ゴキブリが発生する原因ってどんなことが考えられるの?

害虫の中でも身近に存在するゴキブリですが、その発生原因は大きく分けて二つあります。

2019.3.6 更新
生ゴミ

ゴキブリが発生する原因

外から侵入してくる

外から家の中へ侵入してしまうと、住み着いてしまう原因にもなります。

室内で卵がかえる

室内に卵を産んでしまうのは、もともとは外から侵入したゴキブリによるものです。

室内に侵入するおもな原因

家の中になぜ侵入してきてしまうのか、それは行動や生態を知ればわかってきます。

水や餌を求める

ゴキブリは、生きるために必要な水や餌を求めて徘徊しています。
特に嗅覚が優れているので、匂いにつられて行動し、室内に侵入してくることがあります。
飲食店にゴキブリが発生しやすいのは、こういった原因といえます。

交尾や求愛行動

ゴキブリの求愛行動には性フェロモンが使われています。
メスの方が、自分の居場所を教えて誘導しているともいえますが、オスは匂いにつられてメスを探し回ります。

生きるための行動

ゴキブリは、マイナス5度からマイナス10度になると死んでしまいます。
乾燥にも弱いため、湿度がないと生きていられません。
つまり、生きるために暖かく湿度のある場所に集まってきているのです。

本能と学習による行動

行動を学習する能力、匂いや場所を学習する能力があるのです。
この能力により、行動や匂いを学習してしまいます。
つまり、餌がある場所を覚えてしまうとその場所を学習し家に侵入することが当たり前となります。
また、居心地が良ければそのままいつくようになり、おそろしいことに仲間を呼び寄せてしまいます。

ゴキブリが発生しやすい部屋はどんな部屋?

ゴキブリの生態がわかったところで、実際にゴキブリが好んで住んでしまう部屋はどんなところか、ご説明しましょう。

キッチンが汚い

水気の多いキッチンには、食べ物も豊富にあるためゴキブリの好む場所です。
食べ終わった食器をそのままにしたり、食べ残しや生ゴミの放置も危険です。

排水口も清潔に

排水口は掃除を怠ると、臭いやぬめりの原因になります。
ここをきれいにして、ゴキブリを寄せ付けないようにしましょう。

段ボールを置かない

ゴキブリが段ボールを好むという話を耳にしたことはありませんか?
温かい環境と、隙間が多いこともあり、ゴキブリにとっては快適な環境になってしまいます。

観葉植物を置いている

植木鉢や土の部分も好みます。
肥料を餌にして寄ってきてしまうこともありますので注意しましょう

ゴキブリが好む環境にしないこと

ゴキブリの発生を食い止めるには好まれる環境を作らないことが大原則です。
餌になるものを置かないこと、湿気やゴミや汚れを溜めないことなど、清潔な部屋にしておけばいいのです。
それでも、万が一発生してしまった場合は、自分で駆除をするのもいいですが、やはりプロを呼んで駆除してしまうことが安心です。

くらしのマーケットではゴキブリ駆除のプロを明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る