便座の選び方|種類、価格帯、サイズなど気になることを解説します!

便座が壊れた、新しい便座を設置・交換したいなどの理由から便座を探している方に向けて、種類やサイズなどについて説明します。

2019.8.5 更新
蓋が開いたトイレ

目次

  1. 1)便座の種類
  2.  1−1)普通便座
  3.  1−2)暖房便座
  4.  1−3)温水洗浄便座
  5. 2)便座の価格相場
  6. 3)便座のサイズ
  7. 4)便座の耐荷重
  8. 5)トイレリフォームを検討中なら

1)便座の種類

便座には、普通便座、暖房便座、温水洗浄便座の3つの種類があります。 それぞれの特徴、メリットデメリットなどを説明します。

1−1)普通便座

普通便座のついたトイレ

いたってシンプルな普通の便座です。特に機能はありません。

メリット:価格や維持費が安い。
デメリット:冬場に便座が冷たい。

1−2)暖房便座

暖房便座のついたトイレ

暖房機能がついた便座です。便座を温める機能がついているため、冬でも快適にトイレを使用することができます。

メリット:便座がいつでも温かい。
デメリット:電気製品のため、電源が必要。電気代もかかる。

1−3)温水洗浄便座

温水洗浄便座のついたトイレ

おしりをお湯で洗浄する機能がついた便座です。製品によって異なりますが、暖房機能や自動お掃除機能、その他様々な機能がついたものが多いです。

メリット:温水洗浄を含む、様々な機能がついている
デメリット:電気製品のため、電源が必要。電気代もかかる。メンテナンスも必要。

温水洗浄便座

2)便座の価格相場

各便座の価格相場を紹介します。

便座の種類 価格相場
普通便座 4,000円〜10,000円
暖房便座 7,000円〜25,000円
温水洗浄便座 13,000円〜100,000円

機能が多くなるほどに、便座の価格が高くなります。
必要な機能は何かを整理したうえで、便座を選ぶようにしましょう。

3)便座のサイズ

洋風便器の大きさは2種類あり、 大型サイズ(エロンゲートサイズ) 標準サイズ(レギュラーサイズ) があります。

サイズの違いは、便座取付穴から便器先端までの寸法によって決まります。

便器のサイズ説明

ここ数年で販売された便座にはどちらのサイズの便器にも対応するものがありますが、選ぶ便座が設置したい便器に対応するかは事前に確認しておきましょう。

4)便座の耐荷重

便座は、約100kgまでの重さを耐えるものが多いです。
体重が100kgを超える場合にはすぐには壊れなくても、繰り返し使う中で壊れやすくなる可能性が高いです。

余談ですが、体重100kgを超える力士でも利用できるように、便座を大きく分厚めに作った力士用の便座なども存在します。

5)トイレリフォームを検討中なら

トイレは毎日使うものだからこそ、納得した便座や便器を選びたいものです。また、安心、安全にトイレを使うためには、トイレのリフォームはプロの手を借りたいですよね。

トイレリフォームを検討中であれば、くらしのマーケットを利用してみませんか?

トイレリフォームに対応する事業者を、料金や作業内容、口コミなどを確認しながら探して予約することができます。


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

この記事のキーワード

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る