浴室の換気扇を交換したいんだけど、どんなものがあるの?

浴室の換気扇が動かない、換気が弱いという場合は交換の必要があります。交換は工程が複雑な上に、電源の接続に資格が必要になるので、自分では行わず必ず専門のプロへ依頼してください。今回は浴室環境ごとに取り付けられる機種についてご説明します。

2020.4.21 更新
浴室の換気扇

浴室環境による取り付け可能な機種とは

浴室の環境によって、取り付けできる換気扇は異なるため、以下でご説明します。

天井に換気扇や暖房機がある浴室

マンションやアパートなどにこのタイプが多いですが、天井に換気扇や暖房機が設置されている浴室では、天井式の浴室換気乾燥暖房機の取り付けが可能です。
天井にある換気扇を外して通気穴を使い、新しいものに付け替えます。
このタイプを設置するには、点検口があるかどうかを確認してみてください。
ここから作業をして、天井や床下などの配線・配管をチェックします。
押し上げると開くような蓋みたいになっていて、一般的に40cm四方くらいのサイズをしています。

壁に換気扇や暖房機がある浴室

一軒家に多いですが、壁に換気扇や暖房機が設置されている浴室では、壁式の浴室換気乾燥暖房機の取り付けが可能です。
壁式の場合、屋外にあるコンセントから浴室まで伸ばしているケースが多いため、それを利用して新しい換気扇を繋ぎ、取り付けを行います。
換気扇や暖房機のまわりに取り付けスペースがあるかどうか、確認をしてください。
高さ303mm×幅536mm(プラス数cmずつ)あれば問題ありません。

壁に換気口がある浴室

こちらも一軒家に多いタイプかもしれませんが、壁に換気口が設置されている浴室では、壁式の浴室換気乾燥暖房機の取り付けが可能です。
換気口のサイズをチェックしてください。
丸穴→直径100mm~250mm
角穴→100mm×100mm~250mm×480mm
このタイプでは、換気口に配線が伸びていないため、配線工事が必須になります。

何も付いていない浴室

換気扇や換気口など、何もついていない浴室でも、取り付けは可能です。
この場合には、涼風暖房機といって、換気や乾燥はできませんが、涼風と暖房の機能をもった機種を置くことができます。

最後に

浴室環境による取り付け可能な機種についてご説明しました。
上記に挙げた4つ目以外は、どれも契約アンペア数が30A以上であることが条件になります。
設置するために十分なスペースがあって、照明など近くに障害物がないことも前提です。
依頼する前には、一度チェックしてみてください。
また、上記のような取り付けサービスは、くらしのマーケットから依頼することができます。
くらしのマーケットでは浴室換気扇の交換・取り付けを明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。
良かったら、利用してみてください。

  • lineで送る

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る