ETCの取り付け方を5つの手順で分かりやすく解説!自分で取り付けたい方必見

より便利で快適なカーライフを送ることができるETC。今回はそんなETCを自分で取り付けたい方向けに、その取り付け方法を分かりやすく解説します。その他にもETCに関する注意点も併せて紹介。ETCの取り付けで失敗したくない方は必見です。

2022.5.10 更新
ETCの料金所

目次

  1. 1)ETCには主に2つの種類がある
  2. 2)ETCの取り付け方の5つの手順
  3.  2-1)①ヒューズボックスの位置確認と電源の取り出し
  4.  2-2)②ETC車載器本体を取り付ける
  5.  2-3)③ETC車載器本体と電源を接続して通電確認する
  6.  2-4)④アンテナをフロントガラス上部に貼り付ける
  7.  2-5)⑤アンテナとETC車載器本体を接続する
  8. 3)ETCには登録店でのセットアップが必須
  9. 4)ETCの取り付けが難しいと感じたら、プロへの依頼もおすすめ
著者の写真

ライター:KIKUCHI
フリーランスのWEBライター。“できることは自分でやってみる”をモットーに、料理や掃除など暮らしに関わる全般から、モノづくりのDIYまで何でもチャレンジ。これまで得てきたノウハウやコツをシェアすることで、皆さんのお役に立ちたいと思っています。

1)ETCには主に2つの種類がある

ETCを通過

ETC車載器には主に2つの種類があります。
1つはアンテナ一体型で2ピースタイプ、もう1つはアンテナ分離型の3ピースタイプです。

それぞれにメリットとデメリットがありますので、購入するときにはそれらをよく考慮して決めるようにしましょう。

今回は現在主流になりつつある3ピースタイプのETC車載器の取り付け方を解説します。

2)ETCの取り付け方の5つの手順

ETCカード

3ピースタイプのETC車載器の取り付け手順は以下の5つです。

  1. ヒューズボックスの位置確認と電源の取り出し
  2. ETC車載器本体を取り付ける
  3. ETC車載器本体と電源を接続して通電確認する
  4. アンテナをフロントガラス上部に貼り付ける
  5. アンテナとETC車載器本体を接続する

ではそれぞれを解説していきます。

2-1)①ヒューズボックスの位置確認と電源の取り出し

はじめにヒューズボックスの位置を確認しましょう。ヒューズボックスは運転席の足元付近、ダッシュボード、助手席のグローブボックスなどにあります。

ヒューズボックスが見つからない場合!

ヒューズボックスが見つけられない場合は「FUSE」と書かれた文字を目印にして探すか、車の取扱説明書で場所を確認しましょう。
ETC車載器用にヒューズボックスから取り出す電源は、ACC電源と常時電源です。

2-2)②ETC車載器本体を取り付ける

電源の取り出しが終わったらETC車載器の本体を車内に取り付けします。

ETC車載器本体は付属の両面テープなどで行いますが、車外からは見えない位置に取り付けるようにしましょう。
これはETCカードの盗難などの被害を防止するためです。

2-3)③ETC車載器本体と電源を接続して通電確認する

次にETC車載器本体と最初に取り出した電源を接続して、電源が問題なく入るか確認します。

注意!

ACC電源と常時電源を間違えないように注意しましょう。また、車体の金属部分(アースボルト)とアース線も忘れずに接続します。

2-4)④アンテナをフロントガラス上部に貼り付ける

次はアンテナをフロントガラスの上部に貼り付けます。
貼り付ける位置はバックミラーのすぐ横あたりが一般的ですが、運転している時の視界の妨げにならないような場所を選びましょう。

貼る場所の注意!

フロントガラスの上部から20%以内の場所である必要があります。
これは車の保安基準で定められており、不適切な位置にアンテナを貼ってしまうと違法改造車両と見なされますので注意が必要です。
通常はバックミラーの高さより下でなければ「フロントガラスの上部から20%以内」となりますので、バックミラーの位置を目安にすると良いでしょう。

またアンテナを貼り付けるときには、フロントガラス表面の油分や汚れを落とすこともポイントです。
接着力を高めアンテナの落下防止になりますので、しっかりと綺麗にしてからアンテナを貼り付けるようにしましょう。

2-5)⑤アンテナとETC車載器本体を接続する

アンテナの配線はフロントガラスと天井の隙間に隠すようにして這わせながら行うと露出せずに綺麗な仕上がりになります。

最後はアンテナとETC車載器本体を接続します。

全ての作業が終わったら、ETC車載器本体やアンテナがしっかり固定されているか、また接続部分がしっかりと接続されているかなど最終確認を行いましょう。

参考:取付説明書│Panasonic

3)ETCには登録店でのセットアップが必須

ETCカード

ETCを自分で取り付けてもセットアップを行わなければ利用することはできません。

ETCのセットアップとは、ETC車載器に車種やナンバープレートなどの車の情報を書き込み登録する作業のことです。
これはETCの不正利用を防止するための作業になりますが、個人でその作業を行うことはできません。

セットアップ作業が可能なのは、ETC車載器セットアップ店として登録された事業者だけですので、その登録店に持ち込み作業してもらう必要があります。

4)ETCの取り付けが難しいと感じたら、プロへの依頼もおすすめ

電卓と車

今回はETCの取り付け方について解説しました。

ETCの取り付けに関しては、慣れていない人や専門知識がない人にとっては簡単ではなく、場合によっては「車内を傷つける・ETCゲートが開かない・車の不具合」の原因になってしまうこともあります

確実なETCの取り付けと安全な利用をしたい方は、プロへの依頼がおすすめです。

くらしのマーケットでは、出張ETC取り付けの料金や相場、口コミを比較し、オンラインで予約することができます。

出張ETC取り付けの相場

内容相場料金
取り付け6,000円〜8,000円
取り外し2,000円〜4,000円

【共通の作業内容】
ETC車載器本体はお客様が用意 / 国産車のETC取り付け / 接続に必要な部品は出店者が用意 / 配線を隠して設置 / 取り付け位置の事前確認 / 動作確認



ETC車載器を自分で用意して、取り付けのみ頼むと、ディーラーなどで頼むより価格を抑えることが出来ます。
時間や手間を費やさずに手頃な価格でプロに作業してもらえますので、ETCの取り付けで少しでも不安のある方はプロの事業者に依頼するとよいでしょう。

利用者の声

とても親切丁寧な作業で、本当によく車の事を解ってる方で、頼んで良かったなと感じました。(作業中にも、私からのいろんな質問にお答えいただきありがとうございました) また取り付け完了後、商品の設定と取り扱い説明もしていただき本当に助かりました。次もまたお願いしたい方です。
利用時期:2022年4月

出典:口コミ|くらしのマーケット


くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「値段」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

この記事のキーワード

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る