フローリングに「傷」発見!賃貸に住む人が注意すべき対処法

「賃貸なのに、フローリングに傷!」こうなると退去時の原状回復費用が不安になりますよね。ただし、焦りから自分で補修してしまうのも要注意!今回は、賃貸物件でフローリングの傷を見つけた時の対処法についてご紹介します。

2022.1.12 更新
フローリングのイメージ

目次

  1. 1)フローリングに傷!賃貸の「原状回復義務」とは
  2. 22)【フローリングの原状回復】賃貸入居者の負担範囲はどこまで?
  3.  2-1)入居者に原状回復義務があるフローリングの傷
  4. 3)フローリングの傷を自分で補修しない方がいい理由
  5. 4)フローリングの傷は、日々のメンテナンスで防ごう!
著者の写真

ライター:たかおみきよ
コンテンツ制作全般に携わるフリーランス。私生活では、小学生男児のママ。
家事と仕事の両立に奮闘しながら、快適な生活と人生を模索中!

1)フローリングに傷!賃貸の「原状回復義務」とは

フローリングの傷

賃貸物件に入居した場合、契約によっては退去時に発生する「原状回復義務」。「原状回復」という言葉だけを切り取ると、不安を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、賃貸契約における原状回復義務とは、「入居時と全く同じ状態にしなければいけない」という意味ではありません。国土交通省が定める「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に基づいて、入居者の責任がある範囲のみ、適切な状態に戻すことをいいます

では「入居者に責任がある範囲」とは、どのようなものでしょうか。

2)【フローリングの原状回復】賃貸入居者の負担範囲はどこまで?

賃貸の契約書

賃貸物件の退去後にかかる修繕費用は、入居者、貸主(オーナー)それぞれに、次のように負担範囲が異なります

入居者:故意や過失、不注意による傷・設備の破損・汚れ
貸主:経年劣化による破損や損耗

では、具体的にどのような傷・破損・汚れだと入居者負担になるのか、確認しましょう。

2-1)入居者に原状回復義務があるフローリングの傷

退去時にフローリングの修繕が必要なトラブルとして代表的なのが、「傷」「凹み」「カビ」。この3つのトラブル別に、入居者と貸主の負担になる原因の例を次のように整理しました。

修繕が必要な
トラブル
入居者の負担になる原因の例 貸主の負担になる原因の例
家具を移動させた 経年劣化(ひび割れや剥がれ)
凹み 重たい物を落とした 家具の重み
カビ 結露掃除を怠った 建物の雨漏り

一言に傷、凹み、カビといっても、「なぜ、その状態にあったのか」によって、責任の範囲が異なります。つまり、フローリングの傷=原状回復義務の範囲とは限らないのです。退去時に不審な修繕費請求があれば、しっかり否定しましょう。

3)フローリングの傷を自分で補修しない方がいい理由

最近では、フローリングの傷を補修するアイテムが多く販売されています。ホームセンターや通販サイトで安く購入できる上に、その使用方法も簡単なので、「修繕費を抑えるために」と自分で補修することを選ぶ方も少なくはありません。

しかし、入居者が自分で勝手にフローリングの傷を補修したことで、仕上がりが不自然になり、退去時に指摘を受けることもあります。その場合、状態によってはただの傷修繕よりも、修繕費が高額になる可能性も否定できません。

また、たとえプロの事業者に依頼したとしても、周辺のフローリングとクオリティに差があったり、他の部分の部材との整合性がとれなかったりする場合、再修繕となることもあります。

そのため、賃貸物件のフローリングの傷は、貸主や管理会社にすみやかに相談をしましょう。

4)フローリングの傷は日々のメンテナンスで防ごう!

ハウスクリーニング

木材でできたフローリングが生活の中で傷付いてしまうのは、やむを得ないことでもあります。賃貸の場合、現状回復義務があるからこそ、部屋をしっかりとメンテナンスし、キレイに使いたいところです。

たとえば、フローリングに小さな傷を付きにくくするなら、ものを落としたり、傷になるようなものを床に放置したりしないよう、こまめな片付けや掃除が必要になってくるでしょう。

とはいえ、毎日が忙しい方にとって、こまめな床掃除をするのは大変ですよね。そんなときは自分で掃除する以外にもハウスクリーニングのプロにお掃除を任せることもできますよ!

くらしのマーケットでは、ハウスクリーニングのプロが多数活躍中!まずはお気軽にご相談ください。


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「相場」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る