おしゃれな砂利でガーデニング!庭造りにおすすめの石と使い方

おしゃれな砂利でガーデニングをすれば、庭や玄関アプローチなどが一気に華やかになるでしょう。庭造りにおすすめの石と使い方についても解説します。

2021.7.13 更新
おしゃれなガーデニングにおすすめの石・砂利

1) ガーデニングにおすすめのおしゃれな砂利5選

さまざまな種類のガーデンング用の砂利の中から自分にぴったりくるおしゃれな砂利を選ぶ秘訣は、仕上がりをしっかりイメージするということです

ここでは、ガーデニングや庭造りに人気のおしゃれな砂利を5つ紹介していきます。

【砂利は天然物!実際の製品を要確認】

砂利は、色味や大きさなどが、石の種類や状態、メーカーや製品などによって異なります。特に天然の砂利を購入する際は、購入したい砂利が本当のイメージと合致しているのかしっかり確認しましょう。

なお、ここで紹介している砂利の写真もあくまで一例のイメージです。実際の砂利とは異なる場合があります。

①白玉石 【和・洋】

おしゃれなガーデニングにおすすめの白玉石

白くて角の丸い砂利です。ガーデニングでは一番人気の砂利です。洋風に庭に使えば、明るくモダンな印象に。和風の庭に使えば静寂ですがすがしいイメージを作ります。ただし、時間経過とともに汚れが目立つ場合があります。

②白川砂利【和】

おしゃれなガーデニングにおすすめの白川砂利

京都のお寺の枯山水(かれさんすい:石や砂利、砂などだけで造られた庭園)で、水紋(すいもん:水の流れのような文様)がかかれているときの砂利が「白川砂利」と言われています。白い石の中に小さな黒い点がある落ち着いた品のある砂利です

③那智黒石【和】

おしゃれなガーデニングにおすすめの那智黒石

濡れると黒く光るようなつやをもつのが那智黒石(なちぐろいし)です。和風の庭に敷くと落ち着いた重みのある静けさが漂います。高級感があり、価格はやや高めです。

④白砕石・グレー砕石【和・洋】

おしゃれなガーデニングにおすすめのグレー砕石

砂利の中では、比較的手ごろな価格で購入できるのが砕石(さいせき)です。昔はグレーしかなかったのですが、近頃はいろいろカラーが出てきて、おしゃれなガーデニングにも使えるようになってきました。白っぽい石を選ぶと庭を明るく見せ、植物にもすっきりとなじみます。

一般的な砕石の特徴は、石を砕いたままの状態に近く「角」があるという点です。小さい子どもやペットが遊ぶ場所に使用する際は、注意が必要です。

⑤コーラルピンク砂利【洋】

おしゃれなガーデニングにおすすめのコーラルピンク砂利

大理石を砕いた砂利です。華やかで明るい色が心を和ませてくれます。大理石を砕いて作られた砂利には、このほかにも、白色や黄色の砂利があります。

2) ガーデニングをおしゃれにする石の使い方

ガーデニングをおしゃれにする石の使い方についても解説します。

2)-1 大きめの石を木の根元に敷く

おしゃれなガーデニングにおすすめの石・砂利

木の根元に敷く場合は、やや大き目の石を敷くのがおすすめです。

庭のシンボルツリーの根元に砂利を敷けば、和洋いずれの場合でも高級感があるおしゃれな庭に近づきます。

中でも、木肌や緑と相性のいい、明るめのブラウンの砂利がおすすめ。すっきりした好印象の庭が作れます。

2)-2 アプローチや外構をおしゃれに砂利敷き

おしゃれなガーデニングにおすすめの石・砂利

すでに試している方も多いと思いますが、砂利敷きの美しさを発揮できるポイントとしておすすめなのが、玄関へのアプローチなどの外構周りです。

ガーデニング用花壇がある周辺などにも砂利敷きをすると、おしゃれなだけでなく、雨の日のぬかるみ対策としても効果が期待できます。

2)-3 石がNGなのは一年草や球根の根元

反対に、 石を敷かない方がいいところとしてあげられるのが「パンジーなどの1年草」や「チューリップなどの球根」の根元です

理由は、これらの植物は1年に一度は植え替えをする必要があるため、その度に、砂利をどける手間が発生するからです。砂利を敷く場所は、植え替えや移動が少ないエリアを基本にしましょう。

3) グランドカバーに使うと庭がおしゃれに

おしゃれなガーデニングにおすすめの石・砂利

近年、流行りのグランドカバーについて解説します。

3)-1 グランドカバーとは?

グランドカバー(ground cover)とは、雑草が生えたり見た目に寂しい土の部分を砂利やキレイな植物などで覆ってしまう手法のことをいいます。

見た目だけでなく、雑草を生えにくくする効果も期待できます。

グラウンドカバーとして、植物を使用することも多いのですが、おしゃれな砂利でグラウンドカバーすることで、庭や外構周辺のおしゃれ度がアップします。

3)-2 グランドカバーの敷き方

【人が歩く場所は小さめの砂利】

玄関へのアプローチや通路など歩きやすさが必要な場所では、砂利の大きさは1.5cm~3cm前後がおすすめです

砂利の厚さは3cm~5cm(2層〜5層)が◎

砂利の下には防草シートを敷くことで、雑草対策の効果を高めます。

【大きめの石でアクセントを演出】

人が通らないような場所なら、やや大きめの石をアクセントとして敷くのもおしゃれです。地面が見えないようしっかり厚みを持って敷くのがキレイに見せるポイントです。

3)-3 砂利で作る洋風のグランドカバー

洋風の庭であれば、レンガやブロックで花壇と地面を仕切って、地面の方に砂利を敷くのがおしゃれ

アプローチなどの通路部分であれば、飛び石や、枕木を入れて歩きやすい工夫をすれば、DIYでも素敵なアプローチが作れます

3)-4 砂利で作る和風のグランドカバー

和風の庭は石や龍のひげ、コケなどを配しながら地面をカバーして敷き詰めるという使い方がおすすめです。本格的なおしゃれな和風の庭を目指せます。

4) ガーデニングの砂利下にも防草シートは忘れずに

おしゃれなガーデニングのための「砂利敷き」には「防草シート」も忘れずに敷くようにしょう。

防草シートは雑草が生えるのを抑えるだけでなく、砂利が土に沈み、地面が見えてくるリスクを軽減することができます。

防草シートを敷いたら水をはじいてしまうのでは?と心配される方もいると思いますが、一般的な防草シートには「透水性」があるので、シートの下の植物まで水を通すことができます(※)。

それゆえ、大きな木の根元に砂利を敷く場合も、「防草シート」を敷いてから砂利や石を敷くことが可能!キレイでおしゃれなガーデニング には、防草シートも欠かせない存在といえるでしょう。

※念のため製品の説明書で親水性がある(水を下まで通す)ことを確認してから敷くようにしましょう。

【プロの砂利敷きとは?】

砂利敷きはくらしのマーケットへ

くらしのマーケットなら、防草シート敷き・砂利敷きのプロがいます。地域検索で出てきた事業者一覧の中から、口コミや料金を比較して納得した事業者を選ぶことが可能です。

基本的な作業内容は「砂利敷き」ですが、同時に依頼すれば「防草シート」は少しお得なオプション対応が可能です(※)。まずは気になる口コミだけでも検索してみましょう。

※オプション内容や料金は事業者により異なるので、予約する前に問い合わせてみましょう。

くらしのマーケットの砂利敷きの作業内容

砂利は出店者が用意 / 希望する砂利の種類の事前確認 / 砂利費用を含む / 除草 / 整地 / 転圧 / 砂利の敷き詰め(厚さ5cm程度)
※防草シートの施工については、事業者に直接問い合わせましょう。

くらしのマーケットの砂利敷き相場

10㎡(平米:約6畳程度) 30,000円前後

自分で砂利敷きする費用相場
著者の写真

ライター:佐倉玖弥
暮らしライター。主婦の経験を生かし「家事はキレイにスムーズに」をモットーにノウハウをご紹介。楽して無理なくできる家事を目指します。整理収納アドバイザー、クリンネスト、調理師、野菜ソムリエなど家事を楽しくする資格を保有。趣味は、犬の散髪・トレッキング・観葉植物を育てる事。

くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る