ダクトレールの取り付け工事はどこに依頼する?依頼先や費用をご紹介

ダクトレール(ライティングレール)の取り付け工事には、電気工事士の資格が必要な場合がほとんどです。電気工事に対応した事業者に依頼しましょう。費用の相場は、取り付ける場所や本体価格、工賃によって異なりますので、詳細をご紹介していきます。

2022.5.18 更新
ダクトレール

目次

  1. 1)ダクトレールの取り付けには資格が必要
  2.  1-1)DIYできない?プロに頼む理由
  3. 2)ダクトレールの取り付け工事の依頼先
  4. 3)工事の流れ
  5. 4)工事にかかる費用
  6.  4-1)取り付ける範囲が広くなると費用がかかる
  7.  4-2)ダクトレールの種類によっては費用が倍に
  8.  4-3)ダクトレールの長さでも費用は変わる
  9.  4-4)電気配線の状態によって追加費用がかかる
  10.  4-5)事業者ごとに作業工賃が異なる
  11. 5)ダクトレールの取り付けはプロに依頼!
著者の写真

ライター:Takaya
フリーランスのWebライター。1級小型船舶免許、型枠1級技能士の資格を保有。木のぬくもりが好きで、DIYが得意。すきま時間で家電の配送や電気工事にも携わっています。今までの経験や新しい情報を取り入れ、みなさんの暮らしに役立つ記事をお届けしたいと思います。

1)ダクトレールの取り付けには資格が必要

ダクトレール

ダクトレールの種類には、大きく分けて次の3種類があります。

  • 簡易取り付け式ダクトレール
  • 直付け式ダクトレール
  • 埋め込み式ダクトレール

DIYで取り付け可能なのは、既存の引っ掛けシーリングに「簡易取り付け式ダクトレール」を設置する場合のみです。

これ以外の「直付け式ダクトレール」や「埋め込み式ダクトレール」の設置には、電気の配線を行う「電気工事士」の資格が必要です。

1-1)DIYできない?プロに頼む理由

基本的に、販売されているダクトレールの取扱説明書にも、「一般の方の電気工事は、法律で禁止されています」と記載があります。

また、一般の方が安易に行うことで、火災の原因や漏電、接続時の感電といったトラブルに繋がることもあります。これを防ぐために、必要な資格が国で決められているのです。

プロに依頼すると、ここが安心!

電気工事士は、電気工事・配線への高い専門性・技術を持っています。
一般の方ではなかなか分からない「ダクトレールの支持点間距離(固定する間隔)は2m以下にする」とか「造営材(壁など)は貫通してはならない」などといった知識があることからも、安心して依頼できるでしょう。

2)ダクトレールの取り付け工事の依頼先

電気工事士イメージ

ダクトレールの取り付け工事は、電気工事士の有資格者がいる工務店や電気工事業者に依頼しましょう。ハウスメーカーやリフォーム会社にも相談できます

依頼する際には、金額の見積もりやスケジュール以外に「工事保険加入済みの事業者」であるかどうかを確認することをおすすめします。


3)工事の流れ

工事の流れは、はじめにまず見積もりをして貰います。そして、設置する場所や日取り、ダクトレールの種類や照明の数などを決めていきましょう

事前に見積もりで伝えられた内容と工事の内容に誤差が生まれないようにするため、当日は立会いで施工してもらいます。

設置前には、施工内容をきちんと確認することをおすすめします。

4)工事にかかる費用

工事の費用イメージ

ダクトレール工事のおおよその相場は、1mにつき3,500円〜2万円程度です。費用は「1m単位」で決められていることが多いようです。

具体的な工事の費用例としては、埋め込み式ダクトレールの場合に、レール代1万8,000円~/m、工事費用2万円〜という事業者がありました

また、中には照明器具は別料金として、ダクトレールの材料費込みの工事費が約3万円〜5万円という事例も

このように、公式ページ等に記載されている値段の開きがあるのには、以下のような要因があります。

  • 取り付ける範囲
  • ダクトレールの種類
  • ダクトレールの長さ
  • 電気配線の状態
  • 事業者ごとの作業工賃

1つずつ解説していきましょう。

4-1)取り付ける範囲が広くなると費用がかかる

広い範囲

ダクトレールを取り付ける範囲が広くなればなるほど、費用がかかります

設置し過ぎると見栄えが悪くなることもあるので、設置後をイメージしながら慎重に取り付けの範囲を決めましょう。

4-2)ダクトレールの種類によっては費用が倍に

前述のとおり、ダクトレールのおおまかに分けて「簡易取り付け式ダクトレール」 「直付け式ダクトレール」「埋め込み式ダクトレール」といった種類があります。

このうち、「埋め込み式ダクトレール」は天井に切れ込みを入れることになるため、他の2つと比べて費用が2倍ほどになることがあります。

4-3)ダクトレールの長さでも費用は変わる

レールの長さイメージ

取り付けるダクトレールの長さによっても費用は変わります。必要以上の長さにならないよう見積もりのときに確認しましょう。

4-4)電気配線の状態によって追加費用がかかる

電気配線の状態によっても、かかる費用が変わってきます。

配線が近くにない

ダクトレールを設置したい場所まで配線が来ているかによって費用は変わります。

近くに配線がない場合は、設置場所まで配線を伸ばす必要があるため、追加費用がかかります。

違う電源ソケットがついている

設置したいダクトレールには合わない電源ソケットがついていることがあります。この場合は、適したものに変えなければならず、追加で費用がかかることも。

例えば、簡易取り付け式ダクトレールの設置を依頼するにあたって、引っ掛けシーリング(ローゼット)を新たに設置する場合はいくらか追加費用がかかります

4-5)事業者ごとに作業工賃が異なる

各事業者ごとにも、設定されている作業工賃が異なります

「工賃は込みの料金」「工賃は別料金」など、事業者ごとに料金形態が異なるので、トラブルの原因にならないよう、事前にきちんと確認しておきましょう。

以上が費用の目安です。あくまでも参考程度でご参照ください。依頼する際は、複数社に見積もりを依頼することをおすすめします

5)ダクトレールの取り付けはプロに依頼!

工事のプロのイメージ

本記事は、ダクトレールの取り付けには資格が必要であることや、工事の依頼先、および工事の流れや費用などを解説しました。

配線やダクトレールの加工作業には電気工事士の資格が必要であるため、有資格者のいる事業者に依頼しましょう。

慣れない天井面への作業は、台からの転倒や部材落下での怪我、誤った工事による火災トラブルや感電などの懸念もあります。

作業トラブルや設置後の不具合の心配をなくして、安心・安全にインテリアを楽しむためにも、プロにおまかせするのがベストです。

くらしのマーケットには、ダクトレール(ライティングレール)の取り付けを依頼できるプロが出店しています。この機会に、ぜひ依頼してみてくださいね。


くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「値段」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

お住まいの地域のダクトレール取り付けを検索

  • lineで送る

カテゴリ

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る