七五三のお祝い・内祝い|喜ばれるプレゼントや金額の相場は?

子供の成長を祝う七五三。お祝いの金の相場やオススメのプレゼント、お祝いを贈る側と受け取る側それぞれ気をつけたいマナーを紹介します。

2021.10.14 更新
七五三

子供の健やかな成長と幸福を祈願する行事、「七五三」。
孫や親戚の子供が七五三を迎えたら、お祝いの気持ちを形に変えて、何か贈り物をしてあげたいですよね。

しかし、「お祝い金の相場や、何を贈るべきか分からない…」という場合もあると思います。
今回はお祝いを贈る側のお祝い金の相場やマナー、お祝いを受け取る側の内祝いの相場やマナーを詳しく紹介します。

目次

  1. 1)七五三のお祝いをするタイミング
  2. 2)【贈る側】お祝い金の相場やマナー
  3.  2-1)お祝い金の相場は?
  4.  2-2)ご祝儀袋の書き方・マナー
  5.  2-3)オススメのプレゼントは?
  6.  3-3)贈ってはいけないものは?
  7. 3)【贈られる側】内祝いの相場やマナー
  8.  3-1)内祝いの相場・返す時期は?
  9.  3-2)オススメの内祝いは?
  10.  3-3)贈ってはいけないものは?
  11. 4)七五三・関連記事
著者の写真

ライター:三橋未帆
家事歴10年以上。双子育児中なので何事も出来るだけ時短で済ませたい派だが、掃除を一度やり始めると止まらなくなる。

1)七五三のお祝いをするタイミング

七五三のお参り

七五三は、男の子は3歳・5歳、女の子は3歳・7歳の11月15日に、氏神様(近所の神社)に家族そろってお参りをする行事です。

近年では11月15日前後の、家族の都合の良い土日祝日にお参りやお祝いをする方も多いため、お祝いを贈る場合は七五三の準備で忙しいパパママに配慮して、 10月中旬~11月15日前までに贈りましょう。

2)【贈る側】お祝い金の相場やマナー

プレゼントを贈る側が注意しておきたいお祝いのマナーや、喜ばれるオススメのプレゼントを紹介します。

2-1)お祝い金の相場は?

お祝い金の相場は、七五三を迎える子供との関係性によって変わってきます。

子供との関係性 お祝い金の相場
祖父母から孫に贈る場合 10,000円〜数万円
甥や姪など親戚の子供に贈る場合 5,000円〜10,000円
両親の友人・知人の子供に贈る場合 3,000円〜5,000円

七五三は家族でお祝いをする行事のため、親戚の子供や友人の子供に必ずお祝いを贈らなければならないという訳ではありません。

ご祝儀を渡す事でお返しなど、かえって相手に負担をかけてしまう可能性もあるため、七五三を迎える子供やパパママとの関係性を考慮し、ご祝儀を渡す場合は負担に思われない程度の金額を包むようにしましょう。

おめでとうの気持ちを伝えるだけでも十分ですが、どうしても渡したいときは子供向けのお菓子やおもちゃを贈ると、パパママも受け取りやすいです。

2-2)ご祝儀袋の書き方・マナー

ご祝儀袋

七五三でご祝儀を渡す際は、「のし」のついたご祝儀袋に入れて渡します。

のしの選び方

水引きは「紅白」の「蝶結び」のものを使いましょう。
「蝶結び」は何度あってもよい出来事の時に使うのし袋で、七五三や慶事の際に好んで使われます。

表書きの書き方

書く際に使用するのは、濃い墨の筆ペンか毛筆です。
表書きの上段には「祝七五三」または「七五三御祝」と書くと全年齢に使うことができます。

更に丁寧にする場合は、七五三の各年齢の由来に基づいて表記します。詳しくは下の表を参照ください。

年齢 表書き
3歳の男女 賀御髪置・御髪置御祝(おんかみおきをがす)
5歳の男の子 賀御袴着・御袴着御祝(おんはかまぎをがす)
7歳の女の子 賀御帯解・御帯解御祝(おんおびときをがす)
全年齢の男女 祝七五三 / 七五三御祝

表書きの下段には送り主の氏名を記入します。

内袋の書き方

内袋の表面中央に、漢数字で金額を書きます。
記載する金額は、「大字(だいじ)」と呼ばれる古くから伝わる漢数字を使うのがマナー。 数字だけではなく「円」は「圓」と書くこともあります。

【七五三で使うことが多い旧漢字】

1:壱、2:弐、3:参、5:伍、7:七、8:八、10:拾
千:阡、万:萬、円:圓(円でも可)

(例)
1万円・・・壱萬円 / 壱萬圓
5千円・・・伍阡円 / 伍仟円 / 伍阡圓 / 伍仟圓

内袋の裏面は、左下に送り主の住所と氏名を記入します。

兄弟・姉妹の七五三のタイミングが同じ場合、ご祝儀はまとめずに別々に包んで渡すようにしましょう。

2-3)オススメのプレゼントは?

プレゼント

七五三のお祝いでは、ご祝儀の代わりにプレゼントを渡すこともあります。
かつては祖父母は晴れ着を贈るしきたりがありましたが、現在は決まりはありません。

もし子供が七五三当日に着る晴れ着や、衣装の小道具を贈りたい場合は、レンタルで済ます人も多いため事前に親に確認しておいた方がいいでしょう。

プレゼントを選ぶ場合は、子供の喜ぶおもちゃや文房具など、子供の成長に合わせてこれから使えるものを選ぶのがオススメです。事前に子供の親に希望を聞き、好みを把握しておくと良いでしょう。

また、七五三の当日はお参りに行った後に、親戚を招いて食事会を開く場合も多いです。
しかし、まだ子供が小さい場合はレストランを予約しても、なかなか落ち着いて食事ができなかったり、親戚に身体が不自由な方や高齢の方がいる場合、皆で揃って外食ができない…という場合もありますよね。

そんな場合にオススメの、出張シェフのサービスをプレゼントするのはいかがでしょうか?
自宅にシェフを呼べれば、子供が騒いでも、泣いても周りを気にする必要がなく、安心して食事を楽しむ事ができます。

食事会

3-3)贈ってはいけないものは?

七五三にプレゼントとして贈るのはタブーとされているものがあります。

  • 「縁がこわれる」、「縁が切れる」ことを連想させるワレモノや刃物
  • 「手切れや別れ」を連想させるハンカチ
  • お葬式の香典返しのイメージが強い日本茶

また、不吉とされる数字を避けることも大切です。

  • 「死」を連想させる「4」
  • 「無」を連想させる「6」
  • 「苦」を連想させる「9」

これらの数字を含む4,000円、6,000円、9,000円のご祝儀は渡さないようにしましょう。

3)【贈られる側】内祝いの相場やマナー

次に、お祝いを贈られる側であるパパママの七五三のお祝いマナーを紹介します。

3-1)内祝いの相場・返す時期は?

七五三のお祝いをいただいたら、お返し(内祝い)をするのがオススメです。

昔は「千歳飴」を送るのが一般的でしたが、最近は祖父母や親戚へのお返しは、食事会に招待することが多く、お参りの後に一緒に行ったり後日改めて食事会のみを開く場合もあります。

食事会を開けない場合や、品物でお返しをする場合は、頂いたお祝い金の1/2~1/3程度を目安にしてお返しをします。受け取った金額以上のものをお返しするのは失礼にあたるため避けましょう。

内祝いを贈る時期は七五三当日から1〜2週間以内、遅くとも1ヶ月以内が目安です。

3-2)オススメの内祝いは?

七五三の子供

最近では七五三の内祝い専用のギフト商品も多く販売されており、子供の名前が入れられるものもあります。
スイーツや和菓子などの食品、お酒、日用品など、内祝いを贈る相手の好みに合いそうなものを選ぶと良いでしょう。贈る相手の好みが分からない場合は、欲しいものを選べるカタログギフトもオススメです。

品物を贈る際は、子供の成長が分かる写真や、七五三の時に撮った写真、メッセージを添えて贈ると喜ばれますよ。

3-3)贈ってはいけないものは?

内祝いにも、贈るのはタブーとされているものがあります。

  • 「縁がこわれる」、「縁が切れる」ことを連想させるワレモノや刃物
  • 「手切れや別れ」を連想させるハンカチ
  • お葬式の香典返しのイメージが強い日本茶

また、商品券やギフトカード、図書カードなどはお返しの金額が分かってしまうため、避けた方が良いでしょう。

4)七五三・関連記事

今回は七五三のお祝いについて贈る側、贈られる側に分けて詳しく紹介しました。
その他にも七五三に関しての記事を紹介してますので、是非参考にしてみてくださいね。

▼七五三当日、神社での初穂料について

ご祝儀

▼七五三での子供・親の服装について

晴れ着

くらしのマーケットでは、出張撮影やカメラマン、出張着付け、出張シェフなど様々なサービスを提供するプロの事業者が多数登録しています。

料金や作業内容が明確な上に、口コミや人柄など様々な軸で自分の好きな事業者を選ぶことができます。

くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「相場」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る