キッチンタイルの掃除の仕方、教えて!

キッチンタイルの掃除って、シンクやコンロまわりに比べれば忘れがちになりますよね。しかしキッチンタイルには油や食品カスの他、洗剤や水しぶきなどさまざまな汚れが付着する場所です。そんなキッチンタイルのお掃除方法について紹介します。

2019.3.8 更新
“キッチンタイルの掃除の仕方、教えて!"

普段からお掃除しよう

キッチンタイル以外の個所にも言えることですが、普段から短時間でも掃除をしていれば、汚れがひどくなることはそうそうありません。
まずは、お皿洗いのついでにできそうな簡単な普段掃除のやり方を覚えましょう。

用意するもの

・台所用中性洗剤
・布巾
・スポンジ
・踏み台や脚立(手が届かない場所を掃除する場合)


汚れの程度が低かったり、汚れがついてから時間が経っていない場合は、水拭きや中性洗剤で十分汚れを落とすことができます。
スポンジは傷のつきにくい柔らかいものにしましょう。
金属たわしや研磨剤入りのものはタイルに傷を付ける恐れがありますので避けてください。
また、高いところを掃除する場合は、安全に気を付けて作業してください。

掃除の仕方

①まずは布巾を水で固く絞り、丁寧に水拭きをしていきます。
②水拭きだけでは取れない汚れがある場合は、洗剤の出番です。中性洗剤をスポンジに少量含ませ、汚れている部分をこすって浮かせます。
③固く絞った布巾で洗剤や汚れを拭き取ります。


キッチンを使うたびに汚れたところだけでも掃除すれば、汚れの定着が防げます。
台所用洗剤もスポンジもシンクまわりにあると思いますので、手軽に掃除ができそうですね。

汚れがひどいときは

キッチンタイルの掃除を長い間していなかった、掃除していたけど隅の方を見落としていて汚れが蓄積してしまった……という場合は、ちょっとした掃除では汚れは落ちないでしょう。
頑固なキッチンタイルの汚れを落とす方法を詳しく説明します。

用意するもの

・市販の油汚れ用洗剤または重曹
・ゴム手袋
・ラップ
・布巾
・キッチンペーパー


市販の強力な油汚れ用洗剤は汚れを効率よく落とせますが、その分刺激が強いので、必ずゴム手袋をつけて作業しましょう。
小さな子供がいる、エコな掃除を心がけている、という人は、市販の洗剤の代わりに重曹を使ってみましょう。
重曹小さじ1~3杯(汚れの程度によって濃度を高くすると効果的)に、水100mlを混ぜて溶かし、スプレーボトルに入れるだけで、油汚れ用洗剤の完成です。

掃除の仕方

①タイルにキッチンペーパーを張り付け、洗剤をまんべんなく吹き付けます。
②洗剤が乾かないように、上からラップで覆います。そして10分程放置します。
③ラップとキッチンペーパーをはがし、布巾で水拭きします。


キッチンタイルにつく汚れの中で、もっとも落ちにくいのはこびりついた油汚れです。
油汚れに効果的なこの方法なら、ひどい汚れもほぼ確実に落とせるはずです。

目地の掃除はどうしたらいいの?

タイルは掃除しやすい素材なので、紹介したように少し強めの洗剤を使えばだいたいはきれいになるでしょう。
厄介なのはタイルとタイルの間の接合部の目地です。
目地にこびりついてしまった油汚れは、紹介した掃除の仕方でも汚れが落ちない場合も多く、無理に掃除しようとすると目地を傷めて逆に黒ずんでしまうことも。
しかし、正しい方法と道具で掃除すれば、目地の汚れも落とすことが可能です。

用意するもの

・塩素系洗剤または重曹
・ゴム手袋
・ラップ
・布巾
・キッチンペーパー
・使いふるしの歯ブラシ
・ヘラ(アイスの棒などでもよい)


塩素系洗剤で広く普及しているのはお風呂のカビ用で、ご家庭にある人も多いでしょう。
洗剤の説明書きにもありますが、使用の際はゴム手袋をし、部屋の換気を十分に行ってください。
また、有毒なガスを発生させる恐れもありますので、他の洗剤とは絶対に混ぜないようにしてください。
重曹を使用する場合は、濃度の高い重曹ペースト(重曹3:水1の割合で混ぜたもの)作りましょう。

掃除の仕方

①タイルの掃除をしても汚れが落ちなかった目地の部分に、塩素系洗剤を浸したキッチンペーパーを貼り付けるか、重曹ペーストを塗りこみ、10分程置きます。
乾かないように上からラップを被せるのも忘れずに。
②ラップやキッチンペーパーを取り、まだ汚れが落ちていない個所を歯ブラシでこすります。
歯ブラシで取れない頑固な汚れは、ヘラやアイスの棒で削げ落とします。
※力を入れすぎると目地を破損する恐れがありますので、様子を見ながら掃除してください。
③布巾で洗剤や重曹、汚れを拭き取ります。


汚れが落ちなくても、無理に力を入れたりいろいろな洗剤を試したりすることは避けましょう。
逆に目地を傷めることもあります。

目地が欠けている、変色している場合は補修をしよう!

掃除をしても汚れが取れない場合や、目地が欠けている場合は、目地そのものを補修してしまいましょう。
目地の上からペンのように塗っていくだけで、目地を白く補修できる目地補修ペンというものがホームセンターで販売されています。
元々白い目地が、変色していたり欠けていたりすると目立ちます。
目地補修ペンを使って真っ白に補修してしまえば、新品のようにきれいに見えますよ。

どうしてもきれいにならない場合は

家族の食事を作るキッチンは、タイルも目地も常に清潔にしておきたいものです。
もし、説明通りに掃除してもタイルがきれいにならない、目地の破損がひどくて自分では直せない……という方は、プロのキッチンクリーニングに依頼してみてはいかがでしょうか?
タイルの洗浄や目地だけではなく、シンクやコンロまわり、排水口や換気扇など、キッチンのあらゆるところをきれいにしてもらうこともできますよ!
くらしのマーケットでは、口コミ内容やサービス内容、料金からプロを探しだせる上に、不明な点は担当者と直接やり取りすることも可能です。
一度プロの手によって徹底的に掃除してもらえれば、そのあとの掃除は楽になるので、ぜひご利用ください。

◎オンライン予約可能
◎予約前の個人情報の入力不要
◎しつこい営業電話なし
◎不明な点は店舗スタッフに直接メッセージが可能

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る