植物を育てる楽しみをもっと知ってほしい|アドグリーン 白梅さん(鉢の植え替え)

「お客様の大切な植物を元気にしたい!」と語る白梅さん。お仕事に対する想いを伺いました。

2019.5.30 更新
植物と笑顔の男性

観葉植物との出会いは偶然に

実は友人の紹介でたまたま就職したのが、観葉植物の会社でした。地元で、レンタル部門で植物を管理する仕事を7年くらいしていたんですが、30歳で上京。ずっと「独立したい!」という燃える野望があったので、チャレンジすることにしました。

レンタルで学んだ「植物を生かす」方法

植物レンタルの仕事で得たのは、植物に関する知識の量です。
レンタルは、その植物をどうにか生かせないかと考えます。すぐに諦めて回収していたら商売にならないからです(笑)。
毎日いろんな植物をみて、明るい場所、暗い場所でどう育つか、水をやりすぎた場合の症状など、たくさんの経験をしてきました。
だから今では「どんな植物のどんな症状もお任せください!」と堂々と言えます。

Before

しなっとして元気がない植物が…

元気がない植物

After

まっすぐ生き生きと復活しました!

生き生きした植物

植物を生かす方法は一つではありません。いくつかパターンを考えてご提案し、お客様に合った方法を探っていきます。
例えば、枝を全て切って新しい芽が出てくるのを待つやり方。これも本当は勇気がいります。でも「絶対新しい芽が出てくる」と自信があるからできる。
植物が元気になってお客様から感謝の言葉をいただけると、涙が出るほど嬉しいんです。
これはお客様と直接やりとりするからこその醍醐味ですね。

インタビューを受ける男性

植物を育てる楽しみをもっともっと知ってほしい

植物好きなお客様とは、一緒に植え替えをしたりしますよ。次からご自身でも植え替えできるようサポートしています。
そういうことをすると自分の仕事が減りそうですが(笑)、植物を育てる楽しみをもっともっと知ってほしいと思って。

お客様は植木を大切にされている。だから、わざわざプロに依頼しているわけです。その気持ちを汲み取って、その後のケアまでわかりやすく説明する。それがこだわりです。

編集部より

ユーモアたっぷりに、植物へのこだわりを力強く語ってくださった白梅さん。「お客様と仲良くなって飲みに行ったことも何度もある」というエピソードを伺い、お客様と真摯に向き合って、同じ植物好きとして語り合っている姿が思い浮かびました。
インタビュー時も、編集部にあった植物をすかさずお手入れしてくださいました。

木のお手入れをする男性

植物を愛する方は、ぜひ白梅さんにご依頼を!たくさんの経験から、きっとお悩みを解決してくれます。


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る