【トイレの臭いは隙間汚れが原因!】便座隙間掃除法・コーキングによる予防法

トイレ掃除をきちんとしているのに、トイレが臭うという場合は、トイレの隙間汚れが原因です!トイレの隙間の掃除方法について、温水便座の外し方・外せない時の掃除方法、トイレの便器と床の隙間の掃除法、コーキングによる臭い汚れの予防法など詳しく解説します!

2021.1.14 更新
【トイレの臭いは隙間汚れが原因!】便座隙間掃除法・コーキングによる予防法

1)トイレの臭いは隙間汚れが原因!

トイレ掃除をちゃんとしているのに、臭いがとれていないことがあります。

その臭いの元は、掃除がとてもしづらいトイレの隙間汚れが原因!

トイレが臭う隙間と原因

【トイレの臭いの元になる2箇所の隙間】

①便器と床の隙間

②便器と温水便座の取り付け部分の隙間

【トイレが臭う主な原因】

●小さなお子さんが尿をはずしてしまった時の尿の漏れ

●立って用をたす習慣がある男性の尿はね

●使用後に流す尿や便の成分を含んだ水

気づかないうちに、便器の外側をつたったり、温水便座の隙間に入り込んで積み重なった尿や汚れが、トイレが臭う原因になっています。

2) 温水便座の隙間汚れは外して掃除

2)-1 温水便座の隙間の掃除道具

【トイレの臭いは隙間汚れが原因!】便座隙間掃除法・コーキングによる予防法

・クエン酸スプレー
(水200ccにクエン酸小さじ1杯をとかしたもの)

・不要になった薄手のポイントカード
(不要なハガキ、クリアファイルをカード大に切ったものでも可)

・トイレットペーパー(拭き取り用)

・古布

2)-2 便器の外し方

【トイレの臭いは隙間汚れが原因!】便座隙間掃除法・コーキングによる予防法

温水便座は、自分で取り外して掃除することができます!外し方は、メーカーや製造年によって異なるので、自分の便器を確認してみましょう。

① 温水便座のサイドに着脱ボタンがあるタイプ

・電源を外し、止水栓を止める。

・サイドのボタンを押しながら引き上げる、または、手前にスライドさせる。

・その前にトイレのフタを取り外す必要があるタイプもある

②便器裏側にある便座の固定ボルト(蝶番)を外すタイプ

・電源を外し、止水栓を止める。

・便器の裏(下)にあるボルトをモンキーレンチなどで緩めたら、便座を上にまっすぐ持ち上げる。

③お掃除ボタン、リフトアップボタンのタイプ

・この場合は、便座を外す必要はなく、ボタンを押して便座をスライドさせたり、リフトアップした状態で、隙間を上手に掃除する。

④外せない、外し方がわからない

・説明書やメーカーのホームページでも確認できる場合がある。

・わからない、できない場合の無理は禁物。綿棒などを使えば、隙間も一定以上の掃除ができるので、外さないままで掃除しましょう。

2)-3 温水便座の隙間の掃除法

【トイレの臭いは隙間汚れが原因!】便座隙間掃除法・コーキングによる予防法

①通常通り、トイレを軽く掃除をする

②温水便座を外す(リフトアップ、スライドさせる)
はずせない場合は、無理をしないで、できる範囲で、以下の③の手順に進む

③隙間汚れが気になる箇所にクエン酸スプレーを吹きかけ、2〜3分置いて汚れが緩むのを待つ

④古布で拭きあげる
細かい隙間は綿棒や古いハガキなどが有効

【ポイント】

トイレ汚れの主原因である「尿」はアルカリ性の汚れです。それを落とすには、反対の性質をもつ酸性である「クエン酸」を使うことで汚れ落としの効果を発揮します。

トイレ掃除・温水便座のはずし方

3) トイレの便器と床の隙間汚れの掃除法

トイレの便器と床の隙間の汚れにも、クエン酸スプレーの掃除法がおすすめです!

3)-1 トイレの便器と床の隙間の掃除道具

【トイレの臭いは隙間汚れが原因!】便座隙間掃除法・コーキングによる予防法

・クエン酸スプレー
(水200ccにクエン酸小さじ1杯をとかしたもの)

・不要になった薄手のポイントカード
(不要なハガキ、クリアファイルをカード大に切ったものでも可)

・トイレットペーパー(拭き取り用)

・キッチンペーパー

3)-2 トイレの便器と床の隙間汚れの掃除法

【トイレの臭いは隙間汚れが原因!】便座隙間掃除法・コーキングによる予防法

①通常通り、トイレ掃除をする

②便器と床の隙間にクエン酸スプレーを吹きかけ、2〜3分置いて汚れが緩むのを待つ

③隙間にカードなどを差し込んで汚れを手前へ掻き出す

④トイレットペーパーで汚れを拭きとる
汚れがかきだせなくなるまで繰り返す

⑤汚れが出きったら、隙間にキッチンぺーパーを差し込み、クエン酸スプレーの成分を吸い取らせる

⑥上記⑤で、紙に茶色の汚れが付くときは、まだ汚れが残っている証拠。
再度、②〜⑤を茶色い汚れがつかなくなるまで繰り返す

⑦隙間ではないが、トイレの床や壁にも見えない臭い汚れがついているので、ついでに拭き掃除する

4) トイレの便器と床の隙間汚れをコーキングで予防する方法

トイレの便器と床の隙間汚れの掃除は手間がかかるので、隙間に汚れが入らないように予防ができればベスト!

そこでおすすめなのは、コーキング剤で隙間を埋めるという予防法です。

4)-1 トイレの隙間汚れを予防するためのコーキング剤の選び方

【シャープ化学 トイレのスキマフィル MSP1-35 100ml クリア】
トイレの隙間汚れ予防におすすめのコーキング剤

【トイレのコーキング剤選びの2つのポイント】

・汚れたときに、再取り替えができるよう「はがしやすいコーキング剤」

・ホコリなどの汚れを寄せつけないよう「ベタつかないタイプ」

【水回り用のコーキング剤の使用はNG】

コーキングとは、風呂場の浴槽と壁の隙間にある白いゴムパッキンのような部分のことをいいます。

コーキング剤は、ホームセンターやアマゾンで市販されており、自分でDIY可能です。

「シャープ化学 トイレのスキマフィル MSP1-35 100ml クリア」は、トイレ用のコーキング剤で、いつでもきれいにはがして取り替えできるのでおすすめです。

反対に、風呂場や洗面台など水回り用のコーキング剤は「はがれにくい」特徴があります。

こういったタイプのコーキング剤は、はがした時に便器や床にコーキング剤が残ってしまうことがあるので、トイレの汚れ予防用としては、おすすめしません。

4)-2 トイレの隙間汚れを予防するコーキングの仕方

【トイレの臭いは隙間汚れが原因!】便座隙間掃除法・コーキングによる予防法

①上記「3) トイレの便器と床の隙間汚れの掃除法」の手順でトイレの隙間の掃除をする

②掃除後は、トイレの便器と床の隙間部分を十分に乾かす
湿り気がある状態でコーキングしてしまうと、カビ発生を促すことになるので要注意

③便器と床の隙間を挟むように、便器側、床側の上下にマスキングテープを張る

④隙間にコーキング剤を注入(充填)する

⑤コーキングの充填が終わったら、マスキングテープをすぐにはがす
コーキングが固まってからはがすと、マスキングテープと一緒にコーキング剤がはがれてしまうことがあるので要注意。

⑥コーキングが乾くまで触らずに待つ

【注意】

トイレの汚れ予防のための、コーキングは前面と両サイドだけに留めましょう

理由は、ぐるりと1周全部をコーキングしてしまうと、「水漏れ」が起きた時、気づくのが遅れ大惨事になることがあるからです。通常、尿などの汚れが後ろにまで回ることはないので、後ろ側はコーキングしないようにしましょう。

5) トイレの隙間汚れの掃除頻度は?

掃除が行き届いているはずなのに、トイレの臭いが続く場合は、トイレの隙間汚れが原因です。

トイレの隙間掃除は、月に1度を目安にすると、臭いを軽減できますが、なかなか時間が取れないのも現状です。

その場合は便器を外さない簡易的な方法で良いので、無理のない範囲で隙間掃除もするよう心がけましょう。

くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る