コンセントの移動ってプロに頼むしか方法はないの?

引越や模様替えなど、家具の移動で、コンセントの位置を変えたい、増やしたいと思ったこと、一度はあるはずです。

2019.3.12 更新
コンセントにプラグを差し込もうとする手

こんなことありませんか?

ここにタンスを置くとコンセントが隠れてしまう。すこしだけコンセントの位置を横に移動できたらいいのに。

ペットを飼い始めたけれど、コンセントにいたずらしないか心配。もう少し、コンセントが上にあったらいいのに。

見栄えが悪いので、なるべく延長コードは使いたくないわ。

クローゼットの中に、充電器が使えるコンセントがあるといいな。

では、コンセントの移動・増設は自分でできるのでしょうか?

DIYの得意な方なら、自分でやってしまおうと思われるかもしれません。また、実際、コンセントの移動・増設方法を説明しているブログなども多く見かけます。

しかし、コンセントの移動・増設は資格が必要です

電気工事士の資格がない人が行うと電気工事法違反になります。簡単そうに思えても、自分で移動することは絶対にやめましょう。

こんなに危険です!

コンセントを移動するとなると、カバーを外して、スイッチ本体の奥にある電線を移動、または延長することになり、その際、感電・漏電の恐れがあります。火災の原因になり大変危険なのです。

必ず、電気工事を行ってくれるプロにお願いしましょう。

コンセントの移動・増設をお願いするのには、どういう事業者があるのでしょうか?

近くの電気屋さん

いつも電化製品を購入するお店が近くにあるとよいですが、一度も購入したことがないお店に行って、コンセントの移動をお願いするのは、なかなか勇気がいるものです。

電気工事店

タウンページなどで調べると見つかります。

リフォーム事業者

リフォーム事業者は、ご近所でよく見かけます。ショールームなどあって、入店しやすいのが利点ですが、リフォーム事業者の手数料が加算されるので、その分高くなります。

ホームセンター・量販店など

照明など、なにか他に購入するものがあれば、一緒にコンセント移動の電気工事を依頼することも可能です。

電気工事士の資格を持つ知人にお願いする

お礼など、かえって高くつきそうですね。

補足

延長コードも、電源タップのついているものは、使い方によっては危険です。いわゆる、タコ足配線です。
コンセントは一般的に15アンペア(1,500ワット)までと決まっています。
消費電力を確認して、容量がオーバーしてしまいそうであれば、プロにコンセントの増設をお願いして、安全に暮らしましょう。

くらしのマーケットではコンセント増設・スイッチの修理のプロを明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

ぜひ、ご参考にしてください。

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る