窓シャッターの取り付けってDIYでできるの?

雨や暴風から窓を守るために窓シャッターを取り付けることを検討している方も多いとか。シャッターの種類や取り付け方法はどうなっているのでしょうか?

窓シャッターとは?

一般的にアルミやスチールの羽根を上下させ開閉するものです。
羽根それぞれを支えるガイドレール、羽根を収納するためのシャッターケースなどのパーツからできています。
単体のほか、シャッター付窓サッシとさまざまな商品が取り揃えられています。

シャッターの種類とは

羽根の機能によって、3つに分けることができます。
・羽根を完全に閉めたときに窓を覆う:クローズタイプ
・羽根の間に小さな穴があり、通風や採光もできる:スリットタイプ
スリットタイプは、シャッターを閉めた状態でも風や光を取り込めるのが特徴です。
スリットタイプの穴は部分的に入れることもできます。
・羽根を開閉することで通風や採光が調整出来る:ブラインドタイプ
ブラインドタイプは、羽根の角度を調整して風や光を取り込めるので、さまざまな用途に合わせて使用することが可能です。

操作方法に違いも!

・フック棒や手などで開閉する手動式
・スイッチやリモコンを使用する電動式

小窓用のシャッター、リフォーム用の後付けタイプ

広い開口部に対応したものや小窓に対応したもの、窓を開閉せずに室内から操作できる手動タイプがあります。
また、太陽光発電できるソーラーパネルがついて開閉を行う省エネタイプや網戸が内蔵されているものなどもみられます。
他にも、手動式から電動式への交換や既存のサッシに取り付けが簡単にできるリフォーム商品もあります。
外壁に設置スペースがあれば、雨戸のないサッシに取り付けることができるものです。

外観やデザインは?

デザインとしては、シャッターのケース部分がスリムになり外観に馴染むような風合いのものもみられます。
いくつかのデザイン、色のバリエーションがあるので、イメージに合わせて選ぶことができるでしょう。

実際に取り付けるには?

窓シャッターを自分で取り付ける喜びを感じてみたいという方は年々増えてきています。
きちんと取り付けるためには、やはりプロの技術とノウハウが必要です。
しかし、窓まわりのDIYに関しては正しい情報が少ないようです
そこで取り付けるときに必要なDIYのポイントを紹介します。

取り付ける際のチェック項目

シャッターを取り付ける際には、いつかの確認項目があります。
その中でも重要項目を以下に記載します。

・家の構造と取り付けるシャッターが合ったものであるか
・家の外装材がシャッターの取り付けができるものであるか
・シャッターを取り付けるのに必要な窓まわりの寸法があるか
・シャッターを取り付ける窓まわりに漏水の跡はないか
・取り付け位置に柱があり、腐ってはいないか
・取り付けねじが30mmねじこめるか
・外壁は45mm未満であるか
・採寸は正確にできているか

採寸ミスを起こさない測り方のポイント

すでにお伝えした通り、ミスのない正確な採寸はシャッターを取り付ける上で非常に重要です。
採寸ミスが起こる原因として考えられるのは、測り間違い、寸法の読み間違い、メモの記載間違いの3つがほとんどです。
採寸ミスがないように正しく測ることが重要です。

・メジャー(スケール)を正確に当て寸法を測る
・寸法をメモする
・メモを声に出して読み上げる
・もう一度測る

業者への依頼が確実です!

先にも説明したとおり、窓商品の設置はプロの技術とノウハウが必要です。
下地の入ってない場所に留めたり防水処置をしなかったりすると、台風で剥がれ飛んだり雨漏りしたりします。
カタログや取扱説明書を確認し、難しいと思ったら業者に依頼することをおすすめします。
くらしのマーケットでは窓シャッター取り付け業者を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

この記事のキーワード

エアコンクリーニング

きれいにならなかったら全額返金します

詳しくみる

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る