草むしりのコツやおすすめの道具教えて!

草むしりはできるだけ効率よくすませたいものです。ここでは草むしりを始める前の準備、効率よく作業を進めるコツ、おすすめの道具を紹介しています。

草むしりを始める前に

草むしりに必要なものを準備しましょう。

手袋

素手で草むしりをすると手を傷付ける恐れがありますので手袋を付けるようにしましょう。
ガーデニング用の手袋があれば、より草むしりがしやすくなるでしょう。

大きめのゴミ袋

草は意外とかさばります。大きめのゴミ袋がよいでしょう。
草を捨てるときは、必ずお住いの地域のゴミの区分に従って出すようにしましょう。

帽子

熱中症対策、日焼け予防のために帽子をかぶるようにしましょう。

タオル

草むしり作業中の汗拭きの他にも、首に巻いておくと熱中症対策、日焼け予防にもなります。

草むしりを効率よく作業を進めるコツ

草むしりのコツをつかんで効率よく作業をすすめましょう。

道具を使用する

草むしりの場所に合った道具を使用することで効率よく草むしりができます。

草むしりに適した服装

ケガや虫刺されを防ぐためには長袖、長ズボンがよいでしょう。
屋外の作業なので汚れてもよい動きやすい服装にしましょう。
草むしりは手を使うので袖が広がっていると作業がやりにくいかもしれません。
また、草むしりは長時間かがむことも多いので足を圧迫しない長ズボンがおすすめです。

草むしりは土に湿り気がある状態で

土に湿り気がある状態で行うと草むしりがしやすいです。
梅雨が明けた直後は根を広げないうちに草を抜くことができるので、草むしりに最適です。
そうでなければ草むしりの前に水をまくのもよいでしょう。

虫よけ対策

草むしりをしていると虫がでてくることがよくあります。
虫よけスプレーや蚊取り線香などの虫よけ対策をしておくとよいでしょう。

草むしりにおすすめの道具

草むしりにおすすめの道具を4つ紹介します。

カマ

手で抜くと草の根が土に残ったままになってしまうことがよくあります。
カマを使用することで細かい草の根も楽に抜けるので効率よく草むしりができます。

草取りヅメ

大切に育てている植物付近の草を抜くのにおすすめです。
ツメで草の根をほぐしながら抜くことができるので、大切な植物を傷付けることなく草むしりができます。

熊手

草むしりで意外と大変なのが抜いた草を集める作業です。
普通の掃除道具でも草を集めることはできますが、効率よく草を集めたいのであれば熊手が便利です。広い場所には長い柄のものがおすすめです。

小さなイス

風呂イスぐらいのサイズのイスがあれば腰が痛くなりにくいです。
広い場所の草むしり、腰痛の持病がある人は車輪と背もたれがついた農業用のイスがおすすめです。
農業用のイスは道具の収納にも便利です。

プロの手を借りる場合

・仕事や子育てなどで忙しく、草むしりにさく時間がなかなかとれない。
・炎天下の草むしりは体調面などで不安がある。
そんなときは思い切ってプロの手を借りてみるという手段もあります。
ただプロの手を借りる場合、信頼できる業者かどうかが非常に大切になります。
事前に口コミなどをチェックしておくとよいでしょう。

くらしのマーケットでは草むしりを明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る