メニュー

オルタネーターの交換はどこに頼む?注意点や費用もあわせて解説

2022.9.26 更新
  • lineで送る

車の心臓とも言われるオルタネーター。不具合や故障が発生し交換先を探している人もいるでしょう。この記事ではオルタネーターを交換してもらえるところやそれぞれの依頼先の特徴や注意点についてお伝えします。費用や流れなども解説しますのでぜひチェックしてみてください。

オルタネーターの交換はどこに頼む

目次

  1. 1)オルタネーター交換の依頼先3つ
  2. 2)オルタネーター交換は依頼先によって特徴や注意点が異なる
  3.   ディーラーの特徴と注意点
  4.   カー用品店の特徴と注意点
  5.   整備工場(修理工場)の特徴と注意点
  6. 3)オルタネーターの交換費用の目安
  7. 4)オルタネーターにかかる時間や日数
  8. 5)オルタネーターの交換はプロに依頼がおすすめ


1)オルタネーター交換の依頼先3つ

オルターネーター交換の依頼先を3つ紹介します。

ちなみに車に関しての知識が豊富で作業にも慣れている人であれば自分で交換できることもあります。

こちらの記事でオルタネーターを自分で交換する手順や注意点を紹介しています。自分での交換が気になっている方はぜひチェックしてください。

オルタネーターを自分で交換する手順!注意点もあわせて紹介

2)オルタネーター交換は依頼先によって特徴や注意点が異なる

オルタネーターの交換依頼先には、ディーラー・一部のカー用品店・整備工場(修理工場)があるとお伝えしました。

それぞれ異なる特徴や注意点がありますので、それを把握した上で依頼先を決めるようにしましょう。

ディーラーの特徴と注意点

ディーラー

ディーラーとは自動車メーカーと特約店契約を結んでいる正規販売店のことです。

車の販売がメインではありますが、自社で修理工場などの環境が整っていることも多く、高い技術と豊富な知識を持った整備士が常勤しています。

自動車メーカーから直接指導なども行われているため、オルタネーターのような重要パーツの交換も安心して任せることができるのが特徴です。

注意

どこのディーラーに頼んでも一定の技術が保証されていますが、交換する新しいパーツは純正品しか取り扱っていませんので注意しましょう。
純正品の場合は互換性が保証されており安心ですが、値段が高く在庫がないと取り寄せに時間がかかります。

中古部品やリビルド品を持ち込んでの作業は受け付けてくれませんので、時間と予算に余裕がある人は検討してみるとよいでしょう。

カー用品店の特徴と注意点

カー用品店

さまざまな車のパーツや関連アクセサリーなどを販売しているカー用品店でもオルタネーターの交換依頼は可能です。

注意

全てのカー用品店で交換対応してくれるわけではなく、会社や店舗によってはオルタネーターの交換を行える技術を持ったスタッフや設備がなく依頼を断られるケースがあります。
カー用品店に依頼を検討している人は事前に対応可能か問い合わせるとよいでしょう。

また、作業対応してくれるかだけでなく、部品を持参する人は持ち込み交換にも対応してくれるかどうかもあわせて確認することをおすすめします。

交換技術や設備環境が整っていても部品を持ち込んでの作業は受け付けていない店舗も少なくありません。

認証工場や指定工場の資格を持っているところがおすすめ

ディーラーとは異なり店舗やスタッフによって技術のばらつきがありますので、高い技術を持った店舗を探すことがカー用品店でオルタネーター交換を任せるときのポイントになります。

整備工場(修理工場)の特徴と注意点

車の整備工場

お住まいの近くの自動車整備工場や修理工場でもオルタネーターの交換を依頼することができます。

整備工場(修理工場)は車のメンテナンスや点検、また修理やカスタマイズなどを専門に手掛けていますので高い技術を持っていることがほとんどです。

また中古品やリビルド品などを持ち込んでの交換にも対応してくれることも少なくありませんので、費用を安く抑えて技術レベルの高いところに依頼したい人にとっては検討すべき選択肢と言えるでしょう。

ただし整備工場によって技術レベルや費用などは異なりますので、まずは相談して信頼できるかどうかを見極めたり、見積りを依頼するのがおすすめです。



3)オルタネーターの交換費用の目安

一般的に新品のオルタネーターの部品価格は50,000~100,000円が相場です。

交換工賃は車種や依頼先によって異なりますが、10,000~30,000円くらいが目安になるでしょう。

自分で中古部品やリビルド品を探すと費用が抑えられますが、持ち込み作業の場合は通常よりも交換工賃が高くなることもあります。

4)オルタネーターを交換にかかる時間や日数

オルタネーターの交換にかかる時間はオルタネーターの位置などによって異なります。

1時間程度で終わることもあれば、リフトアップして車体の下から作業したり、干渉するパーツが多かったりすると3~4時間かかるケースもあります。

また、交換するオルタネーターの在庫がない場合は取り寄せになりますので実際に依頼してから作業までに日数がかかる点にも注意しましょう。

5)オルタネーターの交換はプロに依頼がおすすめ

整備しとクライアント

今回はオルタネーター交換の依頼先やそれぞれの特徴などについてお伝えしました。

どこに依頼するかは人ぞれぞれですが、信頼できるプロに依頼することがポイントです。

くらしのマーケットではオルターネーターの交換をしてくれるプロの整備工場や個人が多数登録されています。

費用も分かりやすく、お住まいの家に出張対応してくれる便利な出店者もありますので、オルターネーターの交換を検討している人はぜひ一度チェックしてみてください。



著者の写真

ライター:KIKUCHI
フリーランスのWEBライター。“できることは自分でやってみる”をモットーに、料理や掃除など暮らしに関わる全般から、モノづくりのDIYまで何でもチャレンジ。これまで得てきたノウハウやコツをシェアすることで、皆さんのお役に立ちたいと思っています。

くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、300種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「値段」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

はじめての方へ

くらしのマーケットとは?