メニュー

お風呂のドアガラスや樹脂パネルが割れた時の応急処置と交換費用の目安

2022.6.15 更新
  • lineで送る

お風呂のドアにはガラスや樹脂パネルがはめ込まれていることが多く、衝撃で割れてしまうことがあります。今回はそんな事態になった方向けに、割れた部分の応急処置の方法を解説します。交換費用の目安も紹介しますので、安全に元の状態に戻したい方はぜひ参考にしてください。

ドアガラスが割れている

目次

  1. 1)まずは安全第一で応急処置!特にガラスの場合は注意
  2. 2)お風呂のドアのガラスが割れた場合の応急処置の方法
  3.  2-1)床や浴室内に散らばったガラス破片を取る
  4.  2-2)掃除機で念入りに細かな破片を取る
  5.  2-3)水拭きをする
  6.  2-4)養生テープでヒビのある部分を補強
  7.  2-5)ガラスの両サイドにプラダンを貼る
  8. 3)お風呂のドアの樹脂パネルが割れた場合の応急処置の方法
  9. 4)割れたガラスや樹脂パネルの交換費用
  10. 5)お風呂のドアのトラブルはプロに依頼しよう!
著者の写真

ライター:KIKUCHI
フリーランスのWEBライター。“できることは自分でやってみる”をモットーに、料理や掃除など暮らしに関わる全般から、モノづくりのDIYまで何でもチャレンジ。これまで得てきたノウハウやコツをシェアすることで、皆さんのお役に立ちたいと思っています。

1)まずは安全第一で応急処置!特にガラスの場合は注意

お風呂のドアには「ガラス」もしくは「ガラス風の樹脂パネル」が採用されていることがほとんどです。

特にガラスの場合は自分で交換することは難しいためプロに依頼することが多くなりますが、連絡してもすぐに対応してくれるとは限りません。

そのまま放置しておくと思わぬ怪我につながる恐れもありますので、まずはできる範囲で応急処置を行いましょう。

割れたのがガラスか樹脂パネルか判別する方法はこちらの記事でご確認ください。

浴室のドアガラスやパネルの種類を紹介!交換方法も分かりやすく解説

2)お風呂のドアのガラスが割れた場合の応急処置の方法

まずは安全に応急処置ができるように以下の道具を準備しましょう。

【準備するもの】

  • 厚手の軍手
  • スリッパもしくは室内用のシューズ
  • ホウキ
  • ちりとり
  • 掃除機
  • 新聞紙
  • 段ボール(箱型)
  • プラダン(プラスチック製段ボール)
  • 養生テープ

作業するときの服装は、ケガをしにくい長袖長ズボンの着用をおすすめします。特に手は一番ケガをしやすいので、素手ではなく必ず厚手の軍手を使用するようにしましょう。普通の軍手しかない場合は二枚重ねにすると安心です。

2-1)床や浴室内に散らばったガラス破片を取る

ほうきとちりとり

まずは床や浴室内に散らばった大き目のガラス破片をホウキとちりとりを使って取りましょう。

取り除いたガラス破片は用意した段ボールに入れます。大きな破片に関しては新聞紙で包むとゴミ出しの時の手間が少なくなります。

2-2)掃除機で念入りに細かな破片を取る

ホウキとちりとりで掃除した後は、掃除機でより細かなガラス破片を取り除きます。

ポイント

掃除機が壊れることを防ぐため、ストッキングなどで吸い込み口を覆ってから使用すると良いでしょう。

2-3)水拭きをする

お風呂の床

掃除機でも吸い込めなかった細かなガラス破片を雑巾や濡らした新聞紙などで水拭きして取り除きましょう。ちなみに浴室内は最後に水で床を流すことで細かなガラスも取り除くことができます。

2-4)養生テープでヒビのある部分を補強

掃除が終わったら養生テープでお風呂場のドアガラスのヒビ部分を補強します。

ポイント

両側からヒビにそって貼るのがコツです

ちなみに養生テープは紙テープなどよりも剥がしやすく、ガラス交換するときにも手間になりませんのでおすすめです。

2-5)ガラスの両サイドにプラダンを貼る

アクリル板

プラダンとはプラスチック製段ボールのことで、ホームセンターなどで購入できます。

プラダンは紙製の段ボールと比べて水や衝撃に強く、お風呂場のガラス破損の応急処置に適していますので、割れたガラス一面を覆うように両サイドから貼り付けましょう。

ここまで処置すればお風呂場を使用することも可能です。ただし、ドアの開閉は優しく行い、なるべくドアに水がかからないようにしましょう。

3)お風呂のドアの樹脂パネルが割れた場合の応急処置の方法

お風呂のドアが樹脂パネルの場合も、前述したガラスと同じように応急処置を行えば問題ありません。

DIYなどに慣れている方の場合は、応急処置せずにそのまま自分で割れた部分の樹脂パネルを交換することも可能です

交換方法をわかりやすく記載したこちらの記事でご確認ください。

浴室のドアガラスやパネルの種類を紹介!交換方法も分かりやすく解説

4)割れたガラスや樹脂パネルの交換費用

割れたガラスや樹脂パネルの交換費用はどのような規模の作業と対応になるかによって異なります。一般的に費用の安い順に並べると次のようになります。

【費用の安い順番】

  • 割れたガラスや樹脂パネル部分だけを交換
  • ドアごと交換
  • カバー工法で対応
  • ドア枠ごと交換で対応

4-1)割れたガラスや樹脂パネル部分だけを交換

一番費用がかからないのが割れたガラスや樹脂パネルの部分だけを交換する方法です。

プロに依頼した場合、事業者や素材にもよりますが、樹脂パネルだと約17,000円~、ガラスの場合は約15,000円~が目安になります。

ただし、交換する箇所の面積やガラスの種類などによって異なりますので、まず見積りを依頼するのがおすすめです。


4-2)ドアごと交換

お風呂のドア

破損具合やドアの種類などによってはドアごと交換しなければならない場合もあります。この場合の目安は50,000円~70,000円程度です。

どんな種類のドアなのかによって異なりますので、こちらも見積りを依頼すると良いでしょう。


4-3)カバー工法で対応

ドア自体が既に製造中止や廃番などの場合はカバー工法という方法で対応することもあります。

カバー工法とは?

既存のドア枠に被せるように新しいドア枠を取り付けて、ドアを設置する工法です

この場合の費用は70,000円~程度が目安になります。


4-4)ドア枠ごと交換で対応

先ほどのカバー工法ではなく、ドア枠ごと取り外してドア枠とドアを新しく交換する場合もあります。

カバー工法は開口部が元の大きさよりも一回り小さくなってしまいますが、ドア枠ごとの交換であればそれを防ぐことが可能です。

ただし費用の目安は100,000円~と高くなりますので、予算に余裕がある方は検討すると良いでしょう。


5)お風呂のドアのトラブルはプロに依頼しよう!

費用を計算

今回はお風呂のドアが割れたときの応急処置の方法や交換費用について解説しました。

確実な施工でより長く安心して使用したい方は、豊富なノウハウを持つプロに依頼するのがおすすめです。

浴室ドアガラス・パネル交換の費用相場

サイズ相場料金
横40×縦90cm未満10,000円〜18,000円
横40×縦180cm未満12,000円〜21,000円
横90×縦180cm未満20,000円〜30,000円

うっかりドアガラスを割ってしまった、ぶつけてヒビが入ってしまった時は、プロに依頼してきれいに直してもらいましょう。


くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「値段」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る
はじめての方へ
くらしのマーケットとは?