては上記の運送料金に加えて、部屋の階数や作業の難しさに応じて追加料金が必要になる場合もあります。

2階以上の部屋でエレベーターや階段が使えない、家の近くに車が停められないなど現地の状況によって異なるので、事前に詳細を伝えておくとスムーズです。

追加料金の例

  • 階段での上げ下げ:10段ごとなど段数で加算される場合もあり
  • クレーン車の使用:階段やエレベーターの使用が出来ない2階以上の部屋の場合
  • 一時保管:引越しですぐに運び込めないときに保管(7日間は無料などの場合もあり)
  • クリーニング・調律:設置当日ではなく、後日調律する場合もあり


3)ピアノ運送の費用を安くする3つのコツ

運送事業者

ピアノ運送の費用をできるだけ安くするコツが3つあります。少しの手間で安くなるなら実践してみませんか?

①自宅や運搬先に近い事業者を選ぶ

事業者によっては、出張費がかかる場合があります。できるだけ自宅や運搬先に近い事業者を選ぶと追加料金がかからずに安心です。


②事業者は3社以上を比較する

ピアノ運送事業者は、最低でも3社以上の実績・サービス内容・料金・口コミ評価を確認しましょう。
3社以上を確認すると、おおよそのサービスや料金の相場がわかり、予算を立てられます。口コミ評価で対応も比較すると「良さそうな雰囲気」の事業者が見つかります。

くらしのマーケットは、ピアノの運送を依頼できる事業者が多数出店しており、自宅近くの事業者の料金やサービス内容、口コミ件数が一覧で比較できます。
不明な点がある場合は、予約前に担当者へ直接メッセージを送ることもできます。
万が一のときはくらしのマーケット独自の損害賠償補償制度があるので安心です。


③追加費用は予め確認しておく

ピアノ運送で追加料金が発生する例をチェックし、費用が追加される可能性がある項目を確認しておきましょう。
また、見積もり依頼をする時に説明できるようにしておくと良いでしょう。
当日に「見積もりよりも費用がかかった」を阻止できます。

4)ピアノ運送を依頼する前に確認すべき4つのポイント

ピアノ運搬

ピアノ運送を依頼するときには、必ず見積りしてもらいましょう。
見積りでは、金額だけでなく以下のことも確認しておくと、トラブルを避けられます。

①ピアノ運送時の補償の有無

「運送中に破損した」「事故が起きた」と万が一の場合に、補償してもらえるのかを確認しておくのは大切です。

搬入後しばらくしてから不具合を見つける場合もあるので、どれくらいの期間の補償がされるかも確認しておきましょう。

②ピアノ運送と一緒に調律やクリーニングが頼めるか

定期的に調律をして音を整える繊細なピアノは、ちょっとした環境の変化で音が変わってしまいます。

運送後には調律が必要になるので、運送と一緒に頼めると移動から調律までスムーズに済ませられます。

③ピアノ運送で女性のスタッフが同伴できるか

女性の一人暮らしなどでは、運送のスタッフに女性がいると安心できるものです。
見積りを依頼するときに、女性スタッフの同伴をお願いしたい旨を伝えておくといいでしょう。

④ピアノ運送時の雨対策はどのようにしているか

湿気に弱いピアノは、できるだけ天気の良い日に運びたいですが、天気によってスケジュールを変えるのはなかなか難しいものです。

雨の日はカバーを掛けるなどの雨対策があるかどうかを確認しておきましょう。

まとめ

ピアノ運送はどこに頼めばいいですか?
ピアノだけ運送する場合はピアノ専門の運送会社に依頼をします。
引越しでピアノを運送する場合は引越し事業者に依頼をしましょう。

ピアノ運送の費用相場はいくらですか?
ピアノ運送の費用相場は3万円〜3.8万円です。費用は運ぶ距離やピアノの種類、作業の難易度によって変わります。


著者の写真

ライター:池浜 由華
くらしの「コツ」を見つけるのが趣味。築30年以上のわが家には、住まいの悩みがたくさん。修理、リフォームを繰り返して、快適なくらしをめざしてます。


くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「値段」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

はじめての方へ

くらしのマーケットとは?