ハウスクリーニングで独立・開業・起業するには?

ハウスクリーニングは開業にあたり資格や事務所が必要なく、比較的少ない資金でスタートできるので参入しやすい業界とされています。一方で、高い掃除スキルが求められるため、ハウスクリーニング業界で修行した後に独立される方が多いようです。

開業スタイル

大きく分けて2パターンの開業スタイルがあります。
それぞれの特徴をよく理解し、自分にあったスタイルを選ぶことが重要です。
それぞれのメリット・デメリットを挙げてみます。

フランチャイズに加盟

メリット:大手ハウスクリーニング会社の名前を使用できる。
デメリット:加盟費として開業時にまとまった資金が必要になり、収益の有無にかかわらず毎月固定の費用を本部に納めなければならない会社もあるようです。

独立する

メリット:開業資金が最小限に抑えられる。売上げが全て自社の利益になる。
デメリット:集客を自分で行う必要がある。
最近は、無料で集客できるサイトもあるので、あまり負担にならないかもしれません。

知っておいた方がいいこと

最後に、ハウスクリーニングを開業する際に知っておいた方がいいマメ知識をいくつか紹介します。

賠償責任保険

ハウスクリーニングはお客様のお宅に伺って作業します。
細心の注意を払っていても、クロスを汚してしまったり、エアコンクリーニング中に部品が壊れてしまったり、思いもよらない作業中の事故が起きます。
お客様から多額の修理代を請求されて、数ヶ月分の売上げが泡となって消える…なんてことがないように、保険に入っておくと安心です。

無料で集客できるサイト

「くらしのマーケット」をはじめ、無料で登録してハウスクリーニングのサービスを掲載できるサイトがあります。(くらしのマーケットの無料出店案内
例えば「くらしのマーケット」の場合、掲載料やサイト制作費用などが無料で集客できます。
お客様と予約が成立した時点で予約手数料が発生する仕組みです。
独立したばかりで集客に不安がある場合は登録しておくといいかもしれません。
予約が成立するまではお金がかからないので、負担になることはありません。
サイトによっては掲載料や見積もり料が発生することもあるようなので、事前にしっかり調べてください。

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る