ダクトレールの取り付け方法が知りたい!種類と取り付け方法を解説

ダクトレール(ライティングレール)には、DIYで取り付けできる「簡易取り付け式ダクトレール」と、事業者に依頼する「直付け式ダクトレール」「埋め込み式ダクトレール」があります。これらの種類によって取り付け方法が異なり、配線によっては取り付けに専門の資格が必要になります。

2022.5.18 更新
ダクトレールのある部屋イメージ

目次

  1. 1)ダクトレール(ライティングレール)の種類
  2.  1-1)簡易取り付け式ダクトレール
  3.  1-2)直付け式ダクトレール
  4.  1-3)埋め込み式ダクトレール
  5. 2)重量やワット数の制限
  6. 3)ダクトレールの取り付け方法
  7.  3-1)簡易取り付け式ダクトレール
  8.  3-2)直付け式ダクトレール
  9.  3-3)埋め込み式ダクトレール
  10. 4)ダクトレール取り付けはプロに依頼!
著者の写真

ライター:Takaya
フリーランスのWebライター。1級小型船舶免許、型枠1級技能士の資格を保有。木のぬくもりが好きで、DIYが得意。すきま時間で家電の配送や電気工事にも携わっています。今までの経験や新しい情報を取り入れ、みなさんの暮らしに役立つ記事をお届けしたいと思います。

1)ダクトレール(ライティングレール)の種類

簡易取り付け式

おしゃれなインテリアのために「ダクトレールを取り付けたい!」という方が増えています。

別名ライティングレールとも呼ばれるこのレールは、天井に吊り下げ式の照明をつけることができるため、近年家庭用としても注目されています。

このダクトレールには、おもに以下の3つの種類があります。

1-1)簡易取り付け式ダクトレール

簡易取り付け式ダクトレールは既存の引っ掛けシーリングがあれば設置できるタイプで、取り付けに資格(電気工事士)は必要ありません。

引っ掛けシーリングとは、主に丸型や角型のシーリングライトの接続を専用として使う配線器具です。

簡易取り付け式ダクトレールは個人で簡単に接続できるため、DIYで取り付けできます

1-2)直付け式ダクトレール

直付け式ダクトレールは、天井面にネジで直接設置するタイプです。ネジを使うことにより天井面に穴が空くため、賃貸のアパートでは設置が難しいでしょう。

配線には有資格者の電気工事が必要なので、DIYではなかなか取り入れられません

直付け式ダクトレールはおもに、新築の戸建てを建てる際に取り入れられるダクトレールです。

1-3)埋め込み式ダクトレール

埋め込み式ダクトレールは天井に切れ込みを入れ、ダクトレールを埋め込んで設置するタイプです。

これも賃貸では設置が難しかったり、有資格者が電気工事をする必要があったりするので、DIYでは難しいでしょう。

新築の戸建や、持ち家でレイアウトをガラッと変えたいときなどにおすすめです。

2)重量やワット数の制限

ダクトレールについて照明のイメージ

ダクトレールに取り付けられる重量やワット数には制限があるため、希望の照明がとりつけられるかどうか、事前にきちんと確認する必要があります。

重量の制限はダクトレールにより5kg・10kg・20kgなど、使用できるワット数も、ダクトレールによって600w・800w・1500wなどと定められています。

たとえば、800wまでの制限であれば100wの電球を8つまで取り付けられます。

ダクトレールによっては、「片側のレールに照明を集め過ぎてはいけない」というものもあります。購入前に確認しましょう。


ダクトレールには電化製品以外も吊り下げられるため、重量の制限以内であればグリーンインテリアなどの観葉植物も飾れます。

ダクトレール用のインテリア用品を使えば簡単に設置できるでしょう。

3)ダクトレールの取り付け方法

ここからはダクトレールの取り付け方法をご紹介します。

3-1)簡易取り付け式ダクトレール

簡易取り付け式ダクトレール

簡易取り付け式ダクトレールの取り付け方法は、既存の引っ掛けシーリング(※)につないで設置するだけです。

ダクトレールに付いているシーリングキャップを、引っ掛けシーリングにはめ込んで接続します。

接続するときは、必ず固定されるまで決まった方向へ回しましょう。これにより、ダクトレールの落下を防止できます。

ダクトレールを固定したら、レールの左右にあるアジャスター(天上に固定して押さえる止め具)を回して左右も固定します。

※引っ掛けシーリングとは?

引っ掛けシーリングとは、照明に電源を供給するために天井についている配線器具のことです。
また、シーリングキャップは、ダクトレールに付いている電源供給する部分(照明器具の端子)です。

3-2)直付け式ダクトレール

直付け式ダクトレールは、天井面に直接ネジで固定して設置します。基本的には天井面に取り付ける位置を割り出し、壁面と平行にダクトレールを付けます。

戸建ての建物でも天井の状態によっては設置できない場合があるため、一度ハウスメーカーに相談することをおすすめします。

電気の配線は、電気工事士が「フィードインキャップ(ダクトレールに電気を流す基となる部分)」を天井にある配線に接続します。

レールの終わりの部分には「エンドキャップ」という部材を使います。

好みの配置にできるパーツもある!

ライティングレールの配置

ダクトレールは基本的に直線状なので、取り付けたい範囲によって形を調整できるパーツもあります。

まっすぐ配線する「配線ダクト本体」に加え、曲がりの接続部分に充てる、「L・T・+型のジョイント(ジョイナー)」などがあります。

気になる方は、工事の依頼先に相談してみるといいでしょう。

3-3)埋め込み式ダクトレール

埋め込み式ダクトレールは、天井面にダクトレールのレイアウトに合わせた切れ込みを入れて設置します

天井面を切るためDIYでは難しく、プロに依頼して作業して貰うことになるでしょう。

天井にある梁や柱によって設置できる範囲が限られますが、ダクトレールを天井に埋め込むため、天井面がすっきりと見えるメリットがあります。

4)ダクトレール取り付けはプロに依頼!

ダクトレール取り付け

ダクトレールの取り付けは、種類によって取り付けできるタイプとできないタイプがあります。

「簡易取り付け式ダクトレール」ならDIYでも取り付けができますが、「直付け式」や「埋め込み式」は難しいでしょう。

設置する際、電気工事士の有資格者が配線しなければならないダクトレールもあります。安易に個人で配線工事を行うと、火災などのトラブルが発生する可能性もあるのでご注意ください

くらしのマーケットには、ダクトレールの取り付けを依頼できるプロが出店しています。

おしゃれなインテリアを安心・安全に実現するためにも、ダクトレールの取り付けは、プロに依頼してみてはいかがでしょうか。


くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「値段」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

お住まいの地域のダクトレール取り付けを検索

  • lineで送る

カテゴリ

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る