トイレ掃除のポイント集 頻度別の注意箇所と手順

トイレは狭い空間ですが、フルで掃除をするとボリュームがある場所です。使用状況によって、汚れ度も異なるので、トイレ掃除の理想的な頻度や仕方は、ご家庭により異なりますが、掃除のポイントはほぼ同じ。本記事では、大まかな掃除頻度で掃除箇所を仕分け、ポイントを書き出しました。掃除の際に注意することや、あると便利な道具などを解説します。

2020.3.30 更新

目次

  1. 1)トイレ掃除のポイント①ちょい掃除
  2. 2)トイレ掃除のポイント②尿石とニオイ対策
  3. 3)トイレ掃除のポイント③見えないところの掃除
  4. 4)トイレ掃除のポイント④タンクの中
  5. 5)トイレの掃除用具選びのポイント
  6. 6)最後に

1)トイレ掃除のポイント①ちょい掃除

毎日、気が付いたらちょっと掃除しておくとトイレを快適に使用でき、あとあとの掃除が簡単になります。具体的に以下のことを行いましょう。

  • 便座の裏表の汚れと便器の縁汚れを見つけたらすぐに拭きとる
  • 床の大きなごみは拾って捨てる
  • 手洗いのまわりに、水滴が落ちていたら拭く

トイレに入ったついでに、便座の裏と便器の縁をチェックしましょう。
もし、汚れがあれば、トイレットぺーパーにクリーナーか除菌スプレーを吹き付けて拭きす。乾いたトイレットペーパーで拭くと、便座に擦り傷が付く可能性があります。水でもかまわないので必ず、湿らせて拭きます。

ルック まめピカ 抗菌プラス トイレのふき取りクリーナー 210ml

アズマ トイレ除菌用シートトイレ用ウェットシート30P

2)トイレ掃除のポイント②尿石とニオイ対策

以下で説明する掃除は、週に1~2度で掃除することをおすすめします。この掃除を怠ると便器にカビが付いたり、尿石が付いたりします。

また、便器の下に垂れたり、床や壁に飛び散った尿がにおいの元となることもあります。

以下で掃除手順を見ていきましょう。

掃除の手順

  1. 床は必要であれば手前から奥の順で掃除機をかける
  2. 便器の中を中性洗剤を回し掛け、ブラシでこすり洗いをする
  3. タンク・ふた・便座・便器のまわり・トイレと床の間をお掃除シートで拭く
  4. ドアの取手やリモコン、ペーパーホルダーを拭く
  5. 壁、スリッパを拭く
  6. 手洗いのボウルや水栓を掃除する
  7. スリッパや、サニタリーボックスを拭き、床の拭き掃除をして完了

消臭ストロング トイレマジックリン トイレ用洗剤 スプレー 本体 400ml

トイレクイックル つめかえ用 ジャンボパック 20枚 × 3個

3)トイレ掃除のポイント③見えないところの掃除

トイレ

以下で説明する部分は月に1度は掃除をしたい場所です。

便座を外す、ノズルを出して拭くなど、通常の掃除より、少し手間がかかるようですが、慣れると簡単な作業です。
各場所の汚れが著しい場合は、掃除の頻度を上げましょう。

トイレの見えないところの掃除方法

  • 便座を外して、便器と便座の間を拭く
    便座と便座の間はにおいの元になるところです。汚れが激しい場合は、掃除の頻度を上げるか、トイレで用をたす際の使い方の見直しも必要です。
  • 温水シャワーのノズルとノズル周りを掃除する
  • ドアまわりのホコリを拭き、ちょうつがいなどの金具もほこりを払う
  • 配管のほこりを拭き、水漏れなどがないかもチェックする

KINCHO ノロキンクリア PRO 除菌+ウイルス除去 トイレ用

4)トイレ掃除のポイント④タンクの中

トイレのタンク

年に2回はタンク内のチェックが必要です。

タンクの中にカビが繁殖すると、便器にカビの菌が流れ、便器内でも繁殖し、黒ずみや、ピンクの汚れとなります。
もし、タンク内にカビが発生している場合は、タンク内を掃除しましょう。

タンクの掃除方法はこちらの記事に詳しく記載しているのでご覧ください。

トイレのタンクのイラスト

5)トイレの掃除用具選びのポイント

トイレの掃除用具には様々な種類があるので、どれを選べがいいかわからないなんて場合もありますよね。以下で各用具についてもポイントをまとめたので、参考にしてください。

ブラシ選びのポイント

ブラシやスポンジを使う場合は、研磨剤の付いていないものを使いましょう。研磨剤付きは便器を傷つけてしまいます。

また、ブラシには何億個という菌が繁殖しておりトイレの中で最も衛生的に心配なものです。
掃除後はしっかりすすいで必ず乾燥させましょう。湿った状態を防ぐため、ブラシケースは乾きやすいものにしましょう。

使い捨てブラシでもOK

トイレブラシはこびりついた汚れも取ってくれますが、衛生面が不安な場合は、使い捨てブラシをおすすめします。

ブラシに比べ、柔らかいため少々物足りない気もしますが、尿石を発生させなければ、汚れは落とせます。使い捨てブラシで掃除の場合は、汚れをためない掃除を心がけましょう。

お掃除シート選びのポイント

トイレの拭き掃除には流せるシートが便利です。厚手のものと、薄手のものがありますので、自分の掃除の仕方に合ったものを使いましょう。

スクラビングバブル トイレ洗剤 流せるトイレブラシ 本体ハンドル1本+付替用16個

3M トイレブラシ クリーナー 本体 洗剤付 取替15個 スコッチブライト

6)最後に

ひとつづつ取り上げるとトイレの掃除箇所はけっこうあります。毎日使う場所ですので、気持ちよく使えるよう、ポイントを押さえてもれなくきれいに掃除しましょう。


また、トイレを長年掃除していない方や、掃除をしても黒ずみや臭いが取れないという方は、一度プロに頼んで徹底的にきれいにしてもらうことをおすすめします。

プロであれば、専用の道具や洗剤を使用して、トイレをすみずみまでピカピカにしてくれます!

くらしのマーケットでは、プロの事業者が多数登録しており、口コミや作業内容、料金などから比較してサービスを予約することができます。

くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る