ETCを利用する7つのメリットを全部紹介!知っておくべきデメリットもあり

ETCをこれから使ってみたいという方向けにETCの7つのメリットを紹介。今まで料金所で現金精算していた人はスムーズに通過可能になるだけでなく各種の割引なども受けられます。ETC利用者は93%以上。デメリットも解説しますのでぜひ参考にしてください。

2022.5.13 更新
ETCの入り口

目次

  1. 1)ETCとは有料道路のキャッシュレス決済システムのこと
  2. 2)ETCを利用する7つのメリット
  3.  2-1)有料道路の料金所をスムーズに通過することができる
  4.  2-2)手持ちがなくてもいつでも利用可能
  5.  2-3)各種割引が受けられて経済的
  6.  2-4)ETCマイレージポイントが貯まる
  7.  2-5)クレジットカード会社発行のETCカードなら利用ポイントも付与
  8.  2-6)旅先でもETCが利用できて便利
  9.  2-7)ETC専用のインターチェンジが利用可能
  10. 3)ETCのデメリット
  11. 4)ETCの取り付けはプロに任せよう!
著者の写真

ライター:KIKUCHI
フリーランスのWEBライター。“できることは自分でやってみる”をモットーに、料理や掃除など暮らしに関わる全般から、モノづくりのDIYまで何でもチャレンジ。これまで得てきたノウハウやコツをシェアすることで、皆さんのお役に立ちたいと思っています。

1)ETCとは有料道路のキャッシュレス決済システムのこと

車を運転する

ETCは「Electronic Toll Collection System」の略で、自動料金支払いシステムのことになります。

簡単に言うと有料道路のキャッシュレス決済のことで、日本では2001年から本格的なサービスが開始されました。

サービス開始後、利用者は順調に増え令和4年1月時点のETC利用率は93%にものぼります。

参考:国土交通省│ETCの利用状況

2)ETCを利用する7つのメリット

高速道路を走行

ETCの利用にはさまざまなメリットがあります。ここではその7つのメリットを紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

2-1)有料道路の料金所をスムーズに通過することができる

ETCを利用する最大のメリットは、高速道路などの有料道路の料金所を停止することなく通過できることです。専用のETCレーンを通ることで、料金所の度にお金を取り出す手間もなくなり利便性が高まります。

ちなみに、ETCレーンの通過速度は安全上の理由で20km/h以下と定められていますので注意しましょう。

2-2)手持ちがなくてもいつでも利用可能

ETCを使うと現金の用意がなくてもいつでも有料道路を利用することができます。

急に遠出をしなければならない時でもETCカードさえ差し込んでいれば、手持ちの現金を気にすることなく目的地を目指せますので安心です。

2-3)各種割引が受けられて経済的

ETCを利用することは経済的なメリットもあります。

ETCは曜日や時間帯によって以下のような割引サービスがあり、対象となるタイミングでETCレーンを通過するだけで、自動的に割安料金が適用され経済的です。

主な割引!

  • 平日朝夕割引: 平日朝6時~9時もしくは夕方17時〜20時の利用で、回数に応じて30%・50%が無料通行分として還元される割引
    ※利用にはETCマイレージサービスの登録が必要
  • 休日割引:普通車と軽自動車などを対象に、土曜日・日曜日・祝日の地方部の高速道路が30%割安になる割引
  • 深夜割引 :すべての車種を対象に、毎日午前0時~午前4時の間の利用が30%安くなる割引

その他にも、アクアライン割引やETC2.0割引などさまざまな割引があり、上手に利用することでお得に有料道路が利用できます。

ETC2.0についてや、これまでのETCとの違いや種類については、こちらの記事も参考にしてください。

画像名

参考:ETCをもっとお得に│ITS-TEA

2-4)ETCマイレージポイントが貯まる

ETCマイレージサービスに登録しETCを使用すると、ETCマイレージポイントが貯まることもメリットの1つです。

例えばNEXCO東日本であれば、10円の利用料金につき1ポイント貯まり、還元額(無料通行分)に交換のうえ、通行料金の支払いにご利用いただけます。

ポイントの詳細は道路事業者ごとに異なりますが、月間利用額に応じた加算ポイント制度を採用しているところもあります。

参考:ポイントの付き方│ETCマイレージサービス

2-5)クレジットカード会社発行のETCカードなら利用ポイントも付与

クレジットカード会社発行のETCカードを利用すれば、カード会社のポイントもETC利用料金に応じて獲得することができます。

上手にETCカードを選んで利用すればETCマイレージポイントだけでなく、その他のポイントを得ることができる点もETCを利用するメリットです。

2-6)旅先でもETCが利用できて便利

ETCカードを持っていれば、旅先でレンタカーを借りたときなどにもETCを手軽に利用することができるのもメリットと言えます。

レンタカーだけでなく事情があって友人の車を借りた場合などでも、ETC車載器に自分のETCカードを差し込めば相手のETCカードを利用せずに自己負担で有料道路の料金を払うことが可能です。

2-7)ETC専用のインターチェンジが利用可能

ETCを利用することで、ETC専用のインターチェンジが利用可能になることも大きなメリットです。

ETC専用のインターチェンジは「ETC専用スマートIC」とも呼ばれ、サービスエリアやパーキングエリア、高速バス停留所に併設された「ETC利用者だけが利用できる小規模のインターチェンジ」のことを指します。

ETC専用スマートICは2021年12月時点で145カ所にも及び、今後も増えていく予定です。

ETC専用スマートICを利用すれば高速道路へのアクセスが飛躍的に高まり、より便利で効率的に移動が可能になります。

3)ETCのデメリット

画像名

さまざまなメリットのあるETCですが、利用するためには初期費用がかかるというデメリットもあります。

ETC利用に必要なもの!

  • ETC車載器の購入(5,000円~20.000円程度)
  • ETC車載器の取り付けとセットアップ(10,000円前後)
  • ETCカードの手配

また、ETCカードを手に入れる手間もデメリットですが、ETC利用には欠かせませんので以下の3つの種類から自分に合ったものを選びましょう。

カードの種類 内容
一体型ETCカード ETCカードとクレジットカードの2つの機能が付いたカード
ETC専用カード クレジットカード会社が発行するETC利用専用のカード
ETCパーソナルカード 東・中・西日本高速道路・首都高速道路などの道路事業者が共同で発行しているカード

4)ETCの取り付けはプロに任せよう!

今回はETCのメリットを中心にお伝えしました。 ETCの利用によって割引を受けられたり、利便性や安全性の向上も期待できますのでぜひこの機会に利用を検討してみてください。

また、ETCの取り付けは専門知識が必要ですので、施工を行ったことがない人はプロに依頼するとよいでしょう。 自宅まで出張して作業してくれる事業者などに頼むのも便利でおすすめです。


くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「値段」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

この記事のキーワード

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る