メニュー

オルタネーターの交換費用相場を徹底解説!安く抑えるコツも紹介

2022.11.21 更新
  • lineで送る

オルタネーターは車に電力を供給する非常に重要なパーツです。それだけに交換するときの費用が気になるという人も少なくないでしょう。この記事ではオルタネーターの交換にかかる費用の相場を解説。また安く抑えるコツもあわせて紹介します!

オルタネーターの交換費用相場

目次

  1. 1)オルタネーターの新品交換は5万円以上が相場
  2. 2)中古のオルタネーターに交換すると3万円程度~
  3. 3)リビルド品を使っての交換も選択肢の一つ
  4. 4)オルタネーターを修理する場合は1万円台が相場
  5. 5)オルタネーターの交換費用を安く抑えるコツ
  6. 6)安全重視のオルタネーター交換はプロへ依頼しよう!


1)オルタネーターの新品交換は5万円以上が相場

新品のオルタネーターに交換するときは安くても50,000円~が目安となります。

オルタネーター交換費用の内訳

新品のオルタネーター代40,000円と交換工賃10,000円

オルタネーターの価格は車種などによって異なりますが、軽自動車の場合は40,000~50,000円が一般的で、普通自動車の場合は50,000~100,000円が相場になります。

ちなみにどこに依頼するか、また作業難易度によって交換工賃も異なりますが10,000~30,000円の範囲内で収まることが多いです。

また50,000円というのは軽自動車のオルタネーターを新品に交換した場合ですので、普通自動車の場合は100,000円以上かかる場合もあります。

オルターネーターの交換を依頼できるところをお探しの方はこちらの記事で交換場所を紹介していますので、合わせて参考にしてください。

オルタネーターの交換はどこに頼む?注意点や費用もあわせて解説

2)中古のオルタネーターに交換すると3万円程度~

オルタネーター

オルタネーターは新品以外にも中古品を手に入れることができます。

中古のオルタネーターはメーカー保証などはついていませんが、劣化や消耗の程度によって値段が決められていますので新品よりも安く購入が可能です。

新品の半額程度で買えることも少なくないため、自分で中古品を購入して交換作業だけを行ってもらうと費用を抑えることができるでしょう。

中古のオルタネーター交換費用の例

例えば軽自動車用の中古オルタネーターを20,000円で購入し、交換工賃が10,000円の場合、合計費用は30,000円です。

ただし中古のオルタネーターの持ち込み交換の場合は、トラブル時の責任の所在を明確にすることが難しいことから断られることもあります。
交換工賃が通常よりも高く設定されているケースもありますので注意しましょう。



3)リビルド品を使っての交換も選択肢の一つ

オルタネーターには新品と中古品以外にもリビルド品というものがあります。

リビルド品とは?

リビルド品とは中古品の一種ではありますが、点検が行われ消耗部品などが交換されている部品のことです。オーバーホール(メンテナンスや点検)が施されている部品ですので、中古品とは異なり一定の品質が保証されています。

リビルド品の価格は新品よりは安く、中古品よりは高いことが通常です。

リビルド品は保証付きで販売されているものもありますので、中古品では不安を感じるが費用を安く抑えたい人は検討してみるとよいでしょう。



4)オルタネーターを修理する場合は1万円台が相場

車の修理費用

オルタネーターの不具合の程度などによっては修理で済む場合もあります。

修理は基本的に不具合のあるオルタネーターを点検し、オーバーホールを行い、必要に応じて一部の部品を交換することです。

オルタネーター修理費用の例

例えばオルタネーターのベアリングだけを交換する場合、部品代は1,000~3,000円程度で、もし作業工賃が1万円程度であれば合計費用を1万円台で収めることもできます。

ただし不具合の生じているオルタネーターが必ずしも修理だけで治るとは限りませんので、まずは不具合の原因の特定や点検を行ってもらい、修理になるのか交換が必要になるのか確認してもらうようにしましょう。



5)オルタネーターの交換費用を安く抑えるコツ

オルタネーターの交換にかかる費用をできるだけ安く抑えるコツは、自分で交換することです。

車に詳しく機械関係の整備経験などがある方であればオルタネーターの交換を自分で行える可能性はあるでしょう。

その場合、本来支払うべき10,000~30,000円前後の交換工賃が不要になりますので費用負担は軽減されます。

さらに新品ではなく中古品やリビルド品を使うことで可能な限り節約が可能です。

オルタネーターの交換に関しては、こちらの記事で方法や注意点を紹介しています。費用を節約したい方は合わせてご覧ください。

オルタネーターを自分で交換する手順!注意点もあわせて紹介

6)安全重視のオルタネーター交換はプロへ依頼しよう!

自動車整備士

オルタネーターを自分で交換するという選択肢も紹介しましたが、必要な知識や技術が不足している方にはおすすめしません。

理由はオルタネーターの不具合は重大な自動車事故に直結する恐れがあるからです。

特に走行中にオルタネーターの不具合が発生し、バッテリーも空になってしまうとエンジンは止まってしまいます。

エンジンが止まるとパワーステアリングやブレーキの効きが悪くなりますので、大きな事故につながりかねません。

したがって安全を重視する方はプロに依頼することをおすすめします。

プロであれば確実な作業を行ってくれますので、前述したような問題が起こる可能性は限りなく低くなります。

費用を抑えることも大事ですが安全はもっと大事です。オルタネーターの不具合はプロに点検してもらい、必要な作業を行ってもらうようにしましょう。



IHクッキングヒーターの交換・取り付けサービスのよくある質問
Q交換作業後、不要になった既存コンロの処分はどのようにすれば良いでしょうか?
Aくらしのマーケットでは、既存コンロの処分は作業を行った事業者が行います。
お客様が処分をする必要はありませんのでご安心下さい。

QガスコンロからIHコンロに交換希望です。予約前に注意・確認しておくべきことはありますか?
AIHヒーターの使用には専用のコンセントが必要です。
ガスコンロから交換の場合、IHクッキングヒーター用コンセントが無い場合は、別途コンセントの増設作業が必要となるので注意が必要です。

Q予約前に事業者と連絡を取る方法が知りたいです。
A店舗のページ内にある【このサービスに質問する】ボタンからメッセージを送信すると、直接事業者へ連絡することができます。
メッセージの送信にはくらしのマーケットの会員登録が必要です。

Q予約方法が知りたいです。
Aくらしのマーケットはオンラインで予約できます。
①依頼したい店舗の詳細ページを開き「予約日時を入力する」をクリック
②必要事項を入力し「確認画面に進む」をクリック
③内容を確認し予約リクエスト(仮予約)に進む ※会員登録がお済みでない方は会員登録が必要です
④ログイン後、予約リクエストに進むをクリックし、予約リクエストが完了
⑤店舗が作業日時を確定させると予約成立です。


著者の写真

ライター:KIKUCHI
フリーランスのWEBライター。“できることは自分でやってみる”をモットーに、料理や掃除など暮らしに関わる全般から、モノづくりのDIYまで何でもチャレンジ。これまで得てきたノウハウやコツをシェアすることで、皆さんのお役に立ちたいと思っています。

くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、300種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「値段」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

はじめての方へ

くらしのマーケットとは?