雨漏りの応急処置 まずは水を受けて被害を最小限にすることが重要

天井の雨漏りの本格的な修理を自分ですることは難いものです。しかし、雨漏りで滴っている水は放置できません。できることをしておかないと、床や家具、電気製品に被害が広がり、費用がかさむ結果となります。被害を最小限に食い止めるべく、できる対策をしましょう。

2019.12.26 更新
雨漏りしている天井

目次

  1. 1)雨が降っているときの応急処置
  2.  1-1)天井からの水を受ける
  3.  1-2)屋根裏に入れる場合
  4. 2)雨があがってからの応急処置
  5.  2-1)防水テープ
  6.  2-2)コーキング
  7.  2-3)ブルーシート
  8. 3)まとめ

1)雨が降っているときの応急処置

天井から水が滴る場合も、天井にシミが表れている場合も、天井裏や壁の中に、かなり水が溜まっている場合がほとんどです。放置せず、必ず専門の事業者に依頼して修理しましょう。

雨がまだ降っている状況で、専門の事業者が修理に来るまでにできる応急処置をご紹介します。

1-1)天井からの水を受ける

床に置かれたバケツ

バケツや洗い桶などで、水を受けて床や畳に水がしみこむのを防ぎましょう。
高い位置から落ちる水滴ですので、バケツに入ってからの水はねがあります。水はねを防ぐために、最初はバケツの中に雑巾かタオルを一枚入れておきます。

また、床や家具を守るために、バケツの周りにレジャーシートやブルーシート、タオルなどを敷きましょう。

・天井の水をバケツに誘導する方法

天井の水が滴ってきている元の部分を、受けるようにゴミ袋を養生テープか押しピンで天井にとめつけます。ゴミ袋の一番低い部分に小さな穴をあけ、紐をつなげ、その紐を伝わせて、バケツに水を誘導する方法もあります。

1-2)屋根裏に入れる場合

雨漏りの位置を確認し、天井裏にバケツを置き水を受けます。水濡れが天井や壁に広がり、広範囲に修理しなくてはならなくなるのを防ぐためです。

天井裏に、水が溜まっている場合は、雑巾や吸水シートで水を吸い取ります。紙おむつや、ペット用のトイレシートもよく水を吸いますので使えます。できるだけ水を除去し天井や壁にしみ込むのを防ぎましょう。

また、雨漏りしている場所を確認しておくと、後日の修理の際に場所の特定の手間が省けます。

2)雨があがってからの応急処置

つぎに、雨が上がってからできる雨漏りの応急処置をご紹介します。

2-1)防水テープ

サッシの隙間からの、雨漏り対策や外壁と屋根の隙間をふさぐために使えます。雨が上がって乾いた後に、修理箇所のほこりや油分を除去し貼り付けます。貼るときはしわにならないように気を付けましょう。

アルミの防水テープを貼る場合には、釘やネジなどの尖ったものがあると穴が開きますので、あらかじめ確認し、取り除いてから貼りましょう。
貼りっぱなしで効果が持続するものではありませんので、適時張り替えるか、事業者に修理を依頼する必要があります。

●ニトムズ 気密・防水クロステープ 片面粘着 KZ-7 50mm×20m G0010

滑らかな面でなくても接着可能。

2-2)コーキング

コーキングをする様子

コーキング材は、屋上や外壁の、亀裂からの雨漏りの場合に、隙間に埋め込みます。 思わぬ雨漏りだけではなく、経年劣化の亀裂の修理にも使えます。亀裂に気が付いたら、雨漏りに発展する前に早めに修理しておくと、トラブルを回避できます。

●セメダイン 外壁・屋根用 油性コーキング材 ポリコーク 500ml NEOパック グレー SY-057

サッシ回り、外壁と屋根の接合部やモルタルのひび割れに使えます。

2-3)ブルーシート

屋根の損壊や雨漏り時に屋根を覆うために使われるシートです。

雨が降っている時に屋根にのぼるのは危険です。雨が降っている間は、室内対策を行い、雨がやんでから屋根に掛けます。自分で行うのは危険ですので、できれば事業者に依頼してシートを張ってもらいましょう。

【ブルーシート掛けは事業者に依頼するほうがよい理由】

高所での作業になりますので慣れない作業は危険を伴います。
また、土嚢袋のおもりの置き方やかけ方に不備がある場合、屋根にダメージを与える可能性がありますので、事業者に依頼する方が良いでしょう。

【ブルーシートを自分でかける場合】

必ず2人以上で作業します。シートは大きいため一人での作業は危険です。
一人で作業しないよう、くれぐれもご注意ください。屋根は滑りやすく、ブルーシートの上はさらに滑る可能性が高いので十分な注意が必要です。

●アイリスオーヤマ シルバーシート #4000 厚手 遮光ネット ブルーシート 防水 UVシート 紫外線カット 3.6m×5.4m ハトメ数20

色はブルー以外もあり。大きさは各種あり、最大10m四方。

3)まとめ

雨漏りを放置すると、雨が降る度に漏り、湿気がたまり、家自体の耐久性にもかかわってきます。雨漏りに気が付いたら、応急処置をして、できるだけ早く、本格的な修理をしましょう。

台風や大雨などの自然災害の雨漏りは、火災保険が適用される場合もあります。保険をかけている場合は保険会社に問い合わせしてくださいね。

1日も早く雨漏りをどうにかしたいと思っても、納得のいかない料金や仕上がりでがっかりすることは避けたいものですよね。

くらしのマーケットでは、修理や片付けのプロを、作業内容や料金、実際に利用した人の口コミを比較しながら探して予約することができます。

大事なお家、安心できる事業者に修理や片付けをくらしのマーケットで探して予約しませんか?


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

この記事のキーワード

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る